名言info

西郷隆盛の名言57件

国に功労ある人には賞を与えよ。功労あるからといって、地位を与えてはならない。地位を与えるには、おのずと地位を与えるにふさわしい見識がなければならない。功労があるからといって、見識のない者に地位を与えると、国家崩壊の原因になる。
総じて人は己れに克つを以て成り、自ら愛するを以て敗るゝぞ。
経霜楓葉丹(霜を経て楓葉丹し)
耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)
文明とは道の普(あまね)く行はるゝを賛称せる言にして、宮室の壮厳、衣服の美麗、外観の浮華を言ふには非ず。
(税制は)上を損じて下を虐(しい)たげぬもの也。
誠篤ければ、縦令(たとい)当時知る人無く共(とも)、後世必ず知己(ちき)有るもの也
総じて、人は己に克つをもって成り、自らを愛するをもって敗る。
児孫(じそん)のために美田を買わず。
人を咎(とが)めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし
人をとがめずわが誠の足らざるを尋ぬべし
己を利するは私、民を利するは公、公なる者は栄えて、私なる者は亡ぶ。
己に克つ
凡そ人、生を惜しみ死を悪む。是皆思慮万別を離れぬからのことなり。
遺訓
幾度か辛酸を経て、志、初めて堅し。 丈夫は、玉砕に及んで、瓦全を愧じる。
断じて行えば鬼神もこれを避ける命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり。
人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。
この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。
命も要らず名も要らず、官位も金も要らぬ人は始末に困るものなり
大事に望みては、機会は是非、引き起こさざるべからず
世上の毀誉軽きこと塵に似たり。
敬天愛人(天を敬い、人を愛する)
天は人も我も同一に愛し給ふゆえ 我を愛する心をもって人を愛するなり
道は決して多端なものでない。まことに簡単なものである。ただ白と黒の区別があるだけである。
人は、己に克つを以って成り、己を愛するを以って敗るる。
総べて人は人を相手にせず、己を尽して天地を目的とするものなれば、必ず人を咎めず、己の誠の足らざるを尋ぬべし
晋どん、もうここでよか
西南戦争時下、こう言って座り込むと、部下の別府晋介に介錯をうながした
もうここらでよか
万民の上に位する者、己れを慎み、品行を正しくし、驕奢(きょうしゃ)を戒め、節倹を勉め、職事に勤労して人民の標準となり、下民その勤労を気の毒に思ふ様ならでは、政令は行はれ難し。然るに草創の始に立ちながら、家屋を飾り、衣服を文(かざ)り、美妾を抱へ、蓄財を謀りなば、維新の功業は遂げられ間敷也。
租税を薄くして、民を裕(ゆたか)にするは、即ち国力を養成する也。
57件中1-30件を表示
次のページ ▶
name 西郷隆盛 placeofbirth 薩摩国鹿児島市 鹿児島城下町 城下(現: 鹿児島市) placeofdeath 鹿児島県 caption 版画(エドアルド・キヨッソーネ作、西郷の親戚を参考に描写) nickname 大西郷南洲翁西郷どん allegiance 薩摩藩大日本帝国陸軍 serviceyears rank 陸軍大将(元は階級としての元帥 (日本) 元帥) commands 東征大総督府御親兵近衛 (日本軍) 近衛 battles 禁門の変長州征討 第一次長州征討戊辰戦争西南戦争 awards 正三位 laterwork 教育者 Mausoleum 南洲神社 西郷 隆盛(さいごう たかもり、本名: 隆永(たかなが)、文政10年12月7日 (旧暦) 12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩)、軍人、政治家。 薩摩藩の盟友大久保利通、長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。
ランダム
エレン・スー・スターンの名言4件 草彅剛の名言43件 徳冨蘆花の名言33件 市村清の名言22件 アンドレ・ジイドの名言9件 森田仁基の名言21件 木村清の名言18件 田中恭一の名言7件 白井俊之の名言7件 野中広務の名言5件 パッシー・クラインの名言1件 セシル・デイ=ルイスの名言1件 高峰秀子の名言2件 チャールズ・チャプリンの名言1件 伊藤直彦の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info