名言info

ゲーテの名言77件

個人は何ものかに達するためには、自己を諦めなければならないということを、だれも理解しない
すべての青年はこのように愛さんと、あこがれ、すべての少女はこのように愛されんと、あこがれる
『若きウルテルの悩み』 再版の扉
何よりも極端に走りがちなのが情熱ですわ
『親和力』
生命の単位は、分離したり結合したり、普遍にかえったり特殊になったり、変化したり固定したり、するのが根本の性質である。すべての生物はあらゆる条件のもとで、あらわれては消え、凝固しては溶解し、集まっては散り、伸びては縮むことをくりかえす。しかも、このような作用は同じ時間に同時におこなわれ、無数のものが一刻を争って押しあうのである。発生と消滅、創造と破壊、誕生と死――それがおびただしく重なりあい、おびただしく入りみだれている
『箴言と省察』
生命あるものは、外部的な影響のきわめて多様な条件に順応していながら、しかも、おのれが獲得した決定的なある一定の独自性を放棄しない、という天性をもっている
『箴言と省察』
ただ私たちは、わが身を自分みずからの世界に局限し、指定された圏内で静かに正しいことをおこなえばよいのだ
『ミュラーとの談話』
私は太陽のなかに、光と、神の創造的な力とをあがめる。それによってのみわれわれは生活し、活動し、存在するのであって、すべての動植物もわれわれとともにそうするのだ
『対話』エッカーマン著
私たちは知識の増加するにつれていよいよ小さくなるばかりである。かつては巨人のように全宇宙とともに立っていた私たちが、いまは部分に向かい合って一寸法師として立っているのである
『箴言と省察』
不死の証明は、各人がそれぞれの胸のなかにもっているにちがいない。それ以外にはその証明は与えられない。なるほど、自然界における一切は代謝ではあるが、しかし代謝するものの背後には一つの永遠なるものが安らっているのだ
『ミュラーとの談話』
つねに今日の日の続くことが、永遠の存在を保証している
『箴言と省察』
われらが生は小さき環に区切られ、世代は世代にあいつぎ、存在の限りなき鎖につながりつつ生きてゆくわれら。
『詩集』
美は一つの根源現象だ。それ自身はあらわれないが、その反映は、創造精神の無数の異なった発現のなかに見られ、自然そのもののように多種多様である
『箴言と省察』
永劫不変の法則に従って、われらはみなわれらの存在の環をまっとうするのだ
『詩集』
ケプラーはいった、「私の最高の願いは、私が外界の至るところに見出だす神を、内界にも、私の内部にも同じように見出だすとである」と。この高貴な人は、まさにその瞬間には、彼の内なる神的なもの宇宙の神的なものと緊密に結び合っていることを意識的に感じていなかったのである
『箴言と省察』
生命とはこのようなふしぎな混合なのだ。それゆえ、神に感謝するがいい、神がおまえを押しつけるとき、また神に感謝するがいい、神がおまえを解き放つとき
『西東詩集』
神性にふれるには、おのれを最高の理性に高めなければならない。神性は、自然の、あるいは人倫の、根源現象のなかにあらわれる。神性は根源現象の背後にひそみ、根源現象は神性から流れ出るのだ
『対話』エッカーマン著
どんな本質も無へとくだけ散ってゆくことはできない。永遠なるものがすべてのうちにはたらいている。幸福な思いをもって存在に即け。存在こそは永遠である
詩 『遺訓』
世界を内部から動かしてこそ本当の神だ。自然を自己の内に宿し、自己を自然の内に包含させ、その内に生動し存在する一切がつねに彼の力をあらわし、彼の精神を体してこそ本当の神だ
『神と心情と世界』
ニューヨークには、九十もの異ったキリストの宗派がある。しかもその各々が互いにこんがらかることもなく、それぞれの流儀で、神と主を信じている。自然研究、否、すべての研究において、われわれはそこまで行かねばならない
『格言と反省』
人間はさまざまな段階を通らなければならない。そして、どの段階にも独得な長所と短所とがある。そういう長所や短所は、その時期時期においてあくまで当然であり、またある点で正しい。けれども次ぎの段階にくると彼はまた別人になる。そして以前の長所や短所は跡かたもなくなり、別な長所と短所がそれにとってかわる。こうして続いていって、ついには、予測できない最後の変化に達するのだ
『対話』エッカーマン著
死んで生きよ、この神秘にふれない限り、いつでも人間はただの地上の悲しき客人にすぎない
人はだれでも自分自身のことから始め、そしてさしあたっては、自分自身の幸福をつくらなければならない。そうすればそこから、おしまいに全体の幸福が生じてくるだろう
私の発表したすべては、大きな告白の断片にすぎない
他人は私自身が知るよりももっとよく私を知っている。私はただ外界にたいする私自身の関係だけを知り、これを正しく評価することができるだけである。だから、私たちはその点に自己を局限しなければならぬ
『ミュラーとの談話』
人間というものは、たといこの地上の生活が幾千という現象をもって心を引きつけようとも、なお求真と憧憬のまなざしを天空に向けるものなのだ。天空は人間の上に無限に弓形にひろがっており、人間がそれを仰ぎ見るのは、わが心のなかに、自分もこの大世界の一市民であることを深くまた明確に感じているからである。このことに関する信念を私たちは拒むことも捨てることもできない。この予感のなかにこそ、一つの知られざる目標に向かっての永遠の励みの秘密があるのだ
『ミュラーとの談話』
自然には内部もなければ外部もない、内部がそのまま外部なのだ。たえず怠ることなく、この「開かれた神秘」をつかめ
『神と世界』
被造物はただ走っていさえすればよい。軌道は自然が知っている
『自然についての断章』
僕はどんな時でも自分の好む時に、現世という牢獄を去ることが出来るという自由感を持っているのさ
『若きヴェルテルの悩み』
厳しい生の基盤の上にこそ、明るいものはかくも美しく現れる。厳しさと明るさが喜びに節度をあたえる。そして、節度によってのみ、われわれは保たれるのである
『ヴィルヘルムマイスターの遍歴時代』
最大多数の者なぞ、見つけることも知ることもできはしない。最善のものを探り出すことなど、ましてものことだ。しかし、多くの者はつねにわれわれのまわりにいる
『ヴィルヘルムマイスターの遍歴時代』
77件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
加藤充の名言12件 武居秀幸の名言5件 金山精三郎の名言5件 岡康道の名言9件 石見浩一の名言15件 笹氣健治の名言40件 ベッキーの名言44件 樫尾幸雄の名言7件 ハイネの名言53件 ベンジャミン・フランクリンの名言13件 マイク・ピアッツァの名言1件 千葉敦子の名言1件 チッパー・ジョーンズの名言1件 戸次鑑連の名言2件 泉鏡花の名言3件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info