名言info

アルベルト・シュバイツァーの名言49件

楽観主義者とは、悲観主義者が赤信号ばかり見ている時に、いたる所で青信号を見る人である。
我々は何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる。
手本を示すのは他人を動かす主要な手段ではない。それが唯一の手段なのだ
惨めさから抜け出す慰めは2つある。音楽とネコだ。
本当に幸せになる人は、奉仕の仕方を探し得た人だ。
人間は、阿呆のように振る舞うことの出来る 賢い動物である。
人生の目的は、奉仕し、思いやりを示し、助けることにある。
楽観主義者には青信号しか見えていません。同じように悲観主義者には赤信号しか見えていません。でも、賢者には両方の信号が見えているのです。
わたしたちは、生きようとする生命に囲まれた、生きようとする生命である。
力のある者は、決して騒がない。力のある者ほど、無言のまま働きかける。真の道徳は、言葉の終わった所から始まる。
あなたがたの運命がどうなるかわからないが、ひとつだけわかっていることがある。あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。
まず考え、それから行動せよ。
認められるまでは、嘲笑される。これは真理の常である。
ある人間が、聖人になるために、天使になる必要はない。
人間とは、愚か者のように振る舞う、賢い生き物である。
成功は幸せの鍵ではありません。幸せが成功の鍵です。もし自分のしていることが大好きなら、あなたは成功しているのです。
精神は行動にならなければなりません。
成功の最大の秘訣は、他人や状況に振り回されない人間になるということ
楽観主義者は、青信号しか見えない。悲観主義者では、赤信号しか見えない。そして、真の賢者とは、色盲である
倫理とは生命に対する畏敬の念以外の何ものでもない。
Ethics is nothing else than reverence for life.
生きとし生けるものすべてに、慈愛の輪を伸ばすまで、人は自身の中に平穏を得ることはできない。
Until he extends the circle of his compassion to all living things, man will not himself find peace.
人生の惨めさから抜け出す慰めは2つある。音楽と猫だ。
There are two means of refuge from the miseries of life: music and cats.
目に見える水の流れは、地下を流れる水の量に比べると本当に少ないのと同じように、目に見える理想主義は、世の中の人々が心の中に閉じこめ、殆ど出さないでいる理想主義に比べると本当に小さなものだ。閉ざされているものを放ち、地下水を地表に導く。人々はそれができる人が現れることを待ち焦がれている。
平和が来るか来ないかということは、個々人の心の持ちようの中に、また諸国民の心の持ちようの中に作り上げられるものにかかっている。
世界中どこであろうと、振り返ればあなたを必要とする人がいる。
Wherever a man turns he can find someone who needs him.
人道主義とは、目的のために決してひとりの人間をも犠牲にしないことにある。
Humanitarianism consists in never sacrificing a human being to a purpose.
変わることのない優しさは、多くを成し遂げる。太陽が氷を溶かすように、親切な行いが誤解や不信や敵意を蒸発させる。
Constant kindness can accomplish much. As the sun makes ice melt, kindness causes misunderstanding, mistrust, and hostility to evaporate.
少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。そして少年の頃の理想主義は、何ものにも換えることが出来ない人間の財産である。
人間は自分に起こった問題を環境のせいにする癖を止めねばならぬ。そして自分の意志(信念と道徳に基づく自分自身の取るべき道)を訓練することを再び学ぶべきだ。
Man must cease attributing his problems to his environment, and learn again to exercise his will – his personal responsibility in the realm of faith and morals.
自分が何か大切なことを成し遂げたいと考えているなら、他人が障害を取り除いてくれることを期待してはいけない。
49件中1-30件を表示
次のページ ▶
アルベルト・シュバイツァー(Albert Schweitzer 1875年1月14日 ドイツ帝国オーバーエルザス・カイザースベルク w:de:Kaysersberg Kaysersberg(現フランス・オ=ラン県ケゼルスベルグ) - 1965年9月4日)は、ドイツ出身の神学者・哲学者・医者・音楽家。30歳の時、医療と伝道に生きることを志し、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、生涯を原住民への医療などに捧げた。「生命への畏敬」への哲学などでも知られ、世界平和にも貢献。「密林の聖者」とまで呼ばれている。他に音楽にも精通し、バッハ研究でも有名。マザー・テレサやマハトマ・ガンジーと並び、20世紀のヒューマニズム ヒューマニストとして知られている人物である。日本においても、内村鑑三などによって古くから紹介され、その業績は野口英世のように児童向けの読み物においても触れることのできる人物である。
ランダム
ジャイアンの名言10件 木村政雄の名言9件 孔子の名言247件 大越俊夫の名言48件 長谷川和廣の名言71件 佐藤廣士の名言11件 宇佐美里香の名言12件 三谷樹の名言7件 あさのあつこの名言15件 ウィンストン・チャーチルの名言174件 フレデリック・ブルックスの名言1件 ヘンリー・ダビット・ソローの名言1件 コリー・ブッカーの名言2件 エイブラハム・リンカーンの名言1件 木野花の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info