名言info - 偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト

パウロ・コエーリョの名言34件

夢を追求している時は、心は決して傷つかない。
夢を追う心は、苦をいとわず
世界が良くなるか悪くなるかは、われわれ人間が良くなるか悪くなるかにかかっている。
何をしていようとも、この地上のすべての人は、世界の歴史の中で中心的な役割を演じている。そして、普通はそれを知らないのだ。
夢が実現する可能性があるからこそ、人生は面白いのだ。
夢の実現を不可能にするものが、たった一つだけある。それは失敗するのではないかという恐れだ。
人は、自分の必要と希望を満たす能力さえあれば、未知を恐れることはない。
他の人々の意見を気にせず、自分の心が望むことを感じるそれこそが自由だった。
今、沢山の人々が、生きるのをやめています。この人たちは怒りもせず、泣きもせずに、ただ、時間がすぎるのを待っているだけです。人生の挑戦を彼らが受け止めようとしないので、人生はもはや、彼らに挑戦しようとしません。あなたも、その危険をはらんでいます。人生に反応し、立ち向いなさい。生きるのをやめてはいけません。
人生の意味とは、自分がやりたいと思うことをすること。
人生の戦いはすべて、僕たちに何かを教えてくれる、敗北でさえもそうなのだ。
人生の一つの段階が終わった時を知ることは、いつでも必要なのだ。必要がなくなったのに、それにいつまでもしがみついていると、君は人生の喜びと人生の意味を失うだろう。
子供は常に、三つのことを大人に教えることができます。理由なしに幸せでいること。何かでいつも忙しいこと。自分の望むことを、全力で要求する方法を知っていることの三つです。
船は港にいる時最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない。
一つだけ忘れないで欲しい。あなた方はみんな、自分で思っているよりも、ずっとすばらしいということを。
あなたが涙を流す場所に気をつけなさい、そこに私がいます。そしてそこにあなたの宝物があります
『アルケミスト』
すべての探求は初心者のつきで始まる。そして、すべての探求は、勝者が厳しくテストされることによって終るのだ
『アルケミスト』
もしおまえが自分の心をよく知っていれば、心はおまえに反逆することはできない。
『アルケミスト』
おまえは砂漠を理解する必要もない。おまえがすべきことはただ一つ、一粒の砂をじっと見つめることだけだ
『アルケミスト』
君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。それはいつも、前向きな力として働くのだ
『アルケミスト』
少年は、直感とは、魂が急に宇宙の生命の流れに侵入することだと理解し始めた
『アルケミスト』
自分の運命の実現に近づけば近づくほど、その運命がますます存在の真の理由になってゆく、と少年は思った
『アルケミスト』
神様は誰にでも行く道を用意していて下さるものだ。神様がおまえのために残してくれた前兆を、読んでゆくだけでいいのだ
『アルケミスト』
宝物は流れる水の力によって姿を現わし、また同じ流れによって姿を隠すのだよ
『アルケミスト』
人は、人生の早い時期に、生まれてきた理由を知るのだよ
『アルケミスト』
たとえおまえが心の言うことを聞かなかった振りをしても、それはおまえの中にいつもいて、おまえが人生や世界をどう考えているか、くり返し言い続けるものだ
『アルケミスト』
自分の運命を実現することは、人間の唯一の責任なのだ
傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりも辛いものだ
私たちは、自分が 奇跡の真っ只中に生きていることに、ほとんど気がついていません。奇跡は、私たちの日々の生活の中に起こり、しかし、私たちはこうしたことに、少しも注意を払いません
自分の道に確信を抱くために、他人の道が誤っていることを証明する必要などない。そのようなことをする人は、自分自身の歩みに自信を持てない人なのだ
船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない
誰かに「イエス」というとき、自分に「ノー」と言っていないか気をつけること
一本の道を決めるということは、ほかの道をあきらめるということだ。まだ人生はまるごと残っている
読者が何章か読む可能性があれば、必ずあとでその本を買ってくれると私は思いました。作者の究極の目的は読んでもらうことです。お金はそのあとです。
自身の著作をウェブサイトで無料公開したことについて語った言葉。無料公開によって、新作・旧作問わず販売部数を大きく伸ばすことに成功した
パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho, 1947年8月24日 - )は、ブラジルの作詞家で小説家。 ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに生まれる。大学の法学部に進学するも、1970年、突然学業を放棄して、旅に出る。メキシコ、ペルー、ボリビア、チリを経て、ヨーロッパ、北アフリカにも足を伸ばす。2年後、ブラジルに帰国して、流行歌の作詞を手がけるようになり、人気歌手ラウル・セイシャス "Raul Seixas"に作詞を提供する。1974年、ブラジルの軍事独裁政権に対する反政府活動に関与との嫌疑を受け、短期間投獄される。 その後、しばらくレコード制作を手がけるが、1979年、再び仕事を放棄して、世界を巡る旅に出る。1987年、『星の巡礼』(The Diary of Magus)を執筆刊行して、作家デビューを飾る。彼がスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラへいたる巡礼の道を歩いた体験を下敷きにしたもの。この本は、あまり大きな成功をもたらさなかったが、第2作『アルケミスト』(The Alchemist)が翌年の1988年に出てから一挙に彼の名声は世界的なものとなった。これは、ブラジル国内のみで20万冊を超えるベストセラーとなり、38ヵ国の言語に翻訳された。これを含めた彼の著作は、世界中の国々から様々な文学賞を受賞している。
ランダム
魔裟斗の名言12件 ジッドの名言19件 蟹江ぎんの名言11件 タモリの名言271件 田中仁の名言46件 テリー伊藤の名言27件 ジョン・トッドの名言14件 ヨハン・クライフの名言40件 アントニオ猪木の名言126件 吉田沙保里の名言26件 小田全宏の名言1件
ランダム表示
日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
ホーム