名言info

東野圭吾の名言10件

幸運を得たいのならば、まず自分の出来る最大限の努力をしろということだ。そのうえで俺は結果を受け入れる。行き着く先には死しかないということなら、その時初めて俺は観念する。しかしそれまでは諦めない。
人間はいくらがんばってみても、精神集中を何分間も続けられるものじゃあない。集中しているつもりでも、実は短いサイクルで集中と散漫をくり返しているんだ。集中が続いた後には必ず散漫が来る。その時に攻撃をしかけようとしたり、逆に攻撃されたりしたらどうしても甘さが出る。そこで必要なのは、常に精神集中をしようとするのではなく、いつでも集中できる準備状態に自分をコントロールするということだ。すなわちそれが脱力ということだ。
あることを証明しようとする時、可能だということを証明するのより、不可能だということを証明する方がはるかに困難なのだそうだ。
生き抜こうとしない者には奇跡なんか起きないと思え
人は時に、健気に生きているだけで、誰かを救っていることがある。
自分の置かれている境遇に耐えられそうにない時には、誰か恨みや憎しみをぶつけられる相手がほしいものなのよ
失敗を教訓にしていれば、いつかは夢もかなう
たとえわずかでも可能性が残っているかぎりは、安易に消去すべきではない
大人とは不思議な生き物だ。ある時は差別なんかいけないといい、ある時は巧妙に差別を推奨する。その自己矛盾をどのようにして消化していくのか
平凡な家庭など、この世にひとつもない。外からだと平穏な一家に見えても、みんないろいろと抱えているもんだ
name 東野 圭吾 birth_place 大阪府大阪市生野区 death_date death_place occupation 小説家 period 1985年 - genre 推理小説 ミステリー、サスペンス subject movement notable_works 『秘密 (小説) 秘密』(1999年)『容疑者Xの献身』(2006年) awards 第31回江戸川乱歩賞第52回日本推理作家協会賞(長編部門)第134回直木三十五賞 直木賞第6回本格ミステリ大賞(小説部門) debut_works 放課後 (小説) 放課後 東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区 (大阪市) 東区玉造・現中央区 (大阪市) 中央区)の日本の小説家。 : 1958年大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』の舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身の随筆『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール3」であり、また読書少年でもなかったそうだ。
ランダム
トニー・シェイの名言12件 酒井貞彦の名言7件 カール・ユングの名言31件 ジョン・ロックフェラーの名言23件 村口和孝の名言45件 井上和雄の名言7件 庄田隆の名言15件 トマス・J・スタンリーの名言35件 石村賢一の名言7件 加藤充の名言12件 A・シリトーの名言1件 カール・ルートヴィヒ・ベルネの名言1件 小野二郎の名言2件 唐木潤三の名言1件 マイク・ホアーの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info