名言info

瀬戸内寂聴の名言183件

いずれにしても、大事なのは、自分の責任は自分でとること。これができれば何をしてもいいんです。むちゃくちゃなことをしておいて、あとで困ったら人に泣きつく。これが一番みっともないことですね。
有名な人にならなくても、大金持ちにならなくても、ただ誰か一人の人を幸せにする、誰か一人がその人がいるために心が和み、生きていることがうれしくなる、そういう人になることが人生を生きるということである。
人の言うことなんて聞かないでいいの。もっと自由になりなさい。人間の幸せって自由になることでしょ。自由になったら人の悪口なんて受け付けないですよ。「何言ってるの」と言って放っておけばいいんです。
命は授かるものだけど、運命は自分の手でつくるもの。ともすれば持って生まれた運命という言葉で括(くく)ろうとしがちだけど、そういうのは自分の前向きな努力でいくらでも変えられる。
人は所詮(しょせん)一人で生まれ、一人で死んでいく孤独な存在です。だからこそ、自分がまず自分をいたわり、愛し、かわいがってやらなければ、自分自身が反抗します。
今の教育がいちばん間違っているところは“団子教育”。一人ひとりの個性を殺す教育なのです。お団子のようにみんな同じ形にして、形が違うとはじき出したり、いじめたりします。
うつ病になったりする人は、非常に感情がこまやかで感じやすく、優しくて、そして挑戦的でない、おとなしい人。物事をじっと考えるような人。そういう人が、この乱れた世の中について行けなくなって、うつ病になったりするのです。その人の罪ではありません。
「幸せなときには、ありがとう」「苦しいときには、力をください」「寂しいときには、聞いてください」そして最後に「地球のすべての人々が、いつも幸福で平和でありますように」と、ちゃんと声に出して言ってください。そうしますと、何か心が落ち着きます。
どんな人に会っても“この人はひょっとしたら観音さまかも知れない”と思ってみましょう。お医者さんや恋人や自分の子供、憎たらしいお姑さんや上司、もしかしたらどうしようもないグータラ亭主も、あなたを鍛えるために観音様がダメオヤジに変身なさっているのかもしれません。そう思えば、腹も立たないし、すべての人と大事なお付き合いをするようになります。
時代と共に世間の風俗、風習は変化し、それにつれて、人々の思想も道徳も法律も変わっていきます。革新して良くなる場合もあれば、改悪して後退する時もあるのです。
老人も中年も若者も、自分たちが一番正しいという誤った自信を捨て、無垢(むく)な感性を取り戻し、自分をもっと柔軟にしていけば、滑(なめ)らかな人間関係が生まれてくるはずです。
(相手を)理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう。
人間が好きで小説書きになった私にとっては人との出会いが、たとえそれが苦痛や悲哀を伴っても、生きている何よりの証として、有難いことに思われます。
私が毎月の法話で話すことはいつも同じ、唯一つです。「皆さん、どうぞ心を安らかにして下さい。」これしかありません。
教師を養成する時、「この職業は聖職です」と是非教えて欲しいのです。未来を担う素晴らしい魂に直接向き合う、それこそが聖職というものです。
戦争はいかなる名目をつけようと人殺しであり、悪である。
「私が一人で母を介護した」という人は、それだけお母さんと縁が深かったということでしょう。
学校の成績より、他者の苦しみを思いやれる想像力のある人間こそ素晴らしいのです。
人の苦しみを自分のことのように思いやる。想像力はイコール、思いやり。思いやりイコール、愛です。
辛くて悲しいどん底にあるときには、四季折々の美しい自然に目を向けてくださるようにお願いいたします。
「同床異夢」とは、同じ布団で寝ていても同じ夢は見られないことです。愛の情熱は三年位しか続きません。夫婦は苦楽を共にして愛情を持ち続けるのです。
無関心を決めこむというのは、他人の運命に対する同情心も、あるいは想像力もないことを意味している。
人間の煩悩(ぼんのう)の中で虚栄心ほど恐ろしいものはない。
人間は一人では生きられない。支え合うのが人だ。
自分の国の伝統や芸術に誇りをもたないで育った子供はどうなりますか。そのために必要なことは義務教育で国語をしっかり教えることです。
(日本は)明治以降外国に負けまいと振り返る余裕がありませんでした。これからは古い歴史を振り返り、伝統や歴史を見直していかなければなりません。
人は自分の体質や情緒の方向によって、自分にふさわしい生き方を選び、それが間違っていたと気づけば何度でもやり直せばいいのである。
(自分が家庭を捨てたのは)そこでは自分が切に生きられなかったからだ。
切に生きれば、ものごとをごまかせない。ごまかしなしには家庭生活は成り立たない。ごまかせない人間は家庭を持つな。それが私の今得た家庭観の三段論法である。
人は自分の意志で生まれたのではなく、命を授かってこの世に生まれたのです。何のために?自分以外の誰かを幸せにするために。
183件中1-30件を表示
次のページ ▶
name 瀬戸内 寂聴 caption pseudonym 三谷 晴美 birth_name birth_place 徳島県徳島市塀裏町 death_date death_place occupation 小説家 period 1956年 - 現在 subject 小説 movement notable_works awards debut_works 『痛い靴』(1956年) spouse partner children relations
ランダム
フランシス・べーコンの名言35件 ハワード・ゴールドマンの名言7件 鮎川義介の名言19件 ハリルホジッチの名言24件 大久保直子の名言12件 クインティリアヌスの名言5件 道幸武久の名言13件 忌野清志郎の名言16件 北村正志の名言10件 デットマール・クラマーの名言8件 段田安則の名言1件 辻清明の名言1件 レオ・バスカーリアの名言1件 ティベリウスの名言1件 宿沢宏明の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info