名言info

坂本龍馬の名言114件

初対面のとき、これはかなわないと思う人物がいたら、その人物が女と寝ている姿を想像すればいい。
恥ということを打ち捨てて世の事は成るべし。
世の中の人は何とも云えばいへわがなすことはわれのみぞ知る
人間というものはいかなる場合でも、好きな道、得手の道を捨ててはならんものじゃ
男なら、たとえ、溝の中でも前のめりで死ね。
わしは腹を切れ言われても 嬉しゅうないがぜよ… 死んだら終わりぞ… どいてこういう始末のつけ方しかでんがぜよ。
天下の世話は実に大雑把なるものにて、命さえ捨てれば面白きなり
日本を今一度、洗濯いたし申し候
世の人はわれになにともゆはばいへわがなすことはわれのみぞしる。
日本を今一度 せんたくいたし申候
雨が降ってきたからって走ることはない。走ったって、先も雨だ。
時勢は利によって動くものだ。議論によっては動かぬ。
奇策とは百に一つも用うべきではない。九十九まで正攻法で押し、あとの一つで奇策を用いれば、みごとに効く。奇策とはそういう種類のものである。
世界の海援隊でもやりますかな
文(ふみ)開く衣の袖は濡れにけり海より深き君が美心(まごころ)
感涙とどめず、遥か江戸の地より拝し、龍馬かならずこの恩に報うべし、と天地神明に誓ふ。
われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り。大きく叩けば大きく鳴る。
何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり
義理などは夢にも思ふことなかれ身をしばらるるものなり
時勢に応じて自分を変革しろ
俺は議論はしない、 議論に勝っても、 人の生き方は変えられぬ
世に生を得るは事を成すにあり
俺は、落胆するよりも、次の策を考える人間だ
わしは自分が甘かった事がようわかりました…まわりがどれほど騒がしゅうてもわしにはわしの生き方がある思うちょったけんどやっぱり、世の中と関わりのう生きて行くがは無理ですのう
脇差なんぞはいくらでも売っている。あんな金物を父の形見だとか武士の魂だとか言っているのは自分に自信のない阿呆の言うことだ。形見はお前さん自身さ
人の世には道は一つということはない。道は百も千もある
是皆姦吏の夷人と内通いたし侯ものにて候。右の姦吏などはよほど勢もこれあり、大勢にて侯へども、龍馬二三家の大名とやくそくをかたくし、同志をつのり、朝廷より先づ神州をたもつの大本をたて、それより江戸の同志、はたもと大名其余段々と心を合せ、右申所の姦吏を一事に軍いたし打殺、日本を今一度せんたくいたし申候事にいたすべくとの神願にて候
此頃ハ天下無二の軍学者勝麟太郎という大先生に門人となり、ことの外かわいがられ候て、先きゃくぶんのようなものになり・・・すこしエヘンにかおしてひそかにおり申候。達人の見るまなこはおそろしきものとや、つれづれにもこれあり。猶エヘンエヘン、かしこ
丸くとも一かどあれや人心 あまりまろきは ころびやすきぞ
ご相談被遣(つかわされ)候建白之儀、万一行ハレザレバ固(もと)より必死の御覚悟故、ご浄化白無之(これなき)時は、海援隊一手を以て大樹参内の道路ニ待受
114件中1-30件を表示
次のページ ▶
名前=坂本龍馬 生没=1836年1月3日 - 1867年12月10日 説明=坂本龍馬 通称= 生年=1836年1月3日 生地=土佐国 土佐 没地=京都 活動=倒幕 組織=海援隊 (浪士結社) 海援隊 藩=土佐藩脱藩 廟=京都霊山護国神社(霊山墓地)靖国神社 坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日 (旧暦) 11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日 (旧暦) 11月15日(1867年12月10日)は、日本の武士(土佐藩郷士)、政治家、実業家。土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中・海援隊 (浪士結社) 海援隊の結成、薩長連合の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど、志士として活動した。贈官位、正四位。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の主人公とされて以来、国民的人気を誇っている。また、その事跡についてはさまざまな論議がある。
ランダム
大塚愛の名言7件 トマス・ア・ケンピスの名言29件 三浦善司の名言24件 倉重英樹の名言36件 内田樹の名言7件 佐々木剛の名言5件 木村多江の名言6件 ジェームス・ディーンの名言25件 楡周平の名言7件 八代元行の名言5件 アンドリュー・ルイスの名言1件 ホラス・ハッチンソンの名言1件 森川陽太郎の名言3件 坂田銀時の名言2件 川崎和男の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info