名言info

越智直正の名言42件

(企業というのは)経営者や従業員一人一人の人格に行き着く。そして、その人格の集まりが企業の品格をつくりあげていく。
ヒントというのは、足の踏み場もないぐらいあります。
「先がない」と言うたら、「わしはアホ」と言うてるのと一緒のこと。
振り返れば色んな事がありますが、人間っていうのはその時、その時、精一杯生きているものです。昔も精一杯だし、今も精一杯。
人間を磨かなかったらええ商品はできない。おまえがつくった靴下を靴下と思うな。これはおまえの心を表現したもので、おまえ自身なんだ。(奉公先の大将の言葉)
困った時に役に立たない読書をしてなんの意味がありますか。生きるために勉強していくのが本当の活学ですよ。僕は無学だったから行き詰まるたびに古典を紐解きました。
天が重要な任務をある人に与えようとする時には、必ずまずその人の精神を苦しめ、その筋骨を疲れさせ、その肉体を飢え苦しませ、その行動を失敗させ、行おうとする意図と食い違うようにさせるものだ。これは天がその人の心を発憤させ、性格を辛抱強くさせ、できなかったことをできるようにさせるための試練だ。(奉公先をクビになった時に支えてくれた孟子の言葉)
世間では「3足1000円」の中国製の安い靴下が主流ですが、私たちの靴下は日本製で、紳士物では1足1000円前後はします。それでも、たくさんのファンの方に支えられて、ここまで成長してきました。
靴下に関わるようになったのは、中学を卒業した15歳の時。大阪の靴下問屋で丁稚奉公を始めました。独立するまでの13年間、大将からどやされまくりました。それでも、中卒のバカはバカなりに、靴下作りを極めてきたというプライドがあります。ほかに何も知らないから、逃げずに続けられたのでしょう。
靴下の世界に入ってから来年で60年になります。「メード・イン・ジャパン」にこだわり、「売れるものを売れるだけ作る」仕組みを追求してきました。その結果、米ハーバード経営大学院のケーススタディーにも取り上げられるほど、世界的にも先進的な商売の仕組みを作り上げたようです。
私は、靴下作りは労働集約型の産業だとずっと思っていました。しかし、ある本を読むと、コンピューターなどと並んでファッションも知識集約型産業だと書いてある。「そうか」と思いました。靴下もファッションの一つ。店舗で集めた情報を活用して、お客さんが欲しいものを即座に作ってお届けすることを徹底すれば、お客さんも、売り手も、作り手も、皆が喜ぶ。今ではSCM(サプライチェーン・マネジメントという言葉で表現されることを、実は丁稚で身をもって学んでいたわけです。
POSを導入した当時、靴下業界では発注の最低単位は通常10足でしたが、私たちは物流センターで1足単位で仕分けして出荷するようにしました。注文された分だけを作る「ラーメン屋」の理想に近づいたわけです。
昔からの付き合いで、幼なじみのような関係にある協力工場は、売れ行き状況や在庫情報を確認し、足りなくなりそうだったら自主的にその分を生産して物流センターに納品しています。気心も知れた信頼関係があるから、いちいち生産の指図などしなくてもよいのです。この絆が、在庫を補充するスピードを上げる独自の生産体制の基盤になっています。
現在、靴下の取り扱い点数は、カラーやサイズの違いも含めて約2万5000点はあるでしょうか。お店に行ってもらえれば分かると思いますが、とにかくたくさんの種類があります。それは、販売してみないと何がヒットするのかが分からないからです。
春と秋に新商品を出しますが、流行にこだわるより、まずは幅広い選択肢をお客様に用意して、実際に商品が動き始めてから調整した方がいい。売れ行きに応じて、売れたデザインや売れた色だけを追加していく。しかも、欠品を出さない。そうすることで需要を最大限に取り込み、ヒット商品を生み出すわけです。
品質やはきやすさを見極める感覚を常に研ぎ澄ましておくように、普段は靴下も靴も履きません。冬でも素足にサンダル履きです。一時、妻から「素足は体に良くない」と言われて靴下をはいたこともありますが、すぐにやめてしまいました。
私は、靴下をはくのが楽しい、そういう文化を作りたいと思って、これまでやってきました。靴下は、それまで誰も振り返ってくれない商品でした。それを、少しでも振り返ってもらえるようにしたい。ロンドンやパリに出店しているのも、タビオの靴下を「靴下のレクサス」にしようと思ったからです。将来的には、ベルリンやミラノなどにも出店していきたいと思っています。
日本の工場が今、一番失っているのは「プライド」です。職人たちが冗談交じりに言うんですよ。「せめて70歳くらいの若手が入社してほしい」と。
私は、メード・イン・ジャパンにこだわり続けることで、職人たちのプライドを取り戻したいのです。幸いにも、タビオの協力工場は売り上げが伸びているので、最近では倒産した工場にいた若い職人たちの再雇用の場にもなっています。「若手」といっても、45歳とか、そういう年齢なのですが。
今、私は75歳。あと20~30年しか働けません。まだ、やりたいことはたくさんあります。雀100まで踊り忘れず。「品質はプライド、価格は良心」という思いを胸に、お客様が靴下をはいた時に「ニチャ」っと思わず笑顔がこぼれるように、努力を続けていきます。
私の目が通っていない商品は、絶対に売りません。それは、商人としての最低の条件だと思っています。厳しく言いますから、社員からは恐れられているでしょうね。皆、ビクビクしていますよ。でも、品質を守るためにはそんなことを気にしていられません。
私は今でも、ほぼすべての商品を開発段階で試しばきしています。多い時には、1日に300足くらいはくでしょうか。子供用の靴下でも、できるだけ伸ばしてつま先だけでも通します。女性用タイツも、最近まではいていました。ただ、タイツをはいて社内を歩いていると社員から「セクハラだ」と言われるようになり、はけなくなってしまいました。全くおかしな時代になったものです。
中学を出て、靴下問屋に丁稚奉公をして以来、私は靴下のことしか知りません。酒は飲めませんが、「人生、靴下に酔っぱらいっぱなしやな」と妻から冗談を言われるぐらい、靴下にのめり込んできました。
創業時、「業界の良心たれ」「良品を適正価格で」「正義とともに発展する」という理想を掲げましたが、そんな理想はアホちゃうんかと自問自答してしまうほど、最近の業界は狂っています。商売人がお客をバカにして、品質が悪いものを低価格で売ることが横行している。800円で売るべき品質のものを、700円で売っていこうというのが本当の競争です。いまは違います。見かけは800円のものを300円以下の品質で堂々と出してきて、「どや、安いやろ」と300円で販売している。これでは、競争になんかちっともならんのです。
我が社が世間から注目を集めた理由のひとつに、独自の生産供給体制を構築したことがあります。在庫を増やすことなく、お客様が求める商品を確実に提供する方法はないか。注文を受けてからつくるラーメン屋のように、1足単位で生産し店頭に補充していくシステムを試行錯誤の末に構築しました。これは「売れ残った靴下はクズ下や」と、丁稚奉公時代に散々怒鳴られ、ときにどつかれた経験が下地にあります。1足単位でつくる現在の体制は、ほぼ理想に近いものができたと考えています。
目下の最大の悩みは技術力の維持です。先日、協力工場の技術者が、「辞めたい」と言ってきました。思わず頭に血が上り、「なんで辞めるんや、まだ68やろ!」と自宅まで押しかけて慰留したほどです。68歳というのは、職人としてはこれから活躍する年齢です。しかも彼は機械を使って本物の靴下をつくることができる職人の中でも若い方なのです。
良い商品を求めて、百貨店や専門店に足しげく通った時期がありました。どこそこに良い商品があると聞けば、飛んでいくのです。そして当時はガラスケースに収められていた商品を、店員さんにひとつひとつ出してもらい、実際に手にとり五感を総動員してその感触を確かめました。その商品の持つ風合いや繊維の復元力を確かめるには、体で覚えるのが一番です。
私には、何事も体で覚えないとつくれない、という思いがあります。「手を使って、よく学べ」と小学生のときに言われたことはありませんか?それこそ、職人の技につながるものと思っています。
独立する前の若いころ、「知識集約型産業の3大ビジネスは、ファッション、コンピュータ、航空機」と書かれた本に出合いました。そして、その特徴は「ハードウェアとソフトウェアの両輪によって成り立つ産業」ということでした。タビオの商売に当てはめれば、ハードは商品、ソフトは販売方法です。この文章に出会った当時、我が業界は労働集約型産業だとばかり思っていました。この言葉が私の人生を左右しました。靴下の技術者が販売方法を考えることは一切なかった時代。ファッション産業が知識集約産業と知った私は、製造と販売の一体化こそが自分の使命やと思うようになりました。
我がタビオは、世界一の靴下総合企業を目指しています。売上基準ではありません。一流の商品で一番になるための創意工夫を重ねての世界一を目指しているのです。
42件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
アベ・プレヴォの名言11件 有馬頼底の名言11件 イビチャ・オシムの名言174件 荒井裕樹の名言7件 リヒテンベルグの名言4件 加山雄三の名言21件 ティモシー・フェリスの名言7件 馬場正尊の名言15件 野田亨の名言7件 本田哲也の名言6件 スティーヴ・アルビニの名言1件 スウィーニー・トッドの名言1件 オビディウスの名言2件 ヨハン・ヤコプ・エンゲルの名言1件 徳川宗春の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info