名言info - 偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト

国木田独歩の名言集・格言集 41件

41件中 1 - 30 件を表示

国木田 独歩(くにきだ どっぽ、男性、明治4年7月15日 (旧暦) 7月15日(1871年8月30日) - 明治41年(1908年)6月23日)は、日本の小説家、詩人。本名、哲夫。千葉県銚子市 銚子生れ。 田山花袋、柳田国男らと知り合い「独歩吟」を発表。詩、小説を書いたが、次第に小説に専心。「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」などの浪漫的な作品の後、「運命論者」「竹の木戸」などで自然主義文学 自然主義の先駆とされる。 1871年8月30日、国木田貞臣(専八)、まんの子として、千葉県銚子市 銚子に生れた。父専八は旧龍野藩 龍野藩士であった。戸籍には雅治(次)郎の子となっているが、その他の資料から判断して、父は専八であるらしい。後、専八は司法官となり、独歩は5歳から16歳まで父の転勤のため、山口市 山口、萩市 萩、広島市 広島、岩国市 岩国などに住んだ。錦見小学校簡易学科、山口今道小学校を経て、山口中学校に入学。同級の今井忠治と親交を結んだ。1887年、学制改革のために退学すると、今井の勧めで上京し、翌年東京専門学校(現、早稲田大学)英学科に入学。1889年7月10日、哲夫と改名。さらにこの頃から教会に通うようになり、植村正久を崇拝し、1891年1月4日に洗礼を受けた。この年、学校改革と校長鳩山和夫への不信のために同盟休校を行い、まもなく退学。

偉人・有名人の名言集・格言集

もっと見る

日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!