名言info

ブライアン・トレーシーの名言55件

あなたの究極の人生の目的を明らかにしなさい。その上で、あなたの全ての行動をその目的に沿うように行いなさい。
あなたがどこから来たのかは関係ない。重要なのは、あなたがどこに向かっているのかだ。
あなたの目標の唯一の障害は、あなた自身の心の中にある壁である。
活動と価値観が一致したときはじめて最高のパフォーマンスと最高の自尊心が生まれる。信念と行動がぴったり合った時に心から満足を得られるのだ。最高のパフォーマンスを得る第一歩はどの目標や課題が自分にとって重要なのかを自分の価値観に基いて選択することにある。
目標や課題、活動に優先順位をつける能力は成功の鍵になる。多くの人はやらなくてもいいことに熱心に取り組みだちだ。しかし、人生に真の変化をもたらすものにこそ目を向け続けなければならない。
わたしたちが本当に売っているのは自分の時間である。頭がいい人は人生最大の利回りが得られるところに自分の時間を投資する。
ひとつの仕事が終わったら片付けをしよう。人は仕事を完了すると深い満足感をおぼえる。
先延ばしのおもな原因は仕事の開始から完了まで働き続ける特定の目標がないことにある。自分たちが取り組んでいることにやりがいを感じられないと作業の遅れや作業開始を延期することのいいわけにしがちだ。
人生をよりよくする唯一の方法は、成長することである。
毎日毎時間、自制心を鍛えなければならない。正しいこと、必要なこと大切なことをするように自分に命令を出さなければならない。さもなければ、おもしろいことや、簡単なこと、重要ではないことをこなすだけで終わるだろう。
ほとんどの人が、真の能力よりも、ずっと低い自己評価に甘んじて、たいていお粗末な成果で満足している。そして、証拠があるわけでもないのに、自分は成功者に比べると、才能や能力が欠けていると思い込み、周囲からもそう見られて当然だと考えている。つまり、自分の可能性に勝手に壁を作って、平凡な人生を自分で選んでいるのだ。
何らかの行動を起こす人は、百の考えを学んで何も行動に移さない人よりも、はるかに価値ある人材である。
「どうやってその目標に到達できるか」だけを、考えていればよいのだ。「達成できるかどうか」と悩む必要などまったくない。
成功者とそうでない者をわけるのは、目標を紙に書いて明確に考えているかどうかである。
偉大なリーダーたちに共通するのは、いつも未来について考えているということだ。自分がどこにいたかではなくこれからどこに行こうとしているかに思いを巡らせている。変えることの出来ない過去を振り返るのではなく、数ヵ月後や数年後に何ができるかを思案しているのだ。
可能性の根源とは、自分自身の思考にある。
どんな仕事であっても、問題点に気づいたときは、それを無視して前に突き進んではいけない。
天才とは、ただ際限なく苦労できるというだけのことである。偉大な成功は、ひとつの仕事を完了するまで長期にわたって集中した結果である。
なんであれ、寝ても覚めても腕を磨いて、文句なく一流になろう。
高収益を安定して生み続ける製品やサービスや活動から目を離してはいけない。未知の分野に押し出したり、分け入ったりするのは、コア事業で商機を拾い尽くし開拓し尽くしてからにしよう。
今どんな強みをもっているとしても、立ち止まったら最後、追い抜かれる。
競争の厳しい市場では、少しでも品質改善の手を緩めたら最後、競合他社に追い抜かれ、シェアを奪われる。もっといえば、あなたを今の地位に引き上げた強みは、その地位を守るためには、役に立たない。何をするにしても、今よりずっと質を高くしなければ、一年後には市場を追われているだろう。
自分の仕事をよく吟味して、いちばん価値のある業務を特定したら、すぐにそれに取りかかり、最後までその業務をやり遂げることが大切である。注意をそらすことなく、ひとつの業務だけに集中しよう。そうすれば、いったん始めた仕事を中断してから再開したり、久しぶりに取り組んだりするよりも、ずっと早く仕事を終わらせることが出来る。
「生産性を高める三つの鍵」① 明確なゴールを決める② 行動計画を紙に書く③ 優先順位をつける
ベストの行動を選択して生産性を倍増させるには、自分がやり遂げたいことが明快でなければならない。
あなたの行動のほとんど全て、少なくとも95%は、あなた自身の習慣によって決まっている。朝起きてから夜寝るまで習慣があなたの言動や周囲の人への反応をコントロールしているのだ。人生で成功する人は「人生をよりよくする習慣」を身につけている。一方、目指す結果に到達できない不幸な人は、仕事に失敗したり、人生の成功を阻むような習慣を身につけてしまっている。
人生で何かを達成するには、価値の低い行動から価値の高い行動へと、自分の集中する対象を変えていく能力が必要となる。
他人に責任転換をしてもその問題から逃れることはできない。自分の義務を投げ出すことは、人生のコントロールを放り出しているにすぎない。責任を取れない人は、自分が犠牲者であるかのように振る舞いがちだ。だが、そんな人は力強さや改新的な思想とは無縁の「人生を諦めた消極的な人」である。
一度決意したら、これから先、どんな理由があっても自分の人生について、他人に責任転嫁をしてはいけない。現状や過去に不平を言ってもいけない。「~だったら」「~すれば」は禁句だ。そのかわり、どうしても手に入れたいものや目指すゴールに意識を集中しよう。
自分の人生に責任を持つということは、自分の人生について言い訳はできないし、他人を責められないということである。
55件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
秋田豊の名言8件 佐野元春の名言34件 李健煕の名言7件 高山樗牛の名言15件 ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言7件 三島海雲の名言18件 村上信五の名言16件 林原健の名言14件 吉村征之の名言8件 シュンペーターの名言4件 アントニオ・ポルキアの名言2件 ラインハルト・ニーバーの名言1件 ミケランジェロ・ブオナローティの名言2件 天龍源一郎の名言2件 ショー・コスギの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info