名言info

長谷川和廣の名言71件

歯車になるな!モーターになれ!
人間は説得しても動かない生き物。「説得」ではなく、「納得」しなければ動かない。
ブランドというのは「~の商品だから大丈夫」という信頼感。
仕事というものは辛くて当たり前。どんなに成功しても、そこには常に辛さが横たわっている。そう思っておけば、たとえ小さな成功でも自分を幸せにしてくれる。
コスト削減という言葉の怖いところは手抜きを誘発する点。「何もしないほうがマシ」という発想は、命取りになります。
「最小の投資で最大の効果」は間違い。コツは最大の効果を上げるために必要な最大投資を行うこと。
手柄は部下にとらせ、失敗は自分がかぶる。そのくらいの態度を示して初めて部下はついてくる。
失敗を恐れて大失敗をするな。
平均点が取れたからといって安心しはじめたら後退の始まりだ。
1週間に1日、完全にリラックスする日を持ちなさい。
1対1の局地戦に強いだけでは、単なる「剣豪」どまり。戦いの全体を見渡すことができ、剣豪たちを動かして初めて「武将」になれるのです。
ビジネスマンの頭でカメがウサギに勝つ方法を考えなさい。
成功する人は、失敗しない。なぜなら勝つまでやるからだ。
プロとアマの差は、とことん限界まで挑戦した経験があるかどうかで決まる。
一人一人が石にかじりついてでも生き延びたいという意識を持たない限り、日本経済の復活は不可能だと思います。
いまの縮小する市場をどう生きるかには、手本などありません。戦後、日本経済が経験したことがない状態ですから。そんなときこそ重要なのは、数々の生き延びてきた経験則。そして辛い現実から目をそむけないハートの強さが大切です。
レバレッジ(てこの原理)を利かせるという言葉を若手社員からよく聞きます。最小の努力で最大の結果を得るというのはビジネスの世界では当たり前の話なのですが、その言葉が若い人から発せられると、正直、ちょっとこの人は信用できないなと思ってしまいます。現実のビジネスの中で、このてこの原理を考えてみると、本人の努力が力点、結果が作用点、そしてその人が持つスキルや人間力こそが支点です。てこは強固な支点があって初めて効果を発揮しますが、若いうちからレバレッジという言葉を使っている人は、どうもこの支点の部分で信用が置けないのです。
本当の仕事のプロになれる人は仕事で楽をせず、限界まで挑戦する人です。そして、揺るぎない仕事のスキルを持つ人です。
アマチュアで終わる人は、言い訳が多い人です。私は営業成績が悪い営業マンにその理由など聞きません。返ってくる答えが「自社製品の弱み」か「不景気のせい」のふたつのどちらかだからです。しかし、売れない理由をそういうところに求めているうちはプロではありません。プロはどんな場合でも、どうしたら売れるかを考え抜く人です。
企業の商品開発力や販売企画力の問題もあるでしょう。ただし、こと営業においては、倍の成績をあげようと思ったとき、一番簡単なのは訪問先を倍にすることです。分母を多くすればいいのです。実はできない営業マンに一日のスケジュールを聞くと、かなり余裕を持たせている人が多いのです。こういうタイプは空間管理を考えていないケースが多い。訪問先を近場に集中させたり、効率的な移動ルートを考えさせれば、倍は無理でも1.5倍くらいには増やすことができるものなのです。
本人も上司も場当たり的に営業活動をしている。そんな企業ほど業績悪化が目立ちます。
真のプロ社員とは、ミニ社長型の人材です。会社全体の仕事を俯瞰して、自分の行動を考えることができる人。「こんな場面では、社長ならどう判断するか」と常に思考をする人です。逆に上司に命じられた仕事をただこなしている人は、いつまでたってもプロにはなれません。
学校の成績と、仕事での数字の最大の違いそれは、学校では70点をとれば落第しませんが、仕事では常に100点を目指さなければなりません。1点足りない99点では、失敗というケースが往々にしてあります。それは、ほんの1か所のチェック漏れが大事故やリコールまで発展する可能性があるからです。ですから100%を目指し、ギリギリまで粘る心の強さは、仕事のプロとしての第一条件です。
努力を惜しまない人には、それなりの結果や上司や取引先からの信用がついてきます。反対に数字を残せない人というのは「70点でOKだろう」という学生気分が抜けない人です。
例えば、1000本のニンジンを切ってくれと頼まれたとします。それだけではウサギにあげるのか、何かほかの料理の材料になるのかがわかりません。すると、「ま、叱られない程度にやっておくか」と考えるのが人間です。しかし、作業前にこのニンジンは幼稚園児の給食になるのだと知ったらどうでしょう。「細かく切った方が園児は食べやすいだろう」とか「傷んでいる部分があったら除いておかなきゃ」と心配りをするはずです。つまり、自分の仕事の意味を知れば知るほど、仕事に対する執着心は生まれてくるということです。
私が現役時代、部下たちに「ミニ社長になれ」と言ったのも、自分の仕事がどういう利益に結びつき、どう会社に貢献できるかを常に考え、仕事のやることの意味を深く知ることにつながると思ったからです。
給料が天から降ってきていると思っている人があまりにたくさんいます。会社に行けば給料が出る、と思っているような人にいい仕事などできません。
営業マンの場合、売りっぱなしの人はダメです。顧客から入金があってはじめて営業の仕事は終わります。しかし、契約書を交わしてそれで仕事が完了と思っている人が少なくありません。しかし、きちんと結果を出す人というのは、相手の支払い能力も勘案して契約をとってきます。そんな些細な気遣いの差が結果的に大きな成果となって表れるのです。
いまは下りのエスカレーターの時代です。必死で足を動かしても、なかなか上りきることはできません。そんな時代に横着して停滞している人は、その場にとどまるどころか、どん底に近づいているのです。
会社側は、「怠惰・ルーズな人」「信用がない人」「弱い者に高圧的に接する人」「チャンスを目の前にしても行動を起こさない人」のようなタイプの人を嫌がります。部下の手本にならないどころか、部署全体のモチベーションも下げてしまう危険性があるからです。対外的にも評判が悪いし、利益を会社にもたらすようなチャレンジをしないわけですから。
71件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
杉山金太郎の名言17件 エリスの名言4件 クリス岡崎の名言24件 長屋信博の名言4件 堀紘一の名言72件 狩野みきの名言10件 フランソワ・ラブレーの名言29件 ジェイ・エイブラハムの名言94件 劉向撰の名言6件 松田公太の名言54件 ノサックの名言1件 ロレッタ・ヤングの名言1件 ブルックス・ロビンソンの名言1件 素野福次郎の名言3件 白石清の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info