名言info

カール・マルクスの名言45件

大事件は二度あらわれる。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。
プロレタリアートは(束縛の)鎖以外に何も失うものはない。
歴史は繰り返す。最初は悲劇として、二度目は笑劇(しょうげき)として、過去の亡霊を呼び出し、その由緒ある衣装に身を包み、借りものの言葉を演じる。
ある状況についての幻想を捨てたいという願いは、幻想を必要とする状況を捨てたいという願いである。
あらゆる我々の発明は、知的生活を伴う物質的諸力を授けたが、人間の生活を物質的な圧力に屈服させた。
人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない。
ラディカルであることは、事柄を根本において把握することである。
人間は歴史を作る。しかしそのことを知らない。
理論も大衆をとらえるやいなや物理的権力となる。
思想が現実に迫るのみでは十分ではない。現実が自ら思想に迫るのでなければならない。
豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。
人間に関することで、自分に無関係なものはない。
汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。
歴史は必ず繰り返す。最初は悲劇として、二度目は茶番劇として。
すべては疑いうる。
不正な手段を必要とするような目的は、正当な目的ではない。
愛とは本来臆病なものであり、控えめなものです。
あまりにも多く有用なものが生産され過ぎると、役に立たない人間が多くなり過ぎる結果となる。
教育もまた、教育を必要としないだろうか?
宗教は民衆の阿片(あへん)である。
もし、事物の現象形態と本質とが直接に一致するならば、一切の科学は不要である。
哲学者たちは世界を解釈しただけだ。問題は、世界を変革することなのだ。
人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである。
出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。
宗教は逆境に打ちひしがれたものの溜息(ためいき)であり、非情な世界の感傷であり、魂のないところに魂を見るものである。それは民衆の阿片である。
宗教は抑圧された生物の嘆息であり、また、それが魂なき状態の心情であると等しく、無情の世界の感情である。つまり、それは民衆の阿片である。
後進国のブルジョアは、先進国の革命を学ばずに王政復古の真似ばかりしている。
哲学は世界を解釈しただけである。しかし大事なことは、変革することだ。
人間とは、自分の運命を支配する自由な者のことである
(家政婦が彼に「臨終の言葉を言ってください」と頼んだときにいった言葉。結局これが臨終の言葉になった)あっちに行け、出ていけ。臨終の言葉なんてものは、充分に言い足りなかったバカ者達のためにあるんだ。
45件中1-30件を表示
次のページ ▶
カール・マルクス(Karl Heinrich Marx, 男性, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツの経済学者、哲学者、革命家。20世紀において最も影響力があった思想家の一人。 産業革命後の資本主義経済を分析し、フリードリヒ・エンゲルスとともに、自らの共産主義を打ち立てた。『共産党宣言』の結語「万国のプロレタリアよ、団結せよ!」“”Proletarier aller Länder, vereinigt Euch!””の言葉は有名である。 ユダヤ系ドイツ人。ナポレオン支配を脱して拡大したプロイセン王国治下のモーゼル河畔、トリーア出身。父ハインリッヒ・マルクス(旧名ヒルシェル・ハレヴィ・マルクス)はラビの家系に生まれ、ユダヤ教からキリスト教のプロテスタントに改宗した上告裁判所付弁護士。母はオランダ生れのユダヤ人のアンリエットで、ハインリッヒよりもユダヤ性が強く、日常生活でイディッシュ語を話していた。姉はゾフィー。カール自身もプロテスタントとしての洗礼を6歳で受けるが、のちに無神論者になる。
ランダム
入山章栄の名言21件 サモセット・モームの名言6件 アンティステネスの名言13件 田山花袋の名言36件 ジョージ・ゴードン・バイロンの名言8件 うえやまとちの名言7件 スーザン・サマーズの名言6件 ハンス・ヴェストベリの名言5件 中村義一の名言18件 間川清の名言16件 エヴァン・H・ホプキンスの名言1件 三科公孝の名言1件 ニーチュの名言1件 川島和正の名言1件 有島一郎の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info