名言info

和田裕美の名言62件

人のために生きていて、それを幸せだと言える人は、ものすごく大きい(人間的に)。
事実はひとつ、考え方はふたつ。
電話しているときでさえ、見えない相手にお辞儀をするのは当たり前です。
忘れてはいけないのは、「人は自分の話を聞いてもらうことが好き」であり、「自分の話を聞いてくれる人が好き」であるという法則です。
自分以外の誰かのことを、いつも誉めているような人は絶対に好かれます。
夢に期限を与えるでしょ、そうすると”いつまで”っていう期限ができるから、夢が目標に変わるの。
いつだって「ここまでやったのだから後悔はないよ」と思えるくらいに、必死になって泥だらけになって、やれることは全部やるんです。それでもダメだったとき、「あんなに頑張ったのにダメだった。頑張らなければよかった」と後悔するでしょうか?「頑張った」と胸を張って思える人は、きっと後悔しません。後悔する人は、「もっと練習しておけばよかった」と思う人なのです。だから、結果がどうであれ、今は「自分は人よりも頑張っている」と思うくらいに動くことです。世界中を見渡したら、自分よりももっともっと勉強して練習して、努力している人がいます。いつまでたっても、「人より頑張ってる」とは思えないかもしれません。でも「こんなに頑張るのは今までの人生で初めてだ。今までの自分の中で一番頑張ってるな」と思えればいいのです。「後悔をしない生き方」は、そうやってつくられていくのです。
好きな仕事は偶然の出会いから始まる。その偶然を引き起こすのは、とにかくいろいろな人と出会って、いろいろなことをやってみないと分からない。
夢を実現させるために絶対に必要なことは、「人よりも頑張っている」ことです。
やるしかないのです。ただそれだけです。できるとかできないとかじゃなくて、もうやるしかないのです。
落ち込んでもいい。泣いてもいい。先々の不安を思ってもいい。けれどそのまま長い時間(1日以上)、ぐずぐず悩んだりしないで、できるだけ早く切り替えること。
いつだって、解決すべき問題は山積みです。だって、人生そのものが、問題集みたいなものですから。
できそうなことを目標にすると、今までと同じやり方でやろうとするだろう。でも、できそうもない目標だと、今までの方法では無理だと思うから、どんどん新しいことを取り入れたり、創意工夫するようになる。だから、ちまちま言ってないで、3倍の結果が出せる方法を考えろ。(上司に言われた言葉)
人より劣るのなら、人より多く頑張ればいいだけ。
どうすれば相手が喜ぶのかということを、考えていることが大切なんです。
できるかできないかなんて、やってみなければわからない。結果がどうなるかよりも大事なことは、それをやったかどうか。思ったような結果を手に入れられなくても、一度経験したことによって、やったことのない人よりも、何歩も前進しているのです
ビジネス文書というと、堅苦しくて、紋切り型の文章が多いですよね。「新緑の候、ますますご健勝のこととお慶び申しあげます」と時候の挨拶を書いたり、「拝啓」「敬具」なんて書いたり……。でも私は、そうした形式的な文章はほとんど書きません。なぜかというと、書いても、相手の心に響かないと思うからです。
メールで自分の感情を表現することも心がけています。たとえば、「お電話をお待ちしています」ではなく、「お電話をいただけると、とっても嬉しいです」と書いたりします。嬉しい、悲しい、残念だといった自分の気持ちをできるだけ表現しています。喜怒哀楽をビジネス文書で書くのは一般的ではないかもしれませんが、私からすると、どうしてそうなっているのか不思議なくらいです。気持ちが込められた文章をもらったほうが、無味乾燥で事務的な文章を受け取るより、ずっと楽しいし、温かい気持ちになると思います。ただし、読んだ相手がイヤな気持ちになるような文章は、当然避けるべきです。自分の感情を前向きに表現することと、感情的な文章を書くことはまったく違います。
私は、自分が感情的になっているなと思ったときは、書いてもすぐには送りません。メールなら、ひと晩「下書き」のフォルダに保存して、翌日、冷静な頭でもう一度読み返す。それで、「このあいだの件は、いったいどうなっているんですか」と書いていたら、表現をソフトに改めたり、「私も誤解していた点がありました。失礼いたしました」と書き加えたりします。メールは送信ボタンを押してしまったら最後、手紙は投函してしまったら最後、後戻りはできません。だからこそ、慎重さが求められるのです。
メールや手紙では難しい言葉や専門用語、業界用語はなるべく使わないことも心がけています。相手も忙しい方が多いので、それこそ相手の時間を奪うような、持って回った文言や、辞書を引かないとわからないような難しい言葉は、なるべく控えています。「この人、こんな簡単な言葉ばかり使って、バカじゃない」と思われても、全然かまいません。むしろバカだと思われるくらいが、人間関係は築きやすいもの。
営業をしていて感じるのは、相手に喜んでもらうことの大切さ。自分のことより、まずは相手のことを考える習慣を身につけることが先決です。ですから、メールも手紙も、一回読めば、スッと頭に入る文章がベスト。簡単なことは簡単に、複雑なこともできるだけ簡単に伝える。これが私のモットーです。
私は、メールでも手紙でも、たいてい自分の名前を最初に書きます。「和田裕美です」「こんにちは、和田裕美です」といった具合に。場合によっては、最後に署名の意味で、もう一度、名前を書くこともあります。最後まで読んでもらって、初めて「この人は和田裕美なんだ」とわかるような文章は、相手の時間をよけいに取ることになりますよね。だからこそ、私は最初に名乗る。名刺を最初に渡すのと同じ感覚です。
手紙を送る場合は、パソコンで打った文書と一緒に、手書きの手紙を同封することがあります。手書きの手紙は、打ち込んだ文字にはない温かみがあって、そのぶん、気持ちが伝わると思うから。商品を買ってくださったお客様には、コピーであっても、必ず手書きの書面を同封しています。
文章を書くのが苦手な人も結構いますよね。そうした人には、小説を読むことをお勧めします。小説を読むと、表現の幅がとっても広がります。たとえば、食べ物の味を伝えるのも、たんに「おいしい」とか「まずい」と書くだけでなく、まったりしている、ほんわかしている、心に染み入る、あるいは柔らかい、硬い……と、じつにさまざまな表現があることに気がつきます。「硬い味」だけでなく、「硬い雨」も「硬い涙」もあることに気がつく。こうした言葉を仕事上のメールや手紙で使ってみても、私は全然かまわないと思います。肝心なことは、相手の心に響くかどうか、相手の心をときめかすことができるかどうかだから。
メールでも手紙でも、大切なことは、相手のことを思いやって、簡潔に、自分の感動をいかに伝えるかじゃないかな。そうすることで、仕事の成果も、きっとあとからついてくると思います。
私は引っ込み思案な性格でもできるような話し方を自分なりに研究して、実践してきました。そのおかげか、次第に営業の場で話すのが怖くなくなってきました。話し方に工夫をしていなかったら、営業の仕事で成績を残すことはもちろん、いま行っている活動にたくさんの方から協力をいただくこともできなかったと思います。
私が最も大切だと思うのは、自分から何かを話すのではなく、とにかく「相手の話を聞く」ことに徹するということです。
私がよく提案しているのは「人の3倍聞く」ことです。相手が3話したら、自分が1話す。それぐらいのバランスでちょうどいいのです。話すのが苦手な人は、沈黙が怖くて無理に自分から口を開いたりしがちですが、そんなことをしなくてもいいのです。あいれに満足いくまで話してもらいましょう。
相手に気持ちよく話してもらうためには、多少の配慮が必要になります。あいづちを入れたり、柔らかい表情で聞いたり、といったことです。相手のペースを乱さないためにも、「話を途中で遮って、自分の話を始める」「相手より先回りして結論を言ってしまう」といったことも避けるべきです。
相手に自分が興味がないことについて話されたとき、私はないようではなく「人」にフォーカスするようにしています。「なぜこの人はその内容に興味があるのか」「それをすることで、この人はどう変わったのか」と、相手の人生にスポットを当てるのです。相手を物語の登場人物に見立ててしまうと、どんな人にも興味を持ちやすくなります。
62件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
三好達治の名言8件 鈴木郷史の名言7件 蛭子能収の名言13件 稲葉善治の名言5件 深谷紘一の名言9件 ダイアナの名言4件 國分文也の名言11件 セーレン・キェルケゴールの名言6件 大佛次郎の名言7件 大塚正富の名言5件 円朝の名言1件 伊藤一刀斎の名言1件 ウィリアム・リグリー・ジュニアの名言1件 島田紳助の名言2件 アボットの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info