名言info

ジム・ロジャーズの名言51件

周囲の人々が君の行動を制止しようとしたり、バカにしたりし始めたら、それは素晴らしい成功へのサインである。大勢に従がって成功した者は、いままで誰一人としていなかった。
幸運は、常に努力を怠らない人のもとへ訪れる。
大儲けをするためには、絶望が支配している間に足を踏み入れなければだめだ。初めの頃の損から多くを学んだ。
世界は変わり続ける。これを疑う者がいれば、頭が悪いとしか思えない。
大事なことは、君が歩んでいるのは君自身の人生だということである。たいていの場合、人は自分のうちに問題を解決する能力を持っている。
幸運の女神は、努力を続けた者に微笑む。
何かを始めるときに具体的な夢はないかもしれない。でも、心からやりたくてたまらないことに情熱を傾けていると、そのうち何かしらの夢が見えてくる。
細部に注意を払えるかどうかが成功と失敗を分ける。だから、どんなに些細なことに見えても、小石ををひとつ残らずひっくり返すようにして調べないといけない。大半の人が成功できないのは、限られた範囲の、不十分な調査しかしないからだ。徹底的に調べること。それによって初めて他の人より多くの知識を得ることができる。それは大変な労力を要することだが、そのステップこそが人に差をつけられるところだ。
大好きなことに情熱のすべてを注ぎなさい。
ビジネスを始めたとき、私はまだ五歳だった。少し幼いように思えるかもしれないが、何を始めるに年齢なんて関係ない。好きな道を歩みなさい
成功するためにまず何から始めるべきか、という質問の答えはとても簡単で、「自分の一番好きなことをする」ということだ。私が多少なりとも投資で成功できたのは投資が好きだったからだ。料理が好きならレストランを始めればいいし、ダンスが好きならダンサーになればいい。何よりも、自分の好きなことを一生懸命にすることが成功への近道だ
たとえばトヨタ自動車について調べるなら、フォードや日産からも話を聞いて異なる視点に触れる。競合相手のことになると、とかく人は饒舌になるので思わぬ収穫があります。
私がウォール街で働き始めた1960年代当時は、それこそ永遠に続くのではと思われたほどの好景気で、誰もが「いとも簡単に稼げる」などと調子のよいことばかり口にしていたのです。でも、バブルはあっけなく崩壊した。このことで、私は物事に対して疑いの目を持つべきだと悟ったのです。メディアで見聞きしたことを鵜呑みにせず、まずは可能な限り多方面から情報を得る。そうすれば、現実に起こっていることの核心を見つけ出すことができるのですから。
70年代にジョージ・ソロスと立ち上げたヘッジファンドが成功したのも、ほかの人が目もくれないようなところに投資したからです。当時はまだ、たとえば日本に興味を持つ投資家は非常に少なかったのですが、二人とも海外に目を向けていました。空売りもやっている人はほとんどいませんでしたが、私たちは積極的に行いました。今振り返ると、多額の借り入れがあっていつ倒産してもおかしくなかったのですが、投資先の選択が正しかったので利益を得ることができたのです。もし間違っていたら、一日ですべてを失っていたでしょう。
政府が何かに多大な投資をしているときは、それによって儲かる人たちが存在することを意味します。たとえば今、中国では大気汚染が深刻で、政府は環境の改善に多額のお金を使っています。だから必ず、このビジネスで儲ける人が出てくるのです。どんな人たちがお金を儲けるのかを見極めることができれば、あなた自身も彼らと関わって利益を享受することができるでしょう。
私は決して優秀な学生ではなかったから、できる限りの知識を得たと思える瞬間まで、勉強の手を緩めないと決めました。仕事をやり続ける、学び続けるというのは、狂気と紙一重ともいえるくらいのこだわりです。別の言葉に置きかえるなら「粘り強さ」でしょうか。
世界は常に変化してきたことを理解し、将来を見通せるようになるために、歴史を学ぶべきです。どの年でもいいから選んで、それから50年後の世界は実際にどうなったか調べてみてください。驚くべき変化が起きたことに気づくでしょう。「やがてこうなる」と当時の人々が聞かされていたことは、50年経つとその通りにはならず、劇的に異なる世界になってしまった。
自分で調べた会社の株を買いなさい。さもなければ、家で映画を見ているほうがいい。幸運は、常に努力を怠らない人のもとへ訪れる。
中国人は朝から晩までよく働く、そればかりか収入の30%以上を貯蓄や投資に回す。それに引きかえ私たちアメリカ人はたったの1%だ。中国経済の成長が米国経済よりも速いのは、彼らがよく働き、よく貯蓄するからなのだ。
私は人生を楽しむ自由を手に入れたかった。人生は短い。遠くまで行け。そして深く考えよ。まず最も大事なことは、殺されないようにすること、二番目が人生を楽しむこと、三番目は世界を知ること。それがわたしのプライオリティです。
上海はオズの国のように現れた。この街は私たちが生きている間に、21世紀資本主義のエメラルドシテイになるかもしれない。革命前の中国にはアジア最大の株式市場があった。私の考えが正しければ、いずれまたそうなる。
かつて、子どもが欲しいと思ったことはなかったし、子どもがいるということは哀れなことだと常々思っていた。しかし、完全に間違っていたと思い知 らされた。父親であることがどれほど楽しいか、とても語り尽くせないほどだ。おかげで毎日が楽しいし、私の両親や親御さんたち皆のこと、また世界がずっと よくわかるし、自分のこともまえよりもっとよく分かるようになった。まだ子どものいない人は、ぜひさっさと家に帰って、しかるべく励まれよ。
相場のポイントは、変化が起きていること、そして、それが一般に認識されていないこと。安く買って高く売れる物を見つけ出すということは、まだ誰も気がついていないコンセプトやまだ発見されていない変化を先取りするということだ。
政治家が余計なことをしなければ日本経済は自然に回復します。年寄りの政治家たちがいずれ死んで世界をよく知っている若い人たちが出てきます。そうすれば日本はよくなります。
バブルはいつも同じサイクルをたどる。相場が安い時は、割安をねらって一部の人が買いにくる。相場が上がり始めると、ファンダメンタル的に良いとかチャート的に良いとかいってさらに多くの人が買いにくる。次の段階になると、上がるから買うということになる。そして最後に魔法の段階に到達する。人々はヒステリーのように買いたがる。相場は永遠に上がり続けると思うからだ。
初めの頃の損から多くを学んだ。
じつは、商品と株の強気相場は交互にやってくるのです。つまり株式が上がれば商品が下がり、株式が下がれば商品が上がる。それが18年から20年周期で巡ってくることは、過去をさかのぼれば明らかです。
投資家として成功したいなら、投資の神様といわれている人々の話を聞くよりも、歴史や哲学を学んだほうがいい。そのために欠かせないのが読書です。歴史書や哲学書から歴史的教訓に学び、ものごとに対する洞察力を磨く。そうすれば大局をつかむことができるし、将来の変化も予測できる。歴史は繰り返すのです。
自分の目で世界を見て回ることも大切です。私は2度世界一周の旅をして冒険投資家と呼ばれていますが、いま、その経験が大いに役に立っています。次は中国の時代が来ると確信したのも、88年にバイクで中国を横断し、そこに潜む可能性を肌で感じたからです。テレビや雑誌、インターネットで得られる知識や情報に頼ってはいけません。
賢明な投資家であるためには、自分自身で経験し、自分の頭で考えることです。だから私はテレビを観ません。若い人はインターネットに依存していますが、ネット上の情報で世の中を理解したと感じている人の視野は狭い。投資で成功したいのなら、それを心にとどめて、自分の眼力を磨いてください。
51件中1-30件を表示
次のページ ▶
ジム・ロジャース(Jim Rogers、1942年10月19日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州出身の投資家。ジョージ・ソロスの元パートナー。 5才でピーナッツ売りの商売を始めた。エール大学卒業後、1964年ウォール街Dominick & Dominickで初めての仕事を得る。彼が仕事を得たときに彼はウォール街、株式とポンドの違い、株式とポンドの間に違いがあることさえも何も知らなかった。しかし、この種の仕事に彼はすぐに恋に落ちた。 1964年 - 夏休みのアルバイトにウォール街で働き投資に興味を持つ。オックスフォード大学へ留学。奨学金で株式投資を行う。 1966年 - 帰国。 1968年 - 見習いアナリストとしてウォール街で働き始める。
ランダム
阿部祐二の名言5件 稲森和夫の名言15件 フランチェスコ・グィッチャルディーニの名言4件 グレグ・ノーマンの名言5件 高橋和志の名言17件 河上肇の名言5件 黒田如水の名言25件 バートランド・ラッセルの名言136件 中江藤樹の名言9件 大平貴之の名言6件 アンティステヌスの名言1件 クセノパネスの名言1件 司馬光の名言3件 ランケの名言3件 伊藤次郎左衛門の名言3件
ランダム表示
日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info