名言info

吉野真由美の名言49件

テレアポでまず重要なのは、「呼び出す人を間違えないこと」と「受付を突破すること」です。多くの人はあまり深く考えず、「総務の担当の方をお願いします」と、自分が扱う商品やサービスの担当部署の人を呼び出してしまいますが、決定権のない一般社員の方にアポイントをとっても、成約に至る確率はとても低くなってしまいます。かつては、数をこなせば成約できた時代がありましたが、それはもう昔の話。いまはもっと可能性の高い「まじアポ」を狙うべきです。そのためには、「総務の責任者の方、お願いします」という言い方でも、まだ十分ではありません。商品やサービスに合わせて、さらに商談したい相手を絞り込み、「総務のオフィスサプライの責任者の方をお願いします」などというのが正解です。
アポイントは、商談の約束を取りつけるためではなく、最後に契約をいただくための活動です。そのためには、「自社の商品やサービスが足りないがために悩んでいそうなのは誰か」を考えることです。そうした「現場で悩んでいる人」こそが、アポがとれて、最終的に契約に結びつく人なのです。
受付が取りついでくれなければ意味がありません。「どういったご用件でしょうか?」と聞かれたら、相手先企業にとって「どのようなメリットがあるのか」をきちんと伝えてください。受付の方も、「営業の電話はすべて切れ」といわれているわけではありません。自社に有益な電話だと判断すれば、適任者に取りついでくれるはずです。この「メリットトーク」は、15秒を目安に、数字などを使いながら効果を具体的に示すとよいでしょう。私がコンサルティングをした会社では、「オフィスサプライを定価から最大10%割り引くことができまして、コスト削減と購買システムのスリム化について情報提供をさせていただきたく、お電話をしました」というトークを実践していましたが、かなりの高確率でアポをいただくことができました。ここまで明確に伝えれば、確実にオフィスサプライの責任者につないでもらえます。
担当者に電話がつながったら、まず自分について名乗るわけですが、その際に重要なのが、「自分が提供できるメリットを際立たせること」と「自社のブランド化」です。15秒程度で短く伝えます。簡潔に、かつ確実に要点を伝えることで、顧客は「まず話を聞いてみよう」という気になるのです。
顧客に「直接会って話を聞いてみたい」と思わせるためには、「相手が悩んでいそうなこと」を指摘するのが効果的です。私はこれを「悩み図星トーク」と呼んでいます。たとえば、ホームページの制作会社なら、「ホームページのアクセスが少ないとか、売上につながらないとか、検索に引っかからないといったお悩みをもつ企業様が多いのですが、御社はいかがでしょうか?」と聞くのが効果的でしょう。3つほど悩みを挙げてみて、どこかで「ああ、そうですね」と共感する反応が返ってくるなら、アポイントのチャンスです。ここですかさず、「私どもで解決策をご提案できますので、ぜひ一度、情報収集のひとつとしてお話を聞いてみてください」といって、面談の時間設定に入りましょう。長々と商品説明をする必要はありません。それは実際に会った際に話せばよいことです。
電話で商談アポイントをとったときの面談までの時間設定は、原則「3日以内」と心得てください。それより先になると、相手の状況が変わりやすいからです。私のお気に入りのアポとりトークを紹介します。行くと決めつけてこういってきました。「今日の夕方と、明日の午前ではどちらがよろしいですか?」このように堂々ということで相手も話を聞くのが当然という気持ちになり、「今日の夕方なら……」と返答していただけることが意外と多かったのです。ですから、尻込みをせず、どんどん前倒しで時間設定をしていきましょう。
目標を自分流に変えることも大切です。1週間に3契約と考えると気が重くなって、仕事のスピードが落ち、成果も挙がらない。そこで、目標を比較的気分がラクなアポに変えたのです。もっとも、週12件新規のアポが取れれば、3件は契約が取れる。成果が同じなら、気分がラクなほうがいいですよね。
仕事が進まないのは、手つかずの仕事や雑事に気を取られ、目の前の仕事に集中していないからです。私は早朝にきっちり予定を立てることで、仕事に集中できるようにしています。
月単位だと期間が長すぎて、月初に気が抜けてしまいます。すると、月末になって焦り出す。焦るとお客様にそれが伝わり、ますます結果が出ない、という悪循環に陥りがちです。週単位なら、それが防げます。
営業していた頃は、1週間のうち前半の4日間でノルマが達成できるように仕事の予定を立てていました。仮に4日間で達成できなくても、あと3日ある、と思えるので、余裕をもって営業できる。この余裕の有無が、結果を大きく左右するのです。
営業の成功のポイントは「7割聞いて、3割話せ」です。情報収集することで相手を知り、そこで初めて自分の武器、つまり商品やサービスを出します。戦だって相手を知ることが最も大切なことです。情報収集することに営業成功の7割の秘訣が隠されているといっても過言ではありません。
パワーポイントのデータをすべてプリントアウトしてお客様に事前に渡してしまう人が良くいます。でもそうすると、お客様はパラパラと見るだけですべてがわかった気になって、こちらの話を真剣に聞いてくれなくなります。ですからいきなり全部お渡しするのではなく、30%程度に抜粋したものをプレゼン後に手渡しするようにしましょう。
商談が短い時間しかないのなら、お金の話や商品説明は後回しにして、次回のアポイントメントをとることに集中することが何よりも大切です。それにはやはり「また会いたい」と思わせられるかどうかがカギを握ってきます。そこで、相手を褒めあげて抱えている悩みや不安を引き出し、その解消につながりそうな成功事例を2つ提示することに徹するのです。ここまでならば5分あれば十分ですし、「うちにはどんな提案をしてくれるのか、もっと話を聞きたい」という気持ちに持っていけます。
多くの人は、テレアポで自社商品の良さを説明しようとします。しかし、それは大きな間違いです。テレアポの目的は、あくまでアポを取ることであって、商品の良さを理解してもらうためでもなければ、ましてや自分を気に入ってもらうことでもありません。
テレアポでアポを取るために何を話せばよいか。それは、相手に対するメリットです。お客様が興味を持つのは、「自分(もしくは自分の会社)に何をしてくれるのか?」「どんないいことがあるのか?」ということだけです。単なる商品説明には興味を持ちません。そして、メリットは15秒ほどの短いトークで簡潔に伝えること。ダラダラ話していると、「もう結構です」と電話を切られてしまいます。
たとえば「法人向け携帯電話のご紹介をさせてください」と言われても、相手は話を聞く気にはなりません。でも、「当社の携帯電話に切り替えることで大幅なコストダウンのお手伝いができます。毎月のコストが6万円から4万円になり、年間24万円の経費削減になった例もございます」といえば、相手は「ん?」と聞き耳を立ててくれます。このように、数字を交えて実例を挙げると、メリットが具体的に伝わります。すると相手も「そんなにいいことがあるのか。じゃあ、話を聞いてみようかな」という気になるのです。
初めて訪問を受けるお客様にとって一番嫌なのは、自分や自分の会社をまったく理解していない営業です。「この人はこちらのことを全然わかっていないな」と思うと、心も口も閉ざし、何も話してくれなくなります。まずは、相手にとって良き理解者になることを目指してください。
私はあなたを理解していますよと伝えるには、相手を認めるということが必要です。相手の存在や立場、気持ちなどを認め、その人や会社が素晴らしいことを認めるのです。
私はどの企業に行っても、名刺を交換したらすぐに「この部署は会社の心臓部なんでしょうね」と言います。相手の部署が総務でも経理でも営業でも、同じフレーズを言うのです。心臓部とは、なくてはならないという意味です。実際、会社にとって不要な部署などありませんから嘘ではありませんし、言われた方は悪い気はしません。このフレーズを言われた人は必ず、誇らしげな反応を見せます。
相手の話を促したり、相づちを打ったりする際に効果的なフレーズがあります。「すごい」「教えてください」「さすがですね!」の3つです。これらのフレーズは相手の「自分を尊敬してほしい」という力の欲求を満たすことができるので、相手が目上の人や有力者の場合はとくに有効です。これで相手は気持ちがよくなって、いろいろなことを喜んで話してくれるでしょう。
ライバルと比べるようなフレーズは、どんな場面でも慎むべきです。人は誰かと比べられることを嫌います。たとえ相手を持ち上げるためであっても、他社や他人を引き合いに出してはいけません。とくに同じ業界同士であれば、他社が抱えている不安要因や弱点も、目の前のお客様も同じように抱えていることが少なくありません。ライバル社を貶めることで、結果的に目の前の相手も貶してしまうことになりかねません。
お客様に商品やサービスを買ってもらうには、相手に欲しがらせればいいのです。相手に欲しがらせるために話すべきなのは、「メリット」と「未来像」です。メリットは「これを買ったら、自分の生活にどんな改善が得られるか」、未来像は「これを買ったら、こんなにいいことがある」という具体的なイメージです。
会社にとってのメリットだけでなく、いま話している担当者個人にとってもいいことがあるということまで伝える必要があります。たとえば「先日このシステムを導入した企業様は、大幅な経費削減ができました」で終わってしまっては、話を聞いている相手の心には響かないこともあります。さらに一歩進んで「会社が経費削減できたことで、あなたにとってもこんなにいいことがありますよ」という未来像まで示してあげる必要があります。
相手が男性の場合は、社会的成功につながる未来像を伝えると効果が高いようです。女性が多い部署なら、「このサービスをご利用いただいた企業様では、売上が30%アップしました。その利益分で、今年の夏は部署のみなさんで沖縄に社員旅行に行かれるそうですよ」といった楽しい未来像を伝えるのもよいでしょう。ここでは「あなたもこうなれますよ」とはひと言も言っていません。ですが、第三者話法で語られると、聞いた人は自分もそうなれるんだろうなと思ってしまう効果があります。「このサービスはお勧めです」と直接的なアピールをするより、この話し方の方がずっと相手に欲しがらせることができます。
私たちの日常は、大なり小なり駆け引きの繰り返しです。異なる主張を持った利益が相反する者同士が、大きく、大きく、あるいは小さく、双方が歩み寄る形で互いの接点を見つけ、合意に至るまでオフィスで、営業先で、家庭で、交渉のバトルを繰り広げています。
私は、生命保険、コンピュータ、英語教材と様々な商品の営業を経験したなかで、交渉を成功させるカギは、気持ちではなく、言葉を「行き渡らせる」ことにあると確信しています。相手の気持ちを慮るあまり、何も言えなくなってはいけませんし、以心伝心だなどと、言葉で伝えることを怠ってもいけません。
コミュニケーションの目的はただ一つ。人を動かすことです。駆け引きの達人は、言葉の使い方ひとつで自分の主張を通し、嫌な仕事を断り、お客様やスタッフを動かし、成果を出しています。無理強いせず、好感度を保ちつつ、自分の要求をすんなりと通す。一見矛盾しているように見える複数の課題も、実は言葉の選び方次第で、誰にでも現実可能になるのです。
お客様に商品を買って欲しい、上司に企画のゴーサインを出してほしいなど、意見を通したいとき「どうしても○○してほしいんです!」と切羽詰まった口調になった瞬間、あなたは交渉権を失ったも同然です。余裕がない状況であることを見破られ、その結果、大きく譲歩せざるをえない状況に陥ります。
契約を交わすには、相手の条件をすべて呑まなくてはならない。そんな契約なら破棄したほうがましかもしれません。
通常、依頼する立場は、それを受けるかどうかの主導権を相手に握られている弱い立場です。ところが、劣勢な状況を一瞬で優勢に転じることのできる言葉があります。「ご関心がない場合は、はっきりお断りください」。余裕を持ってこう言い切ると、形勢が逆転し、こちら側に場の主導権が移ることがあります。また、もともと買う気のない顧客を峻別することができ、時間の無駄がなくなります。
49件中1-30件を表示
次のページ ▶
ランダム
横井昭裕の名言5件 櫻井翔の名言76件 ウィリアム・ワーズワースの名言22件 モンゴメリーの名言5件 ムンクの名言4件 三宅義信の名言4件 北澤俊和の名言6件 品川正治の名言4件 ミハイル・ゴルバチョフの名言7件 林信秀の名言10件 シドニィ・スミスの名言1件 勝俣州和の名言3件 斉藤秀雄の名言1件 スチュワートの名言1件 内山興正の名言1件
ランダム表示
日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info