名言info

ジョセフ・ジュベールの名言56件

女は己自身のためだけではなく、女性全体のために羞恥心を持つべきである。換言すれば、女はみな、女たちが羞恥心の掟を守るようにと熱望すべきである。というのは、ひとりの女のつつましさを傷つけるものは、すべて女のそれを傷つけるのだから。
ちっぽけな快楽ほど人間を小さくするものはない。
人の眼の中には、精神、魂、肉体の現れがある。
世の中で成功を勝ちとるには、人から愛される徳とともに、人を恐れさせる欠点も必要である。
すぐれた精神であっても、それを評価する基準がないために過小に評価されることがある。かかる精神は試金石のない貴金属のようなものである。
空想は魂の眠りである。
人の不幸はほとんど反省によってのみ生まれる。
人生のゆうべは、そのランプをたずさえて来る。
肉体は、われわれの存在が野営している仮の小屋である。
信心は一種の羞恥心である。それは羞恥心がわれわれの眼を伏せさせるように、すべての禁断のものの前でわれわれの思想を伏せさせる。
我々の改革者たちは、「経験」に向かっては、お前はもうろくしているといい、「過去」に向かっては、お前は子供だという。
才能は称賛の方へなびく。称賛の声は才能を幻惑する人魚である。
趣味は魂の文学的良心である。
快楽は肉体のある一点の幸福にすぎない。真の幸福、唯一の幸福、全くの幸福は、魂の全体の平穏な裡(うち)に存する。
迷信は下劣な魂の持ち主たちの可能な唯一の宗教である。
知識がなくて想像力を持っている人間は、足がないのに翼を持っているようなものだ。
食卓は祭壇の一種で、祭日や饗宴の日には飾らなければならない。
老人は民衆の威厳である。
才気は多くの無用な思想を持つことにあり、良識は必要な知識をよく身につけることにある。
神は不幸者を慰めるために時を支配した。
神の怒りは一時のものであり、神の慈悲は永遠のものである。
思いやりとは情熱の休息だ。
最善の法律は慣習から生まれる。
議論せずに問題に決着をつけるよりは、決着無しに議論する方がよい。
私は知恵を貨幣に鋳造したい。つまり、知恵を鋳造して、覚えやすく、伝えやすい箴言と格言とことわざとにしたい。
子どもに対して言われる「お利口さん」という言葉は、子どもがいつでも理解する言葉で、しかも、人が決して子どもに説明してやらない言葉である。
我々の信用は、我々のひとつの財産である。
詩は自分の内に持っていなければ、どこにも見つけられない。
宗教は手本によって燃え続ける火である。人に伝えられなければ消えてしまう。
正義は常に目標でなければならないが、必ずしも出発点である必要はない。
56件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
小松俊明の名言10件 益子修の名言33件 ノエル・ギャラガーの名言124件 篠田法正の名言4件 加藤俊徳の名言18件 石村和彦の名言7件 ケーリー・グラントの名言6件 中井源左衛門の名言4件 岸恵子の名言5件 ホイットマンの名言26件 神吉晴夫の名言2件 プロペルティウスの名言3件 伊奈輝三の名言2件 木村晃士の名言1件 ウディ・ヘイズの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info