名言info

デニス・ウェイトリーの名言74件

恐怖は、失敗、苦痛、落胆、不快感などの思い出したくない体験を鮮明に呼び起こす。しかも、同じ体験は繰り返しやすいものだということを、これでもかこれでもかとばかりに思い起こさせるのである。
成功する者は、自分には多くの可能性があることを信じている。そして、どうしたら自分の能力を生かすことができるのかを探っている。物事をあらゆる角度から考えること、思考に柔軟性を持たせることも成功への要件だ。
たとえ苦境に陥っても、逃れる方法は一つとは限らない。他にやり方はないのか、別の可能性はないかと、固定観念にとらわれずに摸索することが、真の現状打開への道だ。
成功する者は、世の中には“絶対的”なことなど何もないことを知っている。どんな状況に置かれても、広い視野を持ち、バランスのとれた目で物事を見ること。そうすれば、必ず名案を発見することができる。
人生は、私たち一人ひとりが、それぞれの目を通して見ている映画です。そこで起こっていることには大した違いはありません。それをどのように受け取るかが重要なのです。
成功する人間は、世の中のすべての働きは人の意志によるものであり、生きていることさえ意志の問題だということを理解している。何事もすべて「私が決める」のであり、「やらなければならない」ことなど何一つない。
大部分の人が自分の目標に到達できないのは、彼らが自らの目標を定義することも、それについて学ぶことも、それは信じるに足り、成し遂げることができることだと、真剣に考えたこともないからである。別の言葉で言えば、彼らは自分が負けるように設定しているのだ。
勝者はどこともわからない未来に生きてはいない。彼らは、しかるべき未来のある時点にゴールを定めている。その目標こそが、日々の活動を目的のある豊かなものにするのだ。
物事をしなければならないと感じている人々は、たいてい多くの選択肢や代案を失う。そして、そうしているうちに、自分の人生をコントロールできなくなってしまうのだ。
願望は行動を促す力だ。成功する人間は、願望を持っている。現状に満足することはなく、もっと好転させたいと思っている。成功したいと思わない人が成功者になったためしはない。
成功とは、責任をともなう重いものであり、成功した人は常に人の手本にならねばならない。だから、ぐずぐずと先延ばしして、そのうち時機が来たらやろうという哲学でいる方が、ずっと安易なのだ。
敗者は、気分が落ち込んでくると、「私にできるはずがない」「自分は不器用だ」「もし、あれができていれば……」「でも……」「……すべきだった」「……だったかもしれない」などと弱音を吐く。
勝者は、毎日、自分に語りかける。「私にはできる」「……を楽しみにしている」「次はうまくやるぞ」「前回より気分がいい」。勝者の独り言は、自分を奮い立たせるためのものだ。
何かをすることで得られる報酬とか、行為を促す誘因などが明らかにされ、自らの中で実感をもって理解されたときに初めて、(人は)真に動機づけられるのである。
変化への必要性が感じられ、理解され、自分のものとなって初めて、(人は)変化し続けていくことができるのである。
勝者の本質「楽観、熱中、希望」、敗者の本質「楽観、冷笑、絶望」。
今前進すれば手に入るのがわかっている成功を恐れているからこそ、人はぐずぐずと先延ばしにするのだ。
最善を期待しなさい。問題をチャンスに変えなさい。現状に不満を持ちなさい。過去にとらわれず、自分が進みたい所に焦点を合わせなさい。
今週の土曜日、君が今まで何年もやりたかったことを、自分のためだけにやってみなさい。そしてこれを毎月一回ずつ、繰り返しなさい。
ぐずぐずと先延ばしするのは、成功に対する恐れがあるからである。
勝者は、自分がどこへ行こうとしているのか、その途上で何を計画しているのか、誰とその冒険を共にするのか、君に話すことができるものである。
人生の目標を達成しようとする時、限界がたった一つある。それは、自分が決めた限界である。
自分自身をコントロールするとは、知性、才能、特技など、自分が持っているものを最高に発揮することに責任を持つことだ。
自分自身を愛し、その愛を人々に分け与えよう。あなたが感じているすべての愛を、いますぐに。
成功者のひとりごと──「そうしたい。必ずできる」敗北者のひとりごと──「やらなければならない。でも、できない」
自分が何事かを成し遂げようと思ったら、まず人を助けてその人の目的を遂げさせてやるのが一番良い方法である。
恐怖と願望は離れて立っている二本の柱であり、運命を正反対の方向へ導いていく。恐怖は過去に目を向け、願望は将来に目を向けている。
願望は、成功したときの思い出や喜びを思い起こさせ、もう一度あの体験をしたい、そして、また新しい勝利の経験を味わいたいという気持ちを煽り立てる。
自分をコントロールするためには、「しなければならない」という強迫的な考え方から、「私は決めた」という意志的な考え方に替えなさい。
願望と恐怖、この二つは人間を動機づける中心的感情だ。それらは互いに相反するものだが、同じように強烈な結果をもたらす。
74件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
福澤徹三の名言6件 ハンス・セリエの名言9件 徳重徹の名言63件 豊田章一郎の名言4件 西上雅章の名言5件 倉本聰の名言16件 品川祐の名言7件 野田佳彦の名言5件 森田直行の名言14件 島野喜三の名言7件 江戸川コナンの名言1件 吉田繁治の名言1件 ジョージ・イーストマンの名言2件 戸田江里子の名言2件 アクセル・ローズの名言2件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info