名言info

本田宗一郎の名言299件

やはり、各人が一番得意なものに全精力を打ちこんで、(持っている知識や技術は)人に惜しみなく与え、自分の欠陥は人に補ってもらうというのが、道徳教育の基本になるべきである。
「働く」と「動く」が「人偏」が付くと付かないとの違いであるのは、人間である以上頭を使って動け、そうすれば前進的な仕事ができるのだということを示している。
(車を)修理にこられるお客さんは、車だけでなく、どこか心も傷ついています。車だけでなく、その人の心の傷もなおしてさしあげるような思いで、修理をしてさしあげましょう
多くの人たちは、失敗を怖がり成功のみを求めるが、私の考えでは、成功とは仕事の1パーセントであり、それは、失敗とも言うべき99パーセントの仕事によってもたらされたものである。
人類平等の考えをつきつめていけば、もう国家というもの自体がナンセンスだということになる。日本に生まれたアメリカに生まれたということだけで、はじめから何か区別されなくちゃいけないなんておかしいじゃねえか。
企業が発展し続けるためにはどうしたらよいか。それは、能力や資質がさまざまに異なる人々が、どの程度、共通の目標のもとに一緒に努力を傾けるかにかかっている。
家庭人として、社会人として自分の意思のままに行動して、それが無意識のうちに肉親や友人や隣人の幸福にプラスし、社会や国家の発展に寄与できるという自由人でありたい。
「当たり前のことを当たり前にやる」ってことかな。こんなことは人生訓にゃならないかもしれないけど、俺はこれまで当たり前のことを当たり前にやってきたつもりだよ。
私が汗まみれになって働いたからホンダは成功したというのは、私にだけ通用することであって、他の人には通用しない。その人その人によって社長のやり方が違うのは当然である。
「今の若いものは・・・」なんて批判する。口で言うだけならまだいいが、伸びる芽まで摘んでしまっちゃ駄目だよね。そうなったら、老害以外の何物でもないからね。そう考えたから、俺は第一線から身を引いたんだ。
自分はたぶん、他のどんな人よりも自分に忠実に生きてきたという自信がある。そういう自分をいつわらずに、もう一度見つめ直して自分に納得できる造形をつくろう、それが必ず新しいデザインにつながるのだ、と思った。
他人に友情を求めるなら相手の秘密を絶対に守ること。人間親しくなれば当然相手の不可侵領域まで立ち入るようになる。それを軽々しく他人に喋るようじゃ、友情だの信頼だのが成り立つわけがないよね。
貧困にあえぎ、ともすれば苦難に打ちのめされそうな人は、早く自分の得意なものを発見することだ。そして、それを大切に育てよう。きっとそれが心の支えになり、未来に横たわる輝かしい栄光への力強いバックボーンともなってくれるだろう。
別に金持ちになりたくて働いていたわけじゃない。仕事が面白くて仕方がなかったんだし、遊びたいために一生懸命に働いた結果、会社の若い連中もついてきて、今日まで発展してきたんだ。
俺は外じゃ誰にも迷惑をかけないが、家じゃ女房に厄介をかけてばかりいる。だから頭が上がらないわけだ。俺にとって女房は昔からセーフティ・バルブの役目だった。
私は世間でいう「悪い子」に期待している。なぜならそういう子どもこそ個性にあふれ、可能性に満ちた本当の意味の「いい子」だからである。
真のエキスパートは、不可能の壁を打ち破るところに無上の喜びをもつものだ。
心のよりどころは、「この俺がこれほど打ち込んでいる以上、絶対に成功する」という自尊心であった。
自分が悩まない人は、他人を動かすことができない。
人間、始めるよりも終わらせるほうが大事なんだよ。
教わったことは、あくまでも過去なんです。自分で知ったことは、これから未来へ通じる道なんですよ。
楽にやれる商売はないが、楽しくやれる商売はある。
アイデアは人間である。優れたアイデアは優れた人間から生まれる。
常識ってのは、人間が考えたことだ。それを疑って、打ち破っていくのが進歩なんだね。
(その相手と)考え方はかなり違うが、違うからこそ組む価値がある。
俺が好きなことばかりやってこれたのも、会社でも家庭でもいいパートナーがいたからなんだ。
何もやらず、頭から「出来るわけが無い」と決めて掛かる発想が私は一番嫌いである。
大衆はデザインを自分で考案しないが、優れたものをかぎわけ理解し、選び出す力を持っている。
石橋だと分かれば叩かずに、どんどん渡っちゃう。
僕はうちの重役に言っているんです。お前らの気に入らない人も採用しろってね。でないと、うちの役員より優秀な人が我が社には入れなくなるからね。
299件中1-30件を表示
次のページ ▶
本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 - 1991年8月5日)は、日本の実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。ソニーの井深大などと並んで、戦後日本を代表する技術者・起業家として世界的に知られている。 正三位勲一等旭日大綬章 米国自動車殿堂入り 上智大学名誉工学博士 ミシガン工科大学名誉工学博士 1906年 :11月17日 - 静岡県磐田郡光明村(現浜松市天竜区)で鍛冶屋をしていた本田儀平と妻みかの長男として生まれる。本田は「私の履歴書」に「おじいさんの代には農業をしていたが、おやじの代になって鍛冶屋をはじめ、家は貧乏だった。それでよく妹を背におんぶして学校に行ったり、ふいごを押して父の手伝いをした。」と書いている
ランダム
佐々木毅の名言5件 佐治信忠の名言26件 ウナムノの名言9件 小柳栄次の名言6件 高橋みどりの名言19件 久石譲の名言14件 本多静六の名言87件 平井正修の名言12件 ハイゼの名言6件 堀木エリ子の名言11件 コエーリョの名言1件 ロバートダウニーJrの名言1件 マーレイ・フーパーの名言1件 レフ・ヤシンの名言1件 西川晃一郎の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info