名言info

ジャン・パウルの名言39件

地上の生活においては、一年々々はまさに短いものである。年齢などはもっと短いし、人の一生ときたら、この上なく短い。しかし、その日その日は長いものである。刻一刻はもっと長いものだし、瞬間というものは往々にして、永遠に等しい。
特別な状況を待って事をなそうとするな。普通の状況で試みよ。
この世で最も英雄的な行為は、四つの壁の中で、家族のプライバシーの中で行われる。
女の高齢は男のそれよりも陰気かつ孤独である。
音楽は陰鬱な人生の夜に刺す月の光だ。
自分の性格をよく知るためには、他人の性格を、語ることが一番だ。
恋は女性のデリカシーを失わしめ、男のデリカシーを高める。
快活にして愉快な気持ちを保つのは、活動だけである。
感情には全て、自分だけが体験する感情だと思わせる独特な面がある
友人を信用しないのは、友人に欺かれるよりもはるかに恥ずべきことである。
臆病者は危険を目前にして恐れ、卑怯者は危険の最中に恐れ、勇敢な者は危険が去ったあとで恐れる。
老人の上機嫌ほど美しいものはない。
身の上に起こる幸不幸は、その大きさによってではなく、感受性に応じて我々の心を動かす。
この世で犯された最初の罪は偽善である。
悲しみは雷雲に似ている。遠方から見ればそれは真っ黒であり、頭上にくればほとんど灰色である。
我々が追い出されずに済む唯一の楽園は「思い出」である。
小心な人間は危険の起こる前に怖れる。臆病な人間は危険の起こっている間怖れる。大胆な人間は危険が去ってから怖れる
私たちが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である
愛は女のこまやかさを弱め、男のこまやかさを強める。
われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である。
目に見えぬ会話
友だちは誰しも、他の人の太陽であるとともに、ヒマワリである。ひっぱりもすれば従いもする。
記念帳のための即興句
称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である
人生は1冊の書物に似ている。愚かな者はそれをペラペラとめくっていくが、賢い人間は念入りにそれを読む。なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことができないことを知っているから
気高い誇りには、謙遜よりも才能を発揮させるものがある
貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる
最も激しい憎悪は、最高の美徳や最も危険な犬のように、この上もなく静かである
自分の青春を、老年になって初めて経験するような人々がいる
友達は誰しも、他の人の太陽であるとともに、ヒマワリである。引っぱりもすれば従いもする
逆境は人間を浄化するのに、どうして国民を浄化しないのか
経験は良い薬であるが、病気が治ったあとでしか手に入らない
39件中1-30件を表示
次のページ ▶
ジャン・パウル(Jean Paul, 1763年3月21日 - 1825年11月14日)はドイツの小説家。本名、ヨハン・パウル・フリードリヒ・リヒター(Johann Paul Friedrich Richter)。著作に「巨人(Titan)」や「腕白時代(Flegeljahre)」などがある。 ジャン・パウルは1763年、フランケン、ウンジーデルに生を受け、裕福とは言えなかったが実のある少年時代を過ごした。14歳になると貪欲に知識を吸収していった。大学に入ってから、文学で生計を立てることを決めるが、最初の時期はなかなか売れなかったらしい。 彼が作家として名声を上げるのは「ヘルスペス」からである。この頃から、ドイツ文学を代表する作家となり、ゲーテなど、偉大な作家達とも出会うことになる。しかし、ゲーテなどとは思想上対立、フリードリヒ・ヘルダーリンなどを慕った。その後、晩年まで名声ある作家として生涯を送った。
ランダム
尾平泰一の名言11件 天野総太郎の名言8件 エドワード・ノートンの名言5件 桃谷誠一郎の名言4件 土屋雅稔の名言7件 ダニエル・ウェブスターの名言12件 野口健の名言18件 ゆでたまごの名言6件 新井直之の名言10件 吉村作治の名言8件 サバス・チャンドラ・ボースの名言1件 坂田好弘の名言1件 ジャック・プレヴェールの名言2件 トーマス・ムーアの名言1件 佐藤修の名言2件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info