名言info

ヴィクトール・フランクルの名言29件

過去の人生から、苦しみ悩んだ出来事がすべてなかったら良かったと思うだろうか。多分、ノーというだろう。いやな時期だったとしても、ちょうど人生のこの時期に、自分が精神的に成長し、成熟したのだと分かっているからだ。
すべての人は、人生における独自のミッションあるいは仕事を持っている。その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。
強制収容所での生活を送った私たちには、忘れられない仲間がいる。誰もが飢えと重労働に苦しむ中で、みんなにやさしい言葉をかけて歩き、ただでさえ少ないパンのひと切れを身体の弱った仲間に分け与えていた人たちだ。そうした人たちは、ほんの少数だったにせよ、人間として最後まで持ちうる自由が何であるかを、十分私たちに示してくれたのだ。
何人(なんぴと)も彼から苦悩を取り去ることはできないし、彼の代わりに苦悩を苦しむこともできない。
与えられた環境でいかにふるまうかという、人間としての最後の自由だけは奪えない。
すべてが奪われてもたった一つ奪えないものがある。それは人に残された最後の自由──どのような状況の中にあっても自分の態度を決める自由だ。
あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた運命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である。
人生におけるミッション(使命)というものは、つくるものではなく発見するものである。
まっとうに苦しむことは、それだけでもう精神的に何事かを成し遂げることだ。
人間に残される最後の自由は、自分の態度を選択することだ。
人間の生きがいは、その人が毎日行う行動の積み重ねである。
どんな時も、人生には意味がある。どんな人のどんな人生であれ、意味がなくなることは決してない。だから私たちは、人生の闘いだけは決して放棄してはいけない。
教育とは、決定する能力を目指しての教育でなければならぬ。
気持ちが萎え、ときには涙することもあった。だが、涙を恥じることはない。この涙は、苦しむ勇気を持っていることの証だからだ。
人間は緊張のない状態など本当は求めてはいない。心の底では目標に向かって苦闘する日々を望んでいるのだ。
涙を恥じることはありません。その涙は、苦しむ勇気を持っていることの証なのですから。
幸せは、目標ではないし、目標であってもならない。そもそも目標であることもできません。幸せとは、結果にすぎないのです。
私たちは、人生の闘いだけは決して放棄してはいけない。
どのような状況になろうとも、人間にはひとつだけ自由が残されている。それは、どう行動するかだ。
祝福しなさい。その運命を。信じなさい。その意味を。
そもそも、我々が人生の意味を問うてはいけません。我々は人生に問われている立場であり、我々が人生の答えを出さなければならないのです。
人間に残された最後の自由は、どんな状況にあっても、その中で自分の態度を決めることだ。
どんな瞬間にも、人間は決断しなければならない。より良くなるために、あるいは、より悪くなるために。それが、生きてきた証となる
祝福しなさい、その運命を。信じなさい、その意味を
人間の幸福はなにも緊張がない穏やかな状態に身を浸すことではなく、意味に向かって奮闘している状態だということである
幸せは、決して目標ではないし、目標であってもならないし、さらに目標であることもできません。それは結果にすぎないのです
人生における使命というものは、つくるものではなく発見するものである。すべての人は人生における独自の使命あるいは仕事を持っている。その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。したがって、すべての人に与えられている使命とそれを実施する機会は、その人独自のものである。
成果がなかったということは、無意味だったということではない。たとえば、恋愛に成功しなかったということが、無駄だったとか、心を痛めただけだったということを意味しているのではない。なぜならば、その苦悩の中で人はたくさんのものを得るからだ。
苦悩があるから、成熟する。苦悩したからこそ、新しく成長できる。喪失、艱難(かんなん)、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれる。
ヴィクトール・エミール・フランクル(Viktor Emil Frankl,1905年3月26日 - 1997年9月2日)は、オーストリアの精神科医、心理学者。著作多数。 1905年ウィーンに生まれる。ウィーン大学在学中よりアルフレート・アドラー アドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。ウィーン大学医学部精神科教授、ウィーン市立病院神経科部長を兼ね、「第三ウィーン学派」として、又独自の「実存分析」を唱え、ドイツ語圏では元々知られていた。フランクルの理論にはマックス・シェーラーの影響が濃く、マルティン・ハイデッガーの体系を汲む。第二次世界大戦中、ユダヤ人であるが為にナチスによって強制収容所に送られた。この体験を『夜と霧』に著した。極限的な体験を経て生き残った人であるが、ユーモアとウィットを愛する快活な人柄であった。1997年9月歿。
ランダム
鍋島直茂の名言8件 ベルネの名言18件 笹野和泉の名言18件 月岡隆の名言6件 中村健也の名言4件 ボアローの名言5件 毛沢東の名言30件 成田きんの名言4件 佐藤章の名言18件 デットマール・クラマーの名言8件 ニコラ・サッコの名言2件 ケイト・ボスワースの名言1件 レオン・ブルムの名言1件 進藤武左ヱ門の名言1件 三宮麻由子の名言3件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info