名言info

久恒啓一の名言36件

作業をしているうちは、仕事ができない。
成功は偶然ではない。
成長している限り、チャンスは必ず訪れる。
人と競争してはいけない。
三十才までは、「階段を上る」ことが仕事。
満足感と能力は、比例する。
希望は人に見せるものではないから、何を書いてもいい。
元々が高い目標なのだから、全部達成できなくて当たり前なのだ。
最後に強いのは、「自分で体感して考えたルール」である。
健康は人間が自分に贈ることの出来る、最高のプレゼントです。
一歩一歩踏み固めながら登っていくと、一気にそこから落ちるということはない。
他人と比べる習慣を持つと不幸になる。絶対に自分よりも上がいるからだ。
物事の本質は、失敗で分かる。
複雑に要素が絡み合った問題も、マルと矢印を使って関係性を図解すれば、わかりやすく伝わります。
図をつくるときは、まず骨格となる構成を固めてから、図を理解してほしい相手によって表現を考えるとよいでしょう。上司にみせるのか、お客様にみせるのかによって表現スタイルは大きく変わります。たとえば、お客様であれば、言い回しを丁寧にすることはもちろん、お客様を中心としたレイアウトにするという配盧が必要です。また、お客様が一般消費者なら、柔らかい言葉遣いや、ときにはイラストを使うのも有効です。
パソコンで図をつくると、気軽に色をつけられるせいか、カラフルに描く人が多いもの。しかし、読み手は-度に多くのことを認識できないため、色とりどりの図は相手を混乱させる恐れがあります。図はできるだけ読み手に負荷を与えないように、黒1色で描くことを心がけましょう。どうしても色をつけたい場合は、黒1色でもわかるように図を一度完成させたうえで、強調したい部分にだけ色をつけるとよいでしょう。
どういう順番にみればよいのかがわからない図は、いい図解とはいえません。本来はみる人が自然に読みたくなるように、読み方の強制をしないことがベターですが、あまりにゴチャゴチャしていたり、情報量が多すぎる図では、見る人も読む気をなくしてしまいます。複雑な構成にせざるを得ない場合は、読む順番がわかるように、①、②、③……と補助的な番号を振ってもいい。番号は、時間の経過など性格に表現したい場合にも有効です。
会の雑用を進んで引き受けるのは、勉強会の場を活かすひとつのポイントだと思います。当時の私は自由に使える時間はあまり多くありませんでしたが、早朝や週末に時間を捻出して、講演会の準備やテープ起こしなどを手伝っていました。そうした雑用を嫌がらずに引き受けていると、次第に信用してもらうことができます。すると、先生への講演依頼や講演会の司会など、より重要な仕事を任されるようになるのです。
忙しいビジネスマンには、自分の勉強の牽引役となってくれるような存在が必要だと思います。その方法のひとつとして私がお勧めしたいのが、研究会や勉強会に参加することです。アフター5に実施される会も多いですが、週末や、早朝に行われる勉強会も増えています。一人の勉強は意志が強い人でないとなかなか続きませんが、会に所属して仲間ができれば、勉強のやる気もより持続しやすくなります。
そもそも何を勉強したらいいのかについて迷う人もいるでしょう。社会人は勉強を強制されているわけではありませんから、案外ここで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。絶対に外せないポイントは、「自分の好きなテーマを勉強する」ということです。
私の経験上、何か成果を出すには、少なくとも10年は勉強し続けることが必要です。しかし、好きでなければ10年もの間貴重な早朝や休日の時間を費やすのは困難でしょう。「こういうテーマが流行っているから」「経歴に箔がつきそうだから」といった損得で勉強する内容を決める人は多いようですが、本当に興味がないものはやめた方がいいと思います。
たとえ好きなテーマが役に立つかどうかわからない、という場合であっても、私はそれを学ぶべきだと思います。ひとつのことを長期間勉強すれば、必ず何かにつながります。
好きなテーマから何かを学ぼうという場合には、とことんそれを追求する姿勢は必要だと思います。
忙しい日常の中から、自分だけの勉強時間を捻出するには、通勤時間を目いっぱい活用するためにあえて会社から遠い場所に住むという方法があります。会社の近くに住むのは確かに便利なのですが、すぐ帰れるからと、つい飲みに行ったり、出社時間に間に合うギリギリまで寝てしまったりすることになりがちです。しかし、あえて会社から遠い場所に住めば、帰宅時間に敏感になりますし、嫌でも早起きする習慣が身につきます。
かつて私は、会社まで1時間以上かかる千葉県の佐倉に引っ越しました。佐倉は始発が出る駅なので、会社までゆっくり座っていけるのです。この自由な1時間の間に、仕事の準備や読書、知研(知的生産の技術研究会)の資料の読み込みなど、様々な作業をこなすことができました。この聖なる時間があったからこそ、現在の私があるといっても過言ではありません。
その気になって行動すれば、忙しいビジネスマンでも勉強するための時間を生み出すことは十分可能なのです。忙しくて勉強する時間がないと嘆く人も、一度自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。
ブログやホームページなど、何か表現手段を持つといいかもしれません。ただ、気がむいたときに書くだけでは効果がありません。大切なのは毎日あるいは定期的に書くことです。そうすると、何かネタはないかと日常生活でアンテナを常に貼るようになります。実はこの状態のとき、頭は猛スピードで自力回転しているのです。
情報整理というと、キーワードを個条書きにまとめるだけで終わりという人をよく目にします。しかしこれでは、問題解決にとって重要なものごとの因果関係や全体構造まで考えが深まりません。たとえば、部署の現状の問題を整理するときも、問題点を列記しただけでなんとなく整理できた気になって、そこで思考が停止。「どの問題がとくに重要か?」「それぞれの問題の関連性は?」といったところまで、思考が進んでいかないのです。図で考えることが重要です。
アイデアというのは、組み合わせから生まれることが多いのですが、私たちが頭の中で同時に思い浮かべて作業できるキーワードの数は多くて5つ程度です。一方、図解化するといくつでも同時に眺めることができ、見違えるように発想の効率が上がります。
経験の浅い部下は視野が狭く、自分の目の前の仕事のことしかわかりません。そのため、それぞれが部分最適に終始して、全体として非効率に陥ることがよくあります。これを避けるには、図で仕事の全体像を見せてから、「この部分を君に頼むよ」と仕事を任せることです。こうすれば、部下が見当違いの方向に進むリスクを減らせるので、結果歴に上司の仕事も早く進みます。
36件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
ココ・シャネルの名言91件 デーブ大久保の名言4件 高嶋ちさ子の名言8件 西川光一の名言18件 森田敏宏の名言10件 鹿賀丈史の名言7件 堂本剛の名言11件 フラーの名言31件 ポープの名言26件 ゴーリキの名言4件 ツキュディデスの名言3件 谷信一の名言1件 バナナマン設楽の名言1件 駒井健一郎の名言2件 松下幸之助》の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info