名言info - 偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト

升田幸三の名言集・格言集 45件

45件中 1 - 30 件を表示

升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日)は、日本の棋士 (将棋) 将棋棋士。棋士番号18。広島県双三郡三良坂町(現三次市)出身。名前は一説には「こうそう」と読む。これは高僧にかけているという。 父栄一、母カツノの四男として生まれる。1932年(昭和7年)2月に、「日本一の将棋指し」を目指して家出。家出の時に愛する母の使う物差しの裏に墨でしたためた「この幸三、名人 (将棋) 名人に香車を引いて…」の文言は、後に現実のものとなる。飲食店やクリーニング店の丁稚奉公など紆余曲折を経て、大阪の木見金治郎八段の門下生となる。同門の先輩には大野源一、角田三男。そして後輩には、終生のライバル大山康晴がいる。初段でプロになるまで(当時のプロ棋士は初段からだった)が長かったが、初段になってからめきめきと頭角を著す。この頃阪田三吉から指導を受け、「あんたの将棋は大きな将棋や、木村義雄を倒せるのはあんただけや」と激励される。その後、戦争を挟んで木村義雄と死闘を演じ、木村義雄引退後は大山康晴と覇を競った。第7期名人挑戦者決定三番勝負の第三局(高野山の決戦)において悪手を指し、「”錯覚いけない、よく見るよろし”」という有名な言葉を残す。将棋史上初の三冠(名人・王将・九段)制覇を成し遂げ「”たどり来て、未だ山麓”」との言葉を残す。

偉人・有名人の名言集・格言集

もっと見る

日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!