名言info

おちまさとの名言54件

何事も満足したらそこで終わり。
根拠のない自信でもいいから、まずは一歩踏み出さないと、何も始まらない。
仕事は自分が頑張ってる事を主張することが仕事ではない。近くの仕事ができる人は、知らぬ間に仕事をしているはず。
一番大切なのは、過去でも未来でもなく、「今現在」なんですよ。
夢は、果てしなき大きなものを持て。
恋愛と同じパワーで仕事に向かえれば、これは強いですよ
小さなチャンスを笑う人は、小さなチャンスに泣く。まずは、目の前のチャンスから見て欲しい
「無理だ」と言われることにこそ、実はビジネスチャンスが隠されている
自分の役割がわかっていない人は、周囲から求められていないことをしてしまいがち。発想についても同じで、見当はずれなアイデアを出しがちです。それでは、いくら斬新な発想だとしても、良いアイデアとは認めてもらえないでしょう。まずは、自分は一体何を求められているのか、しっかり確認することが大切です。
ターゲットを絞り込むことの重要性は誰でも知っていることですが、案外、徹底されていないものです。ターゲットをしっかり意識するだけでも、発想は変わってくると思います。
ポジティブプランニングとは、「アイデア出しのときはポジティブに考え、出てきたアイデアを否定しない」という意味です。そうすることで、発想を自由に広げていくわけですね。そして、本当に見込みがありそうなアイデアが出てきたら、モードを変えて、そのアイデアのダメなところや実現が難しいところなど、ネガティブな要素を出して、本当に実現可能なのか、シミュレーションしていきます。これがネガティブシミュレーションです。石橋を渡る前には、かなり注意して叩きます。
一番困った人は、企画会議のとき、アイデア出しの時点ではダメ出しばかりしているのに、企画案がひとつにまとまってきたら、ろくに検証しないで「とりあえず走らせてみたら?」などと楽観的なことを言う人です。僕の経験上、こういう企画の進め方をすると、ほぼ確実に失敗しますね。
クルマで外出したとき、どの駐車場に停めれば、待つことなく、歩かずにすむか。雨上がりの日にランニングをするとき、水たまりをいかに避けるか。このような小さな判断が必要なことって、日常生活にたくさんあると思います。そのとき、素早く判断する訓練をしていれば、判断のスピードと正確性は確実に鍛えられていく。「日常生活での判断と仕事での決断は別物。仕事だけうまくやればいい」という人もいますが、人間、そんなに器用じゃない。日常生活で判断が遅くて不正確な人は、仕事でも同じだと思います。
皆が知っている売上げランキング一位の商品と、これまた皆が買っている人気の商品をくっつけたって、誰でも思いつくようなことしか出てきません。人と違うアイデアを生み出すためには、どうでもいいようなことをたくさん記憶しておくことが重要なんです。そうした記憶こそが、「なんであの人は、あんなことを思いつけるんだ」という発想の源になります。
フルマラソンでもハワイに行くでもロマネ・コンティを飲むでも、何でもいいですけどね。一回だけでも経験すれば、十分に記憶の複合を起こすネタになる。一回やるのとまったくやったことがないのでは、雲泥の差があります。
毎日同じ時間に出発する電車の同じ車両の、しかも同じ席に座りたいっていう人、結構いますよね。効率が良いのはわかるんですが、そういうことを日々続けていると、同じ情報しか入ってこなくなる。そして何より変化を恐れる心が強くなり、自分を支配されてしまうと思うのです。そもそも人間は変わることへの恐怖がありますからね。日々の小さな変化を恐れていては、成長などできるはずがありません。まずは、毎朝、電車に一乗る時間や乗る車両の位置を変えてみましょう。5年間違うところに乗り続ければ、その記憶が、何か新しい発想につながるかもしれませんよ。
成功している起業家に、どのようにビジネスモデルを考案したのかを尋ねると、たいがい、2つ以上の記憶を結びつけた話が出てきます。
私はメディアでの著名人との対談や初めて会う方との会食などで、一時間なら、そのうち5分間程度しか話していません。あとはもっぱら相手の話を聞いています。ところが、終わってみると「おちさんの話は面白いですね」といわれることが多い。それは、相手に気持ちよく話してもらっているからです。「楽しい会話だった」という記憶が「おちさんの話は面白い」に変換されるのでしょうね。
商談や会議など、ビジネス上の質問スキルというと、どうしても「有益な情報を聞き出してやろう」「鋭い質問をしてやろう」といった意識が出てくるものです。切れ者にみられたい、できる奴だと認められたいといった自己顕示欲もあるでしょう。でも、それらは全部自分の都合です。相手にしゃべってもらおうと思ったら、くだらない自己顕示欲は捨てること。まずは「いまから行なわれる対話は相手のためだ」という大前提を置いて、それが成功すれば自ずと自分のためにもなる、というように、概念の書き換えが必要です。
会話で相手の話をじっくり聞くことは当然ですが、ただ黙って聞いているだけだったり、「いいですね」「そうですね」といった相づちを返しているだけだったりすると、「こいつ、本当にちゃんと聞いているのか?」「話してもムダだな」と思われてしまいかねません。「ちゃんと理解してくれてるんだ」「話し甲斐のある相手だな」と喜んでもらえる反応を返す必要があります。
ぜひ活用してほしいのが「ほめツッコミ」です。ツッコミは相手の痛いところを突くものですが、この場合はほめながら突っ込みます。たとえば、クライアントに対して「いったいどこまで儲けるおつもりなんですか?」と突っ込んでみる。これはれっきとした質問文でもありますが、「御社の業績は驚異的です」という称賛も入っている。当然、相手は気分がいい。しかも、「ほめツッコミ」でもち上げられた相手は、勝手に本当のところを話してくれる傾向があるのです。「いや、そんなに儲かってないよ」「いやいや、儲かってますって」「それがね、実際のところ……」と、一見好調にみえてもこんな課題がある、こんな苦労をしている、といった話を勝手にしてくれることがある。商談でこちらがもっとも聞きたい、相手が抱える問題やニーズの話がどんどん出てくるわけです。
あなたが話すクライアントや上司も同様。それぞれ話したいポイントがあり、それを刺激する「魔法の言葉」があるはずです。相手は武勇伝を語りたいのか、成功談を語りたいのか、それとも苦労話をしたい人なのか。それを事前に考えて、「魔法の言葉」を用意して質問に臨むといいでしょう。
商談などで緊張してしまう人も、実際の自分以上の自分をみせようとしているのです。そういうプライドは捨てて、そのぶん、相手から学びたい、話を聞かせてもらいたいというリスペクトを強くする。そうやって場数をこなしていけば、質問のスキルは自然に上がっていきます。
僕も、自分にイライラすることがまずない人間です。どうしてかというと、そもそも自分に期待していないからです。中学生のときに読んだ、尊敬するビートたけしさんの『たけし!』という本の最後に「人生に期待するな!」という一文があって、それを人生のベースにしてきています。他人へのイライラが「あの人にはこれをやってほしいのに、なぜこんなこともできないんだ!」というその人への期待と現実とのギャップから生まれるように、自分へのイライラも「俺はこうでなくてはいけないのに、なぜできないんだ!」という自分への期待と現実とのギャップから発生します。
そもそも自分に期待していなければ、何が起きても「まあこんなものだろう」と現実を受け止めることができますから、自分に対してイライラしません。ですから、自分にイライラしたくなければ、自分に期待しなければいいのです。
自分にイライラする人にありがちなのが、本来は優先順位が低く、イライラするべきではないことに、イライラしているというケースです。そんなときは当初の目的に立ち戻ることが大切です。
人は何かを選択すれば、その代わり何かを捨てなくてはいけません。捨てたほうに目を向けてイライラするのではなく、選んだほうに目を向ければ、イライラしなくなります。
人はイライラして焦れば焦るほど、結果がついてこなくなるものなのです。池に浮かんでいるゴムボールを取ろうとして水面をバタバタと叩けば叩くほど、ボールは遠くに行ってしまうのと同じです。会社から与えられたノルマなんて、いったん忘れてしまう。そして、自分が本来やるべきことに集中しましょう。
接待にしろ何にしろ、予算が少ないって嘆く人が多いですよね。でも、そういう人はお金があっても駄目だと思います。予算がデカすぎてさぁって、今度はお金があることを言い訳にしますよ。
接待することの意味は、契約をとったり相手と良好な関係を築いたりすることですよね。接待した相手には「こいつともう一度会いたい」と思わせないといけません。でも、接待が下手な人は、一度食事をしただけで満足してしまいます。そうならないためには、「この接待は何のためにやるんだ」と、常に目標に立ち返ってみる必要があります。
54件中1-30件を表示
次のページ ▶
おち まさと(本名:越智 真人、1965年12月23日 - )は、数多くのバラエティ番組から企業やファッションなど幅広く手掛けるプロデューサー。テリー伊藤の弟子である。東京都出身。血液型O型。 20歳の時『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ放送網 日本テレビ)の企画「放送作家予備校」オーディションにハガキで応募。応募し合格。番組の総合演出だったテリー伊藤に師事し放送作家デビュー。30歳から企画・演出・プロデュースも手掛けるようになり、テレビ番組『仕立屋工場』『百萬男』『自分電視台』『東京恋人』『00セレブ』『音楽寅さん』『プレゼンタイガー』『24人の加藤あい』『カリスマスク』などの企画・構成・プロデュースを担当した。
ランダム
梅森浩一の名言36件 黒土始の名言7件 松沢卓二の名言7件 真鍋精志の名言8件 井植敏の名言4件 柳川範之の名言10件 島本和彦の名言6件 心屋仁之助の名言15件 石原加受子の名言14件 トマス・J・スタンリーの名言35件 武田泰淳の名言3件 阿部勇樹の名言1件 サー・ウィリアム・オスラーの名言1件 上杉達也の名言1件 鈴木梅太郎の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info