名言info

フィリップ・コトラーの名言104件

企業は製品を販売すると考えるかもしれないが、顧客は違う。製品を購入すると考えるのではなく、その製品がもたらす効用への「誓約」を購入するのだ。
すべての社員がマーケティング・マネジャーというわけではないが、全員がマーケティング・マネジメントという業務に携わるべきである。
サービス業では、社員がマーケティングの中心に位置付けられ、それが顧客の消費を左右する。
優れた企業は、相互に関連しあったコンピテンシーや能力を手元にとどめる。
イノベーションを成功させるためには、企業内に3つの市場を作る必要がある。「アイデア市場」「資本市場」「人材市場」である。
マーケターにとっての市場とは、製品またはサービスの、現在および潜在的な買い手の集団を意味する
使命の提示は従業員にやる気を起こさせるものでなければならない。企業の使命は、売上や利益を増大させるという使命であってはいけない。利益は有意義な活動を行ったことに対する報酬にすぎない
新しい技術はすべての古い技術に取って代わる。トランジスタが真空管産業に、自動車が鉄道に、コンパクトディスクがレコードに打撃を与えた。新しい技術に抵抗したりそれを無視ししたとき、古い産業は衰退した
さまざまな市場セグメントを評価する際、企業は次の3つの要因を見なくてはならない。「セグメントの規模と成長性」「セグメントの構造的な魅力」「企業の目的と経営資源」である
価格において、最良の戦略は最低価格をつけるのではなく、高価格でもそれにふさわしい価値があるように市場提供物を差別化することである
消費者をニーズ、特性、行動に基づいてグループ分けし、それぞれに異なる製品またはマーケティング・ミックスを必要とする消費者グループとして市場を分割するプロセスを、市場細分化とよぶ
「製品のポジション」とはその製品の重要な属性について、競合製品との比較で、消費者がどのように定義付けをしているかということである
サービスとは、一方が他方に対して与える、本質的に無形の活動またはベネフィットであり、結果として何の所有権ももたらさないものである。サービスには「無形性」「不可分性」「変動性」「消滅性」の4つの特性があり、マーケティング・プログラムを設計する際には考慮しなければならない
顧客を勝ち取り繋ぎ留めておく鍵は、競合他社よりも的確に顧客のニーズと購買プロセスを理解し、より多くの価値を提供することである
企業の使命は、各マネジメント・レベルに対応した具体的な目標に転換されなければならない。それぞれのマネジャーは目的を持ち、その目的を達成する責任を負わなければならない
競合他社も新製品のアイデアのよい情報源である。競合他社の広告やコミュニケーションを観察すれば、新製品の手がかりが得られる。競合他社の新製品を購入し、分解して機能を見きわめ、その製品の売上を分析して、自社の新製品を発表すべきかどうかを決定するのである
「ニーズ」とは、欠乏を感じている状態を指す。 「欲求」とは、人のニーズが具体化したものであり、ニーズを満たす特定の対象のことである。欲求に購買力が伴うと「需要」となる
多くの企業は価格設定の目標を現在利益の最大化においている。こうした企業は長期的な業績よりも、現在の財務上の結果を欲しがる
新製品開発は、アイデア創出。つまり新商品アイデアを計画的に探索することから始まる。優れた製品案がほんのいくつか出てくるまでに、企業は膨大な数のアイデアを創出しなければならない
結局のところ、製品の価格が適正か否かを判断するのは消費者である。しかし、顧客が製品に結びつける価値を企業が測定するのは難しい
価格はマーケティング・ミックスの中で収益を生む唯一の要素である。他の要素はすべてコストになる
購買者の決定プロセスは「ニーズの認識」「情報探索」「代替製品の評価」「購買決定」「購買後行動」の5つの段階からなる
顧客が価格だけで購入するわけではないことをマーケターは覚えておく必要がある。顧客は支払った価格に対して得られるベネフィットという点から、最大の価値を与えてくれる製品を求めているのである
顧客のニーズを満たすという新しい概念でマーケティングを理解しなければならない。販売と宣伝は「マーケティング・ミックス」の一部にすぎない
企業は、マーケティング・リサーチ、製品革新、価格設定、チャネル開発、コミュニケーション管理のプロセスを常に向上させなければならない
どんな製品にもライフサイクルがあるようだ。誕生して、いくつかの段階を経て、やがて消費者ニーズにより適合する新製品が現れると死んでいく
成功しているサービス企業は、顧客と従業員の両方に気を配っている。こうした企業は、企業の利益と従業員満足と顧客満足を結びつける、【サービス利益チェーン】を理解している
革新的な企業はイノベーターとオピニオン・リーダーの特性を調査し、マーケティング努力を彼らに向けるべきだ
マーケティング・マネージメントとは、企業目的の達成のために標的購買者との間に有益な交換を生み出し、築き上げ、維持していくプログラムを分析、計画、実行、管理することである
経営者は企業の使命を狭めすぎたり、逆に広げすぎたりするのを避けなければならない。また、使命は現実的であるべきで、かつ具体的でなければならない
104件中1-30件を表示
次のページ ▶
フィリップ・コトラー(Philip Kotler、1931年 - )は、アメリカ合衆国の経営学者。ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール教授。現代マーケティングの第一人者として知られ、日本でも数多くの著書が翻訳されるとともに、解説本なども出版されている。 顧客のセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングを説くSTP理論や、マーケティングの4Pにpeople・processes・physical evidenceを加えた7P理論などが有名。 『コトラーのマーケティング・マネジメント』 『コトラーのマーケティング・コンセプト』 『マーケティング10の大罪』 『コトラーのホスピタリティ&ツーリズム・マーケティング』
ランダム
フィニアス・T・バーナムの名言6件 アニータ・ブルックナーの名言5件 大橋光夫の名言15件 綾戸智絵の名言4件 進藤貞和の名言9件 竹下佳江の名言12件 マイケル・J・フォックスの名言15件 東畑精一の名言4件 西洋の諺の名言7件 レミ・ド・グールモンの名言4件 辻本良三の名言3件 カルピンの名言1件 塚田正夫の名言1件 オーヴィットの名言1件 ふなっしーの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info