名言info

藤川太の名言53件

勉強を中断し気分転換に遊びに行ったとしても、私は遊んでいる間も勉強のことが気になってしまって、うまくリフレッシュできません。思考をいったん断ち切るという意味では、睡眠が一番です。短時間でも頭がスッキリして意欲が湧いてきます。
私は情報をすべて覚えようとせずに、どこにどの情報があるのかという全体図を記憶します。本でいえば、目次を覚えるイメージです。それさえ覚えておけば、後で調べるのも簡単です。業務で困ることはありません。
私も若いころは挫折ばかりでした。学生時代に、税理士や弁理士、司法試験など様々な資格に挑戦したものの、途中で挫折してしまいました。いま振り返ると、当時は自分が進むべき道に自信がありませんでした。とりあえず資格が欲しいという気持ちで勉強していたので、モチベーションが続かなかったのでしょう。
FPの資格を取ったとき、これで食べていこうという明確な方針があったわけではありませんでした。ただ、気がついたら、資格試験と関係なく自分で資産のシミュレーターをつくるほど夢中になっていました。不向きなものをどうやって長く続けるか悩むより、ワクワクできて勝手にのめり込めるものを探して勉強したほうが早いのかもしれません。
家計の相談を受けていても、お金持ちほどムダなものをばっさりと捨てる技術に長けています。それに対して年収800万円台の人は中途半端です。この層は家計でも見栄を張って浪費しがちなのですが、勉強にもその傾向が現れています。
受講者に満足度が高いと評判のセミナーに出席したとき、グループワークで他の受講生と話をしたら、8人中6人がそのセミナーの常連でした。いくら内容が抜群でも、一回受講すれば十分です。スクールやセミナーは学んだことを行動に落とし込み、自分の仕事に役立ててこそ価値があります。自己満足で終わるだけなら受けない方がいいでしょう。
勉強にはふたつの段階があります。まず全体像をつかむために、とにかく情報を詰め込む段階。全体を大まかに把握できたら、次はディティールを詰めていく段階に入ります。このときに重要なのがアウトプットのイメージです。学んだことを自分の仕事にどう生かすか。具体的にどのような成果物にするのか。そのイメージが鮮明であるほど、ディティールが頭に入ってきます。
学生のときに試験をイメージして、ここは出題されそうだ、いや、ここは出ないだろうと予想しながら勉強した経験のある人は多いはずです。社会人になってからの勉強も同じです。アウトプットをイメージすれば必要なものが浮かび上がってくるので、効率的に学習を進められます。
宅建の資格を取得したときは、必要な知識を片道40分の通勤時間だけでマスターしました。私は一か所に落ち着いて座っていることが苦手なのですが、通勤中はさすがにどこへも行けません。集中するのにちょうどいい環境です。
先日、ある雑誌でお金にまつわるアンケートを取ったのですが、その中で興味深い結果がありました。「もし出費を削らなければいけないとしたら、どの費用から削りますか?」という質問に対し、貯金がない人とある人で明確な差が出ました。貯金がない人は、食費や小遣いなどの「やりくり費」を上位に挙げているのに対し、貯金がある人は通信費や保険などの「固定費」を上位に挙げていたのです。ムダ遣いを減らしたい時に、いの一番に見直すべきなのは「固定費」です。なぜなら、見直しの効果が大きいから。一回の見直しで、月々の支払いが数千円下がることは珍しくありませんし、削減効果は継続的に続きます。
お金で苦労していない人の財布には、共通点があります。それは、財布の中をいつもきれいな状態に保っていることです。なぜお金で苦労していない人は、財布の中を常に整理整頓しているのでしょうか。それは、いくら使って、残りはいくらなのか、お金の出し入れの状況を正確に管理するためです。すると、出費が多い時には、すぐにそれに気づける。「少し飲みに行くのを控えよう」と対策がとれるし、「最近、服を買いすぎたかな」と反省もできます。だから、余計な出費を抑えられるのです。
お金の管理が上手な人は、仕事などの自己管理も上手なことが多いものです。心のコントロールの方法は、どちらも同じだからでしょう。お金の管理ができるように努力していれば、仕事やプライベートも好転するかもしれません。
お金の管理はテクニックの問題と考える人は多いですが、私は、7~8割方は心の問題だと思っています。自分の心をコントロールできるかどうかが、お金に困らない人になれるかどうかの境目なのです。
独身で自由になるお金が多いからといって、油断して散財ばかりしていると、後々、お金で苦労します。そうならないためにも、私は、独身の人こそ、ライフプランを作ることをお勧めします。
独身者がライフプランをつくるときには、「機会損失」という観点からも、自分の人生を考えるべきだと思います。先日、私のもとに「40歳なのですが、転職はもう遅いでしょうか?」と相談をしに来た方がいらっしゃいました。40歳でも転職先はあると思いますが、残念ながら、20代や30代に比べれば、選択肢は非常に狭まっていると言わざるを得ません。もう少し早く動き出せば、人生は大きく違っていたことでしょう。このように、若い頃にたくさんあったチャンスは、年を取るごとにどんどん失われていきます。転職に限った話ではなく、独立起業や留学もそうでしょう。さらに、結婚して子供ができたら、挑戦するハードルはぐんと高くなります。
独立起業に関して言えば、その仕事を始める旬の時期もあります。私が自動車メーカーをやめて、ファイナンシャルプランナー(FP)になったのは今から16年前のことですが、当時はFPで食べている人はわずかで、まだまだ開拓の余地がありました。黎明期に始めたからこそ、仕事を得ることができ、何とかやってくることができたのです。独立の決断が遅れていたら、現在の私はないでしょう。
独身者の強みは、家族を気にすることなく、思い切った生き方ができることです。誰に気兼ねすることなく起業できますし、外国に渡ることもできます。その特権を生かさなければ、もったいない。
無計画にお金を使っていることがいかに危ういことか、うすうす感づいていたとは思いますが、実際にライフプランを立ててみると、それが現実味を持って迫ってくるのです。
自分の人生を長期的な視点から眺めると、自分の見通しの甘さに気づくはずです。
多くのお金持ちも教育については熱心ですが、普通の人と違うのは、意識しているかいないかは別として、子供たちが将来お金に不自由しないように教育をする傾向があることです。そして、そのための投資は惜しみません。
多くの家庭では、子供がいい学校へ入ることを目的にして親子ともに努力を重ね、その学校に合格した時点で目標が達成されたと考えます。しかし、ひとたび目標を達成してしまうと、次の目標を見つけるのは大変です。ですから、いい大学に入ったものの「燃え尽き症候群」になってしまい、せっかくの努力がムダになってしまうケースがあとを絶ちません。しかし、教育の目的が「自立して生活できるようになること」であれば、いい学校に入るのはひとつのステップに過ぎなくなります。目標達成はまだまだ先なので、学校に入ったあとも、やるべきことはたくさんあります。もっともっと勉強して、希望の職業に就かなければなりませんし、職業に就いたあとも成功するために努力を重ねる必要があります。
多くの人がうすうす感じているように、子供がいい学校へいけるかどうかは、スタート時点で経済的に差がついています。子供の学力がよほど高ければ、お金がなくても問題ないかもしれませんが、残念ながらそうでなければ、違う道も併せて考えたいところです。そのためには、まずは教育の目的を「子供たちがいい学校に入ること」から「子供たちが自立して生活できること」に方針転換することです。
子供が自立するためには、お金を稼ぐことももちろん大切ですが、それ以上に、無駄なお金を使わないことが大切です。それは誰でも知っている当たり前のことですが、それをきちんと教育できるのが本当のお金持ちの凄さなのです。
子供の教育というと、忘れてはならないことがあります。子供たちが本当に自立するためには、お金を稼げるだけでは不十分です。じつはお金持ちは、お金の使い方の教育もしっかりとしているのです。
お金持ちは他人のことはあまり気にしません。ほかの人と同じことをすれば、ほかの人と同じ生活しかできないと考えているのです。
企業の場合、まずは利益目標を立て、その利益を達成するための売上目標を立てるのが普通だ。そして、経費や給与として予算化されるのは、売上から利益を引いた残りである。これを家計に置きなおせば、利益目標は貯蓄、売上目標は収入、経費や給与は生活費となる。
締まりの悪い蛇口がいくつもあると知らないうちに大量の水が流出してしまうのと同じで、固定費の総額は膨大に膨れ上がる。
固定費はいったん上げると後戻りが難しい。そこで、変動費を減らそうと躍起になる。もっとも槍玉にあげられやすい変動費といえば夫の小遣いだ。しかし、いくら夫の小遣いをカットしても家計への貢献度は低い。多くの世帯が小遣いや洋服代、食費といった減らしやすいところを減らして家計を維持しようとするが、固定費に手を付けない限り根本的な解決は不可能だ。
収入の伸びが期待できず、親への依存も危険が多いとなれば、支出をコントロールする以外にない。そして、支出を改善する際のポイントは、変動費ではなく、あくまで固定費を徹底的に叩くことなのである。
FP試験は一回で受かりましたが、「こんなに勉強しないで合格した人は見たことない」と後で言われました(笑)。学生時代から最小の努力で合格ラインを確保する勉強スタイルで私はずっとやってきたので、それでいいと思っています。
53件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
三木建の名言7件 速水もこみちの名言4件 鈴木治雄の名言5件 武田國男の名言15件 大谷晋二郎の名言4件 田岡信夫の名言36件 マーク・ティアーの名言4件 ボブ・マーリーの名言27件 B'zの名言6件 ビル・エヴァンスの名言4件 前原滋子の名言1件 入江襄の名言1件 鈴木一平の名言1件 フルメタル・ジャケットの名言2件 ジョージ・アルバート・スミスの名言2件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info