名言info

谷原誠の名言45件

人のパターンは一貫しているものです。仕事の速い人はプライベートの行動も迅速です。メニューを決めるのが遅い人は仕事の決断も遅い。逆に小さな場面での行動を意識的に変化させることで行動全般に変化を起こすことも可能です。それをさらに続ければ習慣になります。「先送り習慣」が「すぐやる習慣」へと変われば、仕事どころか人生が充実します。
「すぐやる人」は仕事が終わった時点で次のプラン、つまり未来に視点を向けることができます。結果、仕事の内容も生産的なものになるのです。
デッドラインは確実に近づいてくる。まだ大丈夫だと思っていると期限間際になって焦ることになる。加えて、その間も仕事は常に降ってくる。期限に追われているとその仕事も先送りせざるを得ない…。こうなるとすべてのタスクが「緊急」になり、いわゆる自転車操業の「溜め込む人」になってしまうのです。
先送りした仕事は後になるほど億劫になるものです。つまり意思の弱い人こそ「すぐやる」ことが必要なのです。それには「自分は(意思が)弱い人間だ」と認め、受け入れること。すると「つらくならないうちにとりかかろう」「小さいタスクから手をつけよう」など対処法も見つけやすくなるでしょう。
まず自分の能力を客観的に見ること。自分の処理能力を把握できれば「今始めないとマズイぞ」と適切なタイミングで自分に指令を出せます。つまり、自分の中に「コーチ役」を作るのです。
調べ物や考え事が必要な内容を前にしたとき「大変だからあとに回そう」と漠然と考えるのが間違いのもと。「あと」をいつにするかその場で決めること。
議論のテクニックばかりに走って人間の本質を見失っていたといえます。人間は感情の生き物なので、相手の感情に配慮し、コントロールすることが交渉事をまとめるカギになります
これは新人の頃に多かったのですが、依頼者の話だけで物事を判断して裁判を闘おうとすると、相手側から思いもよらない主張が出てくることがありました。そうすると、自分が窮地に立たされるわけです。
短絡的に考えることは、法廷では失敗や敗訴につながります。失敗を繰り返さないためにはどうすればいいかを日々考えることが、多面的に物事を見る訓練になっていたと言えます。
気づきが記憶に残るのも、普段から必死に考えるのも、裁判に絶対に負けたくないという強い気持ちがあるからです。そうでなければ悔しさも感じませんし、どすれば勝てるかを必死に考えることもないでしょう。仕事にれだけ真剣に向き合っているか。考えるという行為の源はそこにあるように思います。
私はあまり雑念を抱かないほうです。なぜなら、やるべきことを片っ端から片づけていくので、「あれをやらなきゃ」と考える必要がないからです。
どうしても悩みに気をとられ、目の前の仕事に集中できないのなら、いったん悩みに真正面から向き合うのもひとつの方法です。そこで一応の結論を出して、仕事に戻ってくればいいでしょう。
悩んでいることのプラス面とマイナス面を書き出すことをお勧めします。雑念とは、忘れたくないために頭の中にくすぶっているもののことですから、もしそれがあるなら、紙に書き出して忘れてしまいましょう。そうすれば、脳みそを煩わせる必要もありません。
やっかいな問題が目の前にあるとき、解決までのプロセスをいくつかにわけて、いまやるべきことを特定します。まずはそれを片づけて、残りは別の機会にやればいい。そうすれば、いまの段階で心を煩わせるものは消えるでしょう。
異業種の成功事例を応用したいい例はフォード社です。昔、自動車業界では、静止した状態で置かれた自動車の周りを作業員が取り囲み、組み立てる方法が一般的でした。あるとき、創業者のヘンリー・フォードが食肉工場を見学に訪れた際、食肉がベルトコンベアで室内を移動しているのを目撃したのです。自動車を大量生産できる仕組みをずっと考えていた彼は、そこでひらめいたといいます。食肉工場の肉のように、車ごとベルトコンベアに載せて工場内を移動させればいいのではないかと。ライン生産を導入した結果、作業員はライン上を次々と運ばれてくる自動車の一部分を組み立てればいいということになり、作業効率が飛躍的にアップしました。大量生産が実現したというわけです。
司法試験に合格したころには、もう誰にどんなことを言われても勝てるような気がしていました。ところが、いざ交渉の場に臨むと、話が全然まとまらない。相手をやっつけることはできるのですが、強気で押せば押すほど結果は悪い方向へ進んでしまうのです。いま思えば、議論のテクニックばかりに走って人間の本質を見失っていたといえます。人間は感情の生き物なので、相手の感情に配慮し、コントロールすることが交渉事をまとめるカギになります。
いつも交渉に勝てないと悩んでいる人の多くは、自分の気弱な性格に問題があると考え、そんな自分を変えたいと思うのでしょう。けれど、私が声を大にして言いたいのは「自分を変える必要はない」ということです。ずっと強気な自分を演じ続けられるのならそれはそれでいいでしょう。しかし、多くの場合、本来の自分と演技している自分が矛盾しているとストレスが溜まります。ですから、心の健康のためにも性格は変えない方がいいと思います。また変える必要もありません。
強気というのは一見、交渉事に有利に思えますが、かつての私のように強く押しすぎて相手を不機嫌にさせて交渉決裂、なんてことにもなりかねません。
私が交渉において最も重視しているのは、「勝ち負けにこだわらない」という考え方です。交渉というと勝ち負けを意識しがちですが、そうすると目が曇って大切なことを見逃します。たとえば、弁護士の仕事は依頼者の問題を解決することです。問題が依頼者に最も有利な状態で解決すれば、裁判に勝とうが負けようが関係ありません。これは一般の交渉事にしても同じで、商談なりなんなり自分に有利に解決するためのひとつの方法として交渉があるわけで、交渉自体の勝ち負けには、さほど意味がないんです。
強気な人は交渉でどうしても勝ち負けにこだわり、最終的に損をしていることが少なくありません。その点、気弱な人はいい。勝ち負けにこだわらないから変なプライドもなく、相手に譲歩すべきときはすんなり譲歩できます。また、気弱な人は周囲の状況に敏感なので、実はその場に適した対応ができます。交渉において「気弱な性格は武器になる」と私がいうのは、こうした理由からです。
受信したメールは、できるかぎりその場で返します。メールを溜め込む人は、「読む・考える」のあと、いったん停止して他の仕事をしているのではないでしょうか。すると思考が途切れてしまうので、再び取り掛かる際に「読む・考える」を最初から繰り返すことになります。この二度手間が、時間のロスを生むのです。
すぐ返せないメールとは、いわゆる「重い仕事」です。調べ物や考えごとが必要な内容であることが多いでしょう。それを前にしたときに「大変だから、あとに回そう」と漠然と考えるのが間違いのもと。「あと」をいつにするか、その場で決めることが不可欠です。調べ物にかける時間、返信を書く時間をスケジュールに組み込んでおけば、確実に処理できます。
お断わりやお詫びなど、言いづらい内容のメールを書かなくてはならないときは、億劫になって先送りしがちです。この場合は「下書き」を活用するのがお勧めです。下書きなら比較的気楽な気持ちで、すぐ取りかかれるでしょう。簡単に返信文を書いておき、少し時間をおいて内容を確認し、適宜調整して送信すればOKです。このようにタスクを細分化すれば、心理的ハードルを上手に下げられます。
「仕事を先延ばしにする人」は3日前、1週間前、ひと月前にできていたはずの仕事に追われ、仕事ぶりにも余裕がなくなります。対して、「すぐやる」人は、仕事が終わった時点で次のプラン、つまり未来に視点を向けることができます。結果、仕事の内容も生産的なものになるのです。
ビジネスの場で出会うやっかいな人の典型として「話が長い人」がいます。たとえば早く商談を進めたいとき、取引先の担当者がこのタイプだと苦労することでしょう。対処法としては、基本的には「長い話でも聞いてあげられる自分になる」ことを目指すのがいいと思います。
弁護士の仕事でも、依頼者がダラダラと長話をすることはあります。たしかにムダな部分も多いのですが、じつはこの長話のなかに、訴訟で勝つ決め手になるような有益な情報が散らばっていることも多いのです。おそらく、こうしたことは商談の場合でもあるのではないでしょうか。一見ムダな話のなかに相手の本当のニーズが隠れている。いってみれば、長話のなかには「宝」が埋まっているのです。これを遮ってしまうのはもったいない話です。
ビジネスには交渉が伴うものですが、そこでは「強引に主張してくる人」が非常にやっかいな相手になるでしょう。このタイプは、自分に都合のいい同意を得るために話を組み立ててきます。要するに、自分のいうことを聞かせたい、自分の世界だけで生きていて、相手のことを思いやろうとしない。だから交渉でも強引で押しが強いわけです。とはいえ、このタイプにも弱点はあります。それは、交渉にエネルギーを集中するために、そのぶんエネルギーの消費が早いということ。それを頭に入れておけば、エネルギーを使い果たすのを待つことでラクに話を進めることができます。
強引に主張してくるタイプには、相手がエネルギーを使い果たすのを待つのが有効です。待つ方法については、残念ながらじっと亀のように耐えるしかないでしょう。テレビゲームでいえば、ずっと「防御」のコマンドを選択してチャンスを狙って耐えるイメージです。しつこく要求を突きつけられると、つい譲歩をしたくなってしまうかもしれませんが、それでは相手の思うつぼ。このタイプに譲歩してしまうとさらに押し込まれて、もっと辛くなるだけです。とくに会話に苦手意識のある人は、へ夕にしゃべればつけこまれる可能性がありますから、無理に会話を膨らませる必要はありません。言葉少なに「応じられない」ということだけを伝え、相手のガス欠を待つことです。
私の経験から思うに、強引に主張してくるタイプの人は、ひとつの物事に対して使えるエネルギー量が決まっています。ですから、話す機会を何回かに分けることで、こちらが耐えられる範囲でエネルギーを消費させることができるのです。
「のらりくらりと話をそらす人」。このタイプへの対処法はシンプルです。話をそらすポイントが相手の弱点なのですから、こちらはそこに集中すればいい。
45件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
タキトウスの名言12件 三森裕の名言11件 後藤理沙子の名言4件 三木泰雄の名言5件 鮎川義介の名言19件 パリス・ヒルトンの名言12件 ストラヴィンスキーの名言5件 田中均の名言5件 三好凛佳の名言4件 野口孝広の名言8件 デール・カーネーギーの名言1件 山鹿素行の名言1件 ズッコケ三人組の名言1件 人間・失格の名言1件 ムッシュかまやつの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info