名言info

ジョン・ミルトンの名言37件

私たちに与えられた光は、ただじっとそれを見つめているためではなく、まだ私たちから匿(かく)されている、遠い先のものを開けて見るために、与えられているのだ。
平和にも勝利あり。それは戦争の勝利にも劣らず称賛されるべきだ。
自らを律し、激情と欲望と恐怖を抑制できる人物は、一国の王よりも偉大である。
男は思索と勇気のために、女は柔和とゆかしき典雅とのためにつくられる。
心せよ、汝の欲を抑えよ、さなくば罪とその黒き侍者なる死が汝を襲わん。
ちょうど朝が、その日がどんな一日になるかを示すように、少年時代はその人がどんな人間に育ちゆくかを示す。
神がアダムに理性を与えた時、彼は選択の自由を与えたのである。けだし、理性もまた選択にほかならない。
弱いということは哀れなことだ。あえて事を行うにしろ、事を忍ぶにしろ!
心は己をその住まいとす。
無料の昼飯はない。
第一級の書籍は、不滅の生命を持つ。
笑いは敵味方の別を取り除く。
良書は人類の不滅の精神である。
必要は暴君の特権である。
自分の生命を愛しても憎んでもいけない。だが生きてる限りは生命を大切にするがよい。長く生きるか短命に終るかは、天に委(まか)せるがよい。
多くの法が論ぜられるところに多くの犯罪あり。
心というものは、それ自身一つの独自の世界なのだ。地獄を天国に変え、天国を地獄に変えうるものなのだ。
しばしの別離は再会をいっそう快いものにする。
雄大な詩を作ろうとするならば、その生活を雄大な詩にしなければならぬ。
人々が自由を叫ぶとき、たいていそれは放縦を意味している。
やむを得ず、というのは圧制の口実である。
盲目であることでなく、盲目に耐えられないことが不幸なのだ。
It is not miserable to be blind; it is miserable to be incapable of enduring blindness.
朝が昼の証を示すごとく、幼き時代は成人の証となる
希望限りなければ野心を起こさず
盲目であることが悲惨なのではない。盲目に耐えられないことが悲惨なのだ
真理のために受難は、崇高なる勝利への勇気なり
心は、天国を作り出すことも、地獄を作り出すこともできる
老人が落ち込むその病気は、貪欲である
武力によって敵を制する者は、その半ばを制するにすぎない。
Who overcomes by force, hath overcome but half his foe.
言論の自由を殺すのは、真理を殺すことである。
37件中1-30件を表示
次のページ ▶
ジョン・ミルトン(John Milton, 1608年12月9日 - 1674年11月8日から11月10日の間)は、イギリスの詩人。 代表作に『失楽園』など。 1625年、ケンブリッジ大学クライストカレッジに入学。その端麗な容姿と清らかな心情により”クライストの淑女 Lady of Crist”s”とよばれた。学生仲間の間の評判はあまりよくなかった。1629年、学士号取得。1632年修士号取得。6年間ホートンで思索と創作にふけり、仮面劇『コーマス”Comus”1634年』やエレジー『リシダス”Lycidas”1637年』を書き、1637年『コーマス』が上演・出版される。母親死亡。1638年-1639年フランスとイタリアを周遊し、この際晩年のガリレイにも会見したという。帰国してピューリタンの信仰に基づいて一連のパンフレットを書き、監督教会制度に反対した。1642年17歳のメアリと結婚したが、まもなく離婚。
ランダム
尾山基の名言15件 吉田栄作の名言7件 田岡信夫の名言36件 バジョットの名言7件 兒玉圭司の名言10件 松任谷由実の名言6件 ひろさちやの名言9件 八木啓太の名言7件 独女通信の名言4件 サイモン・クーパーの名言45件 森崎和江の名言1件 ラルフ・エマーソンの名言3件 池田菊苗の名言1件 マリオン・コティヤールの名言1件 福田譲の名言2件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info