名言info - 偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト

坂口安吾の名言集・格言集 146件

146件中 1 - 30 件を表示

坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、エッセイスト。本名は炳五(へいご)。旧私立豊山中学校卒業後、代用教員を経て東洋大学文学部印度哲学倫理科卒業。純文学のみならず、歴史小説、推理小説、文芸から時代風俗まで広範に材を採るエッセイまで、多彩な領域にわたって活動した。終戦直後に発表した『堕落論』などにより時代の寵児となり、無頼派と呼ばれる作家の一人、その後の多くの作家にも影響を与えた。 晩年に生まれた一人息子の坂口綱男は写真家。 新潟県新潟市西大畑町(現・中央区 (新潟市) 中央区西大畑町)に、父・坂口仁一郎、母・アサの五男、13人兄弟の12番目として生まれる。名前(炳五)の由来は、「丙午」年生まれの「五男」に因んだもの。坂口家は代々の旧家、大地主であり、「阿賀野川の水が尽きても坂口家の富は尽きることがない」と言われるほどの富豪だった。仁一郎は憲政本党所属の衆議院議員で、かつ「五峰」の号をもつ漢詩人で、新潟新聞(現・新潟日報)の社長などを務めた。政治家としては、若槻禮次郎、加藤高明らと、文学者としては会津八一と親交があった。仁一郎は政治に大金を注ぎ込み、安吾の生まれた頃は家は傾きかけていた。アサは仁一郎の後妻で、安吾はこの傾いた家計を支えるのに苦労していた母親から愛されなかったという思いを抱いて成長する。兄の献吉は新潟日報やラジオ新潟の社長などを務めた。

偉人・有名人の名言集・格言集

もっと見る

日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!