名言info

井深大の名言183件

仕事の報酬は仕事だよ。
発明はタネ。まずはタネを探すこと。それ以上にそのタネを育て上げることが必要だ。
おやじは自分の仕事を通じて、本物になる努力をしなければならない
反省すべきことは恐れることなく原因を調べ、その結果改善すべき点があれば、どしどし改革していく
革新は、実はたわいのない「夢」を大切にすることから生まれる
すべては心から始まる
常識と非常識がぶつかり合ったときに、イノベーションが生まれることがあるんです
ものの種類であれ、作り方であれ、売り方であれ、新しいものを考案しよう。人真似、猿真似はやめておこう、真似では勝利は得られない
自分が生きていく上での参考書、自分を肯定し、常に激励してくれる人を持つということ、これは人生をより豊かに、幸福に満ちたりたものにする秘訣ではないか、と思います
プロジェクトを組むときに大切なことは二つ。「キーマン」を見つける。そしてその人がやる気になるよう「説得」する。それができれば、目的は半ば達成したようなものである
大きな会社と同じことをやっていたのでは、われわれはかなわない。しかし、技術の隙間はいくらでもある。われわれは大会社ではできないことをやり、技術の力で祖国復興に貢献しよう
また小さい会社をつくって、思いっきりやりたいね
やはり、一番大事なことは、みんなが「故障を起こさないいいものをつくるんだ」という気構えを持ち、それに向かって行動することです
スジのよさを見分けるのが大事なんでね
最近のテレビ業界では、解像度云々といった数的な進歩はめざましいのですが、性格、質といいった面でのイノベーションではパッとしていません
真の技術は、より多くの人のためにこそ生かされるべきじゃないですか
ひとつ、優秀なる技術者の技能を最高度に発揮せしむべき、自由闊達にて愉快なる理想工場の建設
筋がよいというのは一つの大きなポイントで、まして、新しい仕事を手がける時はこの筋の良さ、悪さを見抜くことが重要です
目標を家庭用に置いたのは、絶対に普及するんだ、やがてテレビの横には必ずビデオが置かれるんだ、という信念があったからです
まあ、人類の文明がこれほど発達したのは、言葉と道具の力が大きいと言われています。男がメカ好きなのは、それの延長で、生まれつき備わった特性と言えるんじゃないですか
(部下に語った言葉)中小企業の社長になったつもりで考えろ
(最初に開発した机ほどの大きさのテープレコーダーを、トランクほどのサイズまで縮め、価格も前モデルの半額で提供したところ爆発的に売れたことを振り返っての発言)私はこのとき新商品の開拓の困難さと、それが成功するといかに強いものであるかということを十分に味わった
(ソニー社員だった江崎玲於奈氏がエサキダイオードのトンネル効果理論を発表した当時を振り返っての発言)米国の方々の会社から招へいがあったが、江崎君と相談の上、江崎君の今後の研究を本当に生かす最善の方法としてIBMに移ることを決めた。世間では喧嘩別れをしたのと、どうのと大変やかましいことだったが、私はあくまで彼の才能を伸ばせるだけ伸ばすための処置だった
(トランジスタラジオを開発し、海外市場を開拓して大きな利益を得た当時を振り返っての発言)国内メーカーも1年か2年ほどのギャップで追いついてきた。かくて日本は世界最大のトランジスター製造国になったのは良いが、たちまち乱売がはじまり、トランジスターラジオの安値競争は世界的に有名になって値段はどんどん下落した。新しいマーケットを開拓する努力をせず、他人の築いたマーケットに割り込み、ただ値段を崩すだけしか能がない典型的な日本商法を嫌というほど知らされた
商売にならないようなものを商売にしていくということが、私どもの進歩というか、ブレイクスルーである
もっと大きなパラダイムの転換が必要なのであります
やるなら初めから
デジタルだ、アナログだということは道具だてに過ぎない。今日明日のことをどうするかと言うことも大切だが、ニュー・パラダイムの意味をもっと大きく考えて欲しい
・・・そして、テープレコーダーをこしらえて、ほうぼうもって回ったんですが一向に買い手がつかない。そこで思い至ったわけです。マーケットをこしらえなければならないと
もっとポータブルにすれば必ず売れる
183件中1-30件を表示
次のページ ▶
井深 大(いぶか まさる、1908年4月11日 - 1997年12月19日)は、日本の実業家。ソニーの創業者。本田技研工業の本田宗一郎と並び称される戦後日本を代表する起業家として世界的にも有名である。位階 正三位 勲一等。 栃木県日光市にうまれる 神戸一中(現 兵庫県立神戸高等学校)卒。 早稲田大学理工学部卒。 学生時代の「走るネオン」という製品がパリ万国博覧会で金賞を獲得。戦時中の熱線誘導兵器開発中に盛田昭夫と知り合う。 1946年 資本金19万円で、義父の前田多門(終戦直後に文相)が社長、井深が専務(技術担当)、盛田昭夫が常務(営業担当)、社員20数人の東京通信工業(後のソニー)を創業。以来、新しい独自技術の開発にチャレンジし、一般消費者の生活を豊かに便利にする新商品の提供を経営方針に活動を展開。そして、多くの日本初、世界初という革新的な商品をつくりだし、戦後日本経済の奇跡的な復興、急成長を象徴する世界的な大企業に成長していく。
ランダム
ベルグソンの名言8件 平岩外四の名言11件 山内隆司の名言28件 丸山敏雄の名言5件 八木重吉の名言15件 輪島功一の名言6件 中嶌武夫の名言14件 謝世輝の名言23件 ヘンリー・キッシンジャーの名言13件 岡田准一の名言6件 ひすいこたろうの名言1件 佐野優子の名言2件 佐々木定道の名言1件 ウォーレン・ムーンの名言1件 連続人形活劇 新・三銃士の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info