名言info

川端康成の名言45件

長い結婚は必ずしも出発に支配されない。
四十歳五十歳という風に、十を境にして生涯を区切ることは、一種の便宜であり感傷であって、半ばは人間の緩怠の性癖に過ぎないだろう。
僕は生きている方(の人間)に味方するね。きっと人生だって、生きている方(の人間)に味方するよ。
画竜点睛(がりょうてんせい)といってね、結婚も確かに点睛の一つだよ。夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ。
一輪の花美しくあらば、われもまた生きてあらん
この世でもっとも深い愛を、感謝するにも及ばないほど当然だと、子供に思わせるのみ、母というものは子に必要である。
化粧と口笛
いかに現世を厭離するとも、自殺は悟りの姿ではない。いかに徳行高くとも自殺者は大聖の域に遠い
僕は生きている方に味方するね。きっと人生だって、生きている方に味方するよ
あの作品は睡眠薬を飲んで書いたから、私にも訳わからないんですよ
画竜点睛といってね、婚も確かに点睛の一つだよ。夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ
たとえばどんなにいいことにしろ、それを知るべき年齢よりも早くそれを知れば、それは悲劇の色しか帯びない。
健全な愛は健全な人にしか宿らないものだよ
ささいなことが私たちを慰めるのは、ささいなことが私たちを悩ますからだ
誰にもかれにも、同じ時間が流れていると思うのはまちがいだ
騙されないで人を愛そう、愛されようなんてずいぶん虫のいいことだ
霊魂が不滅であるという考え方は、生ける人間の生命への執着と死者への愛着とのあらわれでありましょう
死んだ時に人を悲しませないのが、人間最高の美徳さ。
一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば、自分の幸福なのだ。
友みなのいのちはすでにほろびたりわれの生くるは華中の蓮華
辞世の句
私は恋の痛手をいやすために、あらん限りの努力をしてみたいと思いましたとき、初めて自分の恋の深さを知りました
『虹いくたび』
心一つというけれど、その心がいろいろのことを考えるんですもの
『川のある下町の話』
人間は薄く滑らかな皮膚を愛し合っているのだ
『雪国』
死んだ者の罪を問わないのは、今は生きていてやがて死ぬ者の、深い真理かもしれませんよ
『虹いくたび』
この世は一つのものでございます。万物が犠牲になり合って形作っている一つのものでございます
『犠牲の花嫁』
なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが、いつまでもなつかしいのね。忘れられないのね。別れたあとってそうらしいわ。
『雪国』
別れる男に花の名前を一つ教えておきなさい。花は必ず毎年咲きます
『花』
子どもというものはなんにも知らん顔をしてなんでも知っているものだ
『化粧と口笛』
日本の子供には、もっと孤独を教えないと、思想は生まれませんね
『高原』
身も心も愛して欲しいのに、なぜ男は冷たいふりをするのよ
男が家庭を持ちたいってのは、思いっきり阿呆になれる場所をほしいからだ
45件中1-30件を表示
次のページ ▶
name 川端 康成(かわばた やすなり) caption 1954年撮影 pseudonym birth_name birth_date 1899年6月14日 birth_place 大阪府大阪市 death_place 神奈川県逗子市 occupation 作家 period 1926年 - 1972年 genre 小説 subject movement notable_works 『伊豆の踊子』(1926年)『雪国 (小説) 雪国』(1935年)『千羽鶴』(1949年)『古都 (小説) 古都』(1961年) awards 文芸懇話会賞(1937年)菊池寛賞(1944年、1958年)芸術院賞(1952年)野間文芸賞(1954年)文化勲章(1961年)毎日出版文化賞(1962年)ノーベル文学賞(1968年) debut_works 『感情装飾』(1926年) spouse partner children
ランダム
カール・ルイスの名言11件 浜川一郎の名言4件 諸葛亮孔明の名言6件 小林正観の名言30件 栗山千明の名言5件 鍜治真起の名言16件 藤本秀朗の名言16件 奥田碩の名言56件 加藤充の名言12件 武田信玄の名言62件 ラル・デッドの名言1件 オスラーの名言1件 ジョージ・グレーガンの名言1件 ロージャスの名言1件 森下洋子の名言3件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info