名言info

出口治明の名言223件

直感というのは何も考えずに決めることではありません。人間の脳は問題に直面した瞬間に、頭の中に蓄積されている情報を高速でサーチし、最適な答えを導き出すようにできているのです。つまり、脳が最速で必要な情報処理を行った結果が「直感」なのです。直感の精度はその人のインプットの集積で決まります。だからこそ、日ごろから読書をしたり、さまざまなジャンルの人に会ったりして経験の幅を広げインプットの量を増やしておくことが大切なのです。
人生というものは九九%、いや九九・九%、思うようにはならない。成し遂げたい事があっても達成できないままに死んでいく人が、むしろ普通なのです。歴史や伝記を読めば、そのことがよくわかります。しかし、そんな人生の中でもわずかに残された0.1%の可能性を信じて挑戦し続けなければ、未来永劫、何かを成し遂げることは出来ません。人が思わなかったことは、100%実現しないのです。
人生の楽しさが喜怒哀楽の総量だとすれば、いろいろなことに挑戦したほうが人生はより楽しくなります
「仕事が人生の全て」派ほど、個人の趣味嗜好で仕事をこなしてしまい、仕事のプロになりきれなくなる
人と同じことはせず、誰もやらないことをちゃんと考えて実行するには勉強が必要です。勉強する以外にありません
明確にやりたいコトがある学生はなかなかいない
ムール貝を知らず食べたことがない人は、ムール貝の料理は考えられない
古典を読んでわからなかったら、自分をアホと思え。新作を読んでわからなかったら、著者をアホと思え
自分の好きな方法で学べばいい。やりたい事ないなら、せっかく入った学部の勉強をやればいい
情報を整理するということは、言葉にすること。自分が取り出しやすくするために言語化する
人間が学べる事は全て過去。だが、その方が生き残りやすい
花には香りを、本には毒を。サイダーみたいな気持ちよくなる本はすきじゃない
つまらない仕事なんてない。自分にその意味と目的が腑に落ちて仕事をすれば、絶対に楽しい
仕事の生産性を高めるのも結局は自分の大脳皮質ですから、何事も楽しんでやるように心掛けることが結果を残す唯一の方法です
人間が意思決定に使うのは、大脳全体の2割程度。たかだか2割でくよくよ悩んでも仕方がないと思うようにしているんです
人間は皆いい加減な動物だという事実を直視して、同時に好奇心を絶やさないこと。人生はそれに尽きる
人間は人から学ぶ、本から学ぶ、旅から学ぶ、この3つしか学ぶ方法はありません。だから私は誘われたらどこにでも行っていろいろな人に会い、本を読み、世界中をたくさん旅行しました
日本の生命保険会社には正直将来がないと思っています
ライフネットに特有の強みはない、というのが結論でしょう
ついつい「他との差別化を図る」とかビジネス用語で考えてしまうのですが、そうではなくて、どうやったらお客様が喜んでくれるかが競争の根源だと思います
私は特別な人間ではないし、優秀でもありません
思ったことがすべて実現するわけではないけれども、思わないことは実現しないですね
「仕事が人生の全てだ」と考えると、自分の個人的な趣味嗜好や価値観、好き嫌いなど、仕事に本来関係ないはずの思考を、仕事に持ち込もうとするようになります。つまり、悪い意味での公私混同が始まるのです
いつの時代においても、人と同じことをしていては、それ以上の発展が望めません。閉塞した現代社会ではなおさらのこと、人とは違う考え方ができることこそ、突破口になると思います
人と違うアイデアを生み出すための肝になるのは、とにかく経験やインプットを蓄積することです
人生というものは99%、いや99.9%、思うようにはならない。成し遂げたい事があっても達成できないままに死んでいく人が、むしろ普通なのです。歴史や伝記を読めば、そのことがよくわかります。しかし、そんな人生の中でもわずかに残された0.1%の可能性を信じて挑戦し続けなければ、未来永劫、何かを成し遂げることは出来ません。人が思わなかったことは、100%実現しないのです
思うままにならない人生だからこそ、「風が吹いたときに凧を上げる」そのための準備はしておくべき
「世界は毎日単純になっていく」私の大好きなデザイナー、ココ・シャネルの言葉に、こんなものがあったように思います。毎日一つのことを学べば、一つの謎が消える。だから、昨日よりも今日、今日よりも明日の方が世界はシンプルになっていく
何かを選べば、何かをあきらめなければならない。何かを選べば、何かを失う。仕事であっても、人生であっても、これが真理です。何かを決めるときには、このことを強く肝に銘じて、おかなければなりません
日本には優秀なビジネスパーソンがたくさんいます。ただし、残念ながらその優秀さには、多くの場合「会社のなかで」という但し書きがついてきます。会社の中で優秀だというのは、つまりは「パーツとして優秀」だという意味です。パーツは取り替えがきくし、全体の枠組みが変わったら、途端に使いものにならなくなってしまいます。いついかなる条件下でも正しい判断ができる。未知の局面でも何が真実かを見極められる。本当の優秀さというのはこうしたことをいうのであって、これからの日本の社会が必要としているのは、もちろんこちらの方です
223件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
宮崎美子の名言5件 中村健也の名言4件 中嶋茂夫の名言8件 松本晃の名言98件 ウォルター・バジョットの名言9件 野中郁次郎の名言12件 栗木契の名言13件 ジョン・ラボックの名言7件 マーシャル・ゴールドスミスの名言23件 マーシー・シャイモフの名言4件 ちびまるこちゃんの名言1件 ブルース・ジェンナーの名言3件 オードリー春日の名言1件 南部陽一郎の名言1件 宝生九郎の名言1件
ランダム表示
日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info