名言info

為末大の名言136件

子供が駅の名前全部覚えちゃったりするでしょう。あれを大人がやると十何倍労力と時間がかかる。努力は夢中に勝てないんです。
常識破りの方法で記録を作った人が現れると、その選手の方法が新しい常識になる。その繰り返しです。
自分探しは苦行。お金持ちが嫌いなのではなく、お金が無い自分が嫌い。人気者が嫌いなのではなく、人気がない自分が嫌い。自分探しとは自分に気づく事。気づいて自己嫌悪にのたうち回るもの
人生でついに一度も自分の姿を見ない人もいる。そういう人は自分の人生が始まっていない。誰かの文句を言いながら自分の行動は変わらず、周りが何かを変えてくれるのを期待している。自分が自分の人生の中心にいない
怒る人に何かを言うのは怖い。言えばこちらが噛み付かれそうだから。怒りは防衛本能。本当の自分を知られコンプレックスを攻撃されるのを恐れている。手負いの虎と同じ。傷を庇う為に強く見せようとする
自分を蔑まない。その一点で人生は開ける
人生で何かを成そうと思っている人には時間がない。だから普通のアドバイスは時間軸がゆっくり過ぎて当てはまらない
人間はアドバイスをしながら優越に浸り、親切をしながら相手に恩を着せようとする。もちろんそれで違和感が無いならそれもいい。だけど、苦しいと感じている人は、抜け出す為に自分を見つめなきゃいけない
すごいと言われたい症候群も、がっかりされたくない症候群も、バカにされたくない症候群も、つまり他人にコントロールされている
自分が幸せになる為に人を幸せにしている事と、人の評価を高める為に人を喜ばせる事は違う
もし誰かに期待されていたら早めにがっかりさせておいた方がいい。ほっておくと人生がいつの間にか人が期待する方向に向かい始める
思い込みは、あると気付いた時にはもう思い込んでおらず、思い込んでいる間はある事すら知らない。つまり人は常に何かを思い込んでいてそれに気付いていない
頭が悪い人は自分に気付かない
偏ってないってことは誰かと替えがきく存在になるって事だと思うんですけどね
賞賛され続けていると、自分の考えが間違っていないと思い込んでしまう
本番で勝負強い選手は、自己肯定感が強い。このままの自分でいいと知っている選手は、やはり腹が据わっている
僕がハードラーとしてひとつのことに25年を費やしたのは、気持ちが強いわけでもなんでもない。毎朝同じものを選び、他の可能性をあきらめ続けただけ
「やればできる」という姿勢は、結果責任が個人の努力に向かいやすい。子どもは敏感だからそのカラクリにすぐに気づき、本音で夢を語ることを嫌がるようになる。本音で夢を語った瞬間、それがかなわなかったら「お前の努力不足なんだよ」という批判が飛んでくるのを知っているからだ
世の中にはどうしようもないことがたくさんあって、そこに出口がないなら、どうにかしようがあることに努力や時間を割いていったほうがいい。(中略)あきらめたものが多いほうが、ひとつのことに集中投下できる。それゆえ成功しやすい
僕の競技人生は、まさに「負けで終わった」けれど、幸せな人生だったと胸を張って言える。そう、負けと幸福感は別である
全体のバランスで見始めると、欠点が欠点だけで存在しているのではなく、長所とセットになっていることがほとんどだった。欠点には「存在する理由」があったのだ
ほとんどの夢は叶わないし、ほとんどの人生は負けで終わる。「夢は叶う」は叶った人だけが言えるだけで、叶わなかったほとんどの普通の人はそうは言えない。とすれば、「夢が叶わない現実」の中をどう生きていくか
僕がハードル選手になったのは、その才能に注目されたからでも、ハードルが大好きだったからでもない。自分が活躍できそうだったから。もっといえば、勝てそうだったから
人の真似をしている限り、残念ながら、ずっと2番手のままだ
夢は持ったほうがいい。たぶん叶わないけど
子どもの頃から「絶対に負けられない戦い」を覚えてしまうと、勝てる試合しかしなくなり、結果、勝負弱い人間ができあがってしまう
結果に依存しすぎると、人生なんてほとんど意味がなくなってしまう。(中略)敗北感を感じないようにするのは無理かもしれないけど、結果とは関係なくプロセスの中にいかに喜びを見いだすかは、大きな知恵だと思う
僕が「一番」に興味があるのは、絶対に獲らなければならないものとして存在しているからではない。一番以外を否定しているわけでも、もちろんない。何というか、一番を目指していないと、むしろ「その途中」がつまらないという感じ
自分の競技人生がいつか終わると強く意識した日から、目の前の景色が変わって見えた
批判は攻撃だから反撃しやすいけれど、期待は応援だから無視しにくい。僕はいつの間にか人から期待されたい「いい人」になっていて、その自分を見てファンになった人の期待に答えるために、さらに「いい人」を演じていた。本当の自分は違うのに、期待に応え、それがまた人の期待を加速し、何が本当の自分なのかさえ、よくわからなくなっていった
136件中1-30件を表示
次のページ ▶
氏名 為末大 フルネーム 為末大 ニックネーム 種目 400メートルハードル 400m障害走 所属 APF 生誕地 広島市佐伯区 居住地 没年月日 死没地 身長 170cm 体重 66kg 自己ベスト 400mH:47秒89(2001年) medaltemplates 為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の陸上競技選手一覧 陸上競技選手、投資家。ウェッジホールディングス 株式会社ウェッジホールディングス社外取締役。 身長170cm、体重66kg。 広島市立五日市中学校から広島県立広島皆実高等学校をへて法政大学経済学部(一般入試で合格)卒。 大学卒業後、大阪ガスに入社したが退社し、アジアパートナーシップファンド(APF)に所属。マネジメントについてはサニーサイドアップ (マネジメント会社) サニーサイドアップ」と契約している。代理人はCaroline Feith(沢野大地、池田久美子らの担当でもある)。投資に関する著書もある。
ランダム
松田友一の名言6件 梯谷幸司の名言7件 キェルケゴールの名言5件 小宮山栄の名言6件 YUIの名言12件 吉野寿の名言4件 松原泰道の名言7件 チャールズ・シュルツの名言7件 イヴ・サンローランの名言6件 マルチナ・ナブラチロワの名言7件 ポール・J・マイヤーの名言1件 本間道博の名言2件 サミュエル・スマイルズの名言1件 ウィル・ガルシアの名言1件 阪本順治の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info