名言info - 偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト

高村光太郎の名言集・格言集 53件

53件中 1 - 30 件を表示

高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年3月13日 - 1956年4月2日)は、日本の彫刻家、評論家、詩人。東京府下谷区(現・東京都台東区)出身。本名は光太郎と書いて「みつたろう」。 本職は彫刻家・画家と言えるが、『智恵子抄』等の詩集が有名になり教科書にも掲載されるようになったため、詩人として認識されることも多い。評論や随筆、短歌の著作もある。 弟は鋳金家の高村豊周。甥は写真家の高村規。 彫刻家の高村光雲の三兄弟の長男。東京美術学校(現・東京藝術大学)彫刻科に入学。文学にも関心を寄せ、在学中に与謝野鉄幹の新詩社の同人となり『明星 (雑誌) 明星』に寄稿。1902年彫刻科を卒業し研究科に進むが1905年に西洋画科に移った。1906年より留学に出て、ニューヨークに1年間、その後ロンドンに1年間、パリに9ヶ月滞在し、1909年に帰国。旧態依然とした日本の美術界に不満を持ち、ことごとに父に反抗し、東京美術学校の教職も断った。パンの会に参加し、『スバル』などに美術批評を寄せた。「緑色の太陽」(1910年)は芸術の自由を宣言した評論である。

偉人・有名人の名言集・格言集

もっと見る

日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!