名言info

堀場雅夫の名言95件

自分のやっている仕事に、自分の最も得意な分野を引き込む。
人の話に答えを求めてはいけない。答えはすべて自分の中にある。
他人に決めてもらって、仮に良い結果が得られてもあなた自身の蓄積にはならない。自分の決断であれば、たとえ失敗しても次は同じ失敗をしないですむ。
クレーム処理を先へ延ばすことは事態を悪化させるばかりで、良くなることは絶対にない。
ほんのちょっとした無駄話の中にも、自分ではあまりしないような発想や気づかなかったおもしろい見方が隠されていることがある。
いつも「忙しい、忙しい」と言っている人は、「自分の時間」を優先順位のずっと下のほうに置いている。だから、一日二十四時間の中で配分していくと、結局自分の時間は持てないということになる。
話の上手な人は、内容的にはむずかしいことでも、聴衆が理解できるようにやさしい言葉を選び、噛み砕いて話し、いっそう理解が深まるようなわかりやすい事例を引く。
真剣にその仕事をやって、どうしても自分が向かない、こんなことで人生を過ごすのはもったいないと思ったときは、思い切ってパッとやめなさい。
まず自分が「おもしろい」と思えることを見つける。そしてその分野で一流になるためにフルスロットルで走る。そうすれば、世界の舞台で戦える。
いちどフルスロットルで走ってみたらいい。日本人は自己の実力を過小評価しがち。「どうせできない」という意識がリミッターになっている。それを外して、フルスロットルを踏んでみればいいんです。自分が想像していた以上のスピードが出ますよ。
おもしろい思えることなら、みんな情熱をもって働く。ただ高い給料をあげたって、仕事が毎日楽しくなかったら良い仕事はできないし、新しいアイデアも出ない。
ニッチな市場を攻め、その分野でNo1になる。これを徹底してやってきた。大企業は投資効率が低いので参入してこない。だから、私たちのようなベンチャーでもNo1になれる。
人生は一度きりです。だから、自分のやりたいことをしてください。あなたはもしかすると、明日死ぬかもしれません。だから、今この瞬間を楽しく生きてください。つまらない瞬間を積み重ねても、つまらない人生しか送れません。そのことを私は逆説的に「イヤならやめろ!」と言っているわけです。イヤなことを頑張って続けても、なかなかうまくいかないはずです。自分が好きなこと、おもろいと思うことをやらんと成功しません。私は84年間生きてきましたが、イヤイヤ仕事をしながら成功した人を未だかつて見たことがない。失敗している人は、おもろいことが見つかっていない人です。もしくは見つかっていても、それをやっていない人です。みなさんも、常にチャレンジして、人生を満喫してください。
金儲けを目的にした企業は、いずれ潰れます。
(起業家の条件について)何よりも大事なのが、起業家の人間性。チャラチャラした人、お金儲けが目的の人は絶対にうまくいきません。もし一時的にうまくいったとしても、社会がそれを許さないでしょう。
仕事がイヤだ、会社がイヤだと文句を言うのなら、辞めてしまえばいい。ただし、辞める前に本気で仕事に取り組むこと。本気でやったことのないまま辞めるのは、単に逃げているだけだ。
限られた時間の中で、ある一定の成果を出すには、「人のフンドシ」で相撲をとることだ。
ベンチャーを興す条件としては、その仕事が好きで好きでたまらないということ。寝ても覚めても私はこれが無くなれば死んでしまうというくらい好きなことでなかったら、たぶん失敗する。
出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰も打てない。出ない杭、出ようとしない杭は、居心地はよいが、そのうちに腐る。
評論家はいらないのです。反対意見は大いに結構、しかし必ず代案をだしなさい。
イヤならやめろ!ただ本当にイヤだと思うほどやってみたか?
もっと利己主義でいいというか、自分を大切にせないかんと思います。人生80年のうちの最も貴重な40年間を使う仕事が、「おもしろおかしく」なくて、何のために生きるのか。自分の経験で言うと、おもしろいと思ってやった仕事はほとんど成功している。逆に、これはやらんとしょうがないな、というのはうまくいかない。おもしろい仕事をするか、おもしろく仕事をするか。その2つしか成功の道はない。
およそ人の評価というものは、過剰であるか過小であることがほとんどで、適正であることはあまり望めない。
叱られることもチャンスである。次は期待に応えられるように努力しよう
チャンスは周りにいっぱいある。なぜ気がつかないのか。世界中探し回って見つからなかった「青い鳥」は、あなたの足元に必ずいるはずだ
挑戦しなければ、当然チャンスも逃す
何の抵抗も受けないのは、実行されても痛くもかゆくもないということだ。いい提案というものは、現状の改革を伴うなど、何らかの変化を要求するから、少なからず抵抗を受けるものだ
(大多数の人たちは)仕事でも、運動でも、適当なところでダメ(=限界)と自分からストップをかける。しかしそれは頭で考えている限界にすぎず、それが本当の限界であるかどうかを自分で確かめたことはないのだ
失敗は失敗として、簡単に挫折することはない。失敗の分析は貴重なノウハウとなって残るのだから
弱気が出て成功した試しはない。強気で失敗することは多少あっても、弱気で成功することはまずない
95件中1-30件を表示
次のページ ▶
堀場雅夫(ほりば まさお、1924年12月1日 - )は堀場製作所創業者、及び最高顧問。旧制甲南中学校・高等学校 甲南高等学校(現甲南大学)を経て、1946年京都帝国大学理学部物理学専攻卒。学生ベンチャーの草分け的存在とされる。 現在、財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)の最高顧問、日本新事業支援機関協議会(JANBO)会長、京都商工会議所の副会頭、京都市ベンチャー企業目利き委員会の委員長などを勤め起業家の育成に力を注いでいる。 1945年(昭和20年)堀場無線研究所創業 1946年(昭和21年)京都帝国大学 理学部 物理学専攻卒業 1953年(昭和28年)堀場製作所設立 1961年(昭和36年)医学博士号取得
ランダム
久田孝の名言4件 幸田露伴の名言21件 バルタザール・グラシアンの名言38件 宗次郎の名言5件 カントの名言74件 松田譲の名言12件 津坂純の名言11件 庄野潤三の名言12件 宇佐美里香の名言12件 中村天風の名言643件 逢坂みえこの名言2件 モルト・ウォーカーの名言1件 ロザリン・カーターの名言2件 山本文緒の名言1件 アン・カイザー・スターンズの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info