名言info

中内功の名言29件

相手を憎んで、け落とすようなことは、私の性格に合わない。敵も自分からつくらない代わりに、特定の人にべたべたとくっつくこともしない。あくまでも公明正大、堂々とわたりあう信念はある。
われわれの世代は、「働く」の反対語は「休む」である。ワークの反対はレスト、これでは創造的ではない。ワークの反対はプレイ。そして、この二つが両立してこそ、新しい文化が花開く。ワークを一生懸命やれば、プレイも命がけでする。それが、若者ではないか。
時代の先を行く者は必ず石をぶつけられる。イエス・キリストだってそうだ。私は流通革命というはりつけにあって、常に石をぶつけられてきた。
人間の能力にそんなに差はない。やる気さえあれば、誰でもたいていのことはできる。
一流主義より一番主義である。企業を伸ばすには絶対一番でなければならない。
ええ格好をするな!現実に足を地につけ、自分の身体で考えたこと以外はいうな!実践とは、自分で手を汚して最前線に出て、初めてわかる。
変化こそ機会の母である
人間とは本来弱いものだ。だが、信念とか使命感で行動する時は、なぜか果てしなく強くなる
古い体制から見れば、新しいものはすべていかがわしいのだ
いかがわしさがビジネスを飛躍させる。いかがわしいことをしよう。古い体制から見れば、新しいものはすべていかがわしいのだ。
馬鹿と天才とは、この世に存在することはまれである。全てが我々凡人の世界である。その中で半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つことが大切である。
変化こそ、機会の母である。
とにかく壁に体当たりしてみることだ。鋼鉄と思っていた壁が、実はボール紙製であるかもしれない。たとえ鋼鉄であっても、ダイナマイトで爆破すればよい。それが創造的姿勢というものだ
日本は全然豊かじゃないですよ。たしかに家庭用電気製品とかはいっぱい部屋にあるけれど、本当に生活をエンジョイするような時間的、空間的なゆとりがあるだろうか?日本人は何か後ろから追いかけられているような感じで、周囲が気になり自分自身を見失っています。
日常の生活の中にギラリと光る断面で、繰り返しのきかない場面にこそ人生がある。人間が生命をかける事業がそうである。自分を進んで危機に追い込んでいき、持てる全力を投入する。これが本当の人生である。
もはや手本はない。いまこそ主体的に変革を実行していくときである。企業家精神を大いに発揮し、痛みを伴いながらも、創造的で活力のある新時代を切り開いていく。それが日本経済を再生し、透明度の高い経済社会を作ることになる。
いままでは売り手側、作り手側の理論が工業化社会を支えてきたわけですから、ある意味ではやむをえません。しかし、生活者が自分の価値観で商品を選択するようになったからには、発想を転換しなければ生き残っていけません。時代はレディ・メイド(既製品、大量生産)から、オーダー・メイド(特注、少量生産)を基本とするポスト・インダストリアルの時代に移っています。その認識の立って、買う側の理論、使う側の理論を優先する時代を作っていくことは、企業に課せられた使命ではないでしょうか。
時代の流れから言って、かつてのような需要過剰、売り手市場の時代は二度と来ないと思います。景気は今、デフレ局面にあると言われていますが、これからは供給過剰、買い手市場が常態になる。そのような中で企業が存続していくには、買い手市場を前提とした新しいシステムを構築して、徹底的に消費者の理論に立って経営を推し進めていく以外にはありません。
落伍者とは、戦う心を失った人を言う。生きていること自体、なんらかの意味で戦う場である。
バカと天才とは、この世に存在することはまれである。すべてが我々凡人の世界である。そのなかで半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つことが大切である。
ええ恰好をするな。現実に足をつけ。自分の体で考えたこと以外は言うな。実践とは、自分で手を汚して最前線に出てはじめて分かる。
相手を憎んで、蹴落とすようなことは、私の性格に合わない。敵も自分から作らない代わりに、特定の人にべたべたとくっつくこともしない。あくまでも公明正大。堂々と渡り合う信念はある。
現実という壁の前に立った時、いたずらに壁の厚さのみを測ることがないだろうか。実行する前に言い訳を考えていないだろうか。とにかく壁に体当たりしてみることだ。鋼鉄と思っていた壁が、実は段ボール紙製であるかもしれない。たとえ鋼鉄であっても、ダイナマイトで爆破すればよい。それが創造的姿勢というものだ。
自分自身の人生を、エキサイティングなものにしていかなければいけない。人間の能力にそんなに差はない。やる気さえあれば、だれでもたいていのことはできる。むしろ我々は、常に完全なことができるんだというひとつの信念を持つことが必要だ。
我々の世代は「働く」の反対語は「休む」である。ワークの反対はレスト、これでは創造的ではない。ワークの反対はプレイ。そして、この二つが両立してこそ、新しい文化が花開く。ワークを一生懸命にやれば、プレイも命がけでする。それが若者ではないか。
ただ一度の人生。その限りある生命の空間を飾って一点に全力を傾注することに、美しさに似たものを覚える。流通業に身を置く経営者として、何はさておいても流通の近代化と取り組んでいくのが、私にとっての永遠のテーマである。命ある限り、全力投球を続けたい。
自ら信ずること少なき者が、他の人々に福音を説くことは不可能である。飛びくる矢にたじろがず、木石のごとき非情な精神を持たねばならぬ。
人間とは、本来弱いものだ。だが、信念とか使命感で行動するときは、なぜか果てしなく強くなる。
秩序の破壊なくして前進はない。
古い流通の仕組みを抜本的に改革して急成長を遂げたダイエーの経営哲学について語った言葉
中内 功(なかうち いさお、1922年8月2日 - 2005年9月19日)は実業家である。ダイエー創業者・元会長・社長・グループCEO。「いさお」は正確には「㓛(U+34DB、工偏に刀)」と書く。息子の中内潤は流通科学大学・学校法人中内学園の理事長。同じく中内正は元・福岡ソフトバンクホークス 福岡ダイエーホークスオーナーで、現在は読売ジャイアンツオーナー顧問。 大阪府西成郡(現・大阪市西成区)に父・秀雄、母・リエの長男として生まれる。父は大阪薬学専門学校(現・大阪大学薬学部)を卒業後、鈴木商店に入社し、退社後大阪で小さな薬屋をはじめた。母は神社の宮司の娘であった。祖父・栄は高知県矢井賀村(現・中土佐町)の士族の家に生まれ大阪医学校(現・大阪大学医学部)に学び卒業後、神戸で眼科医となった。ダイエーの(エイ)とは、祖父の名前の栄からとられたものである。
ランダム
渋谷陽一の名言11件 ウィリアム・シェイクスピアの名言248件 松沢幸一の名言45件 舛田光洋の名言9件 辰吉丈一郎の名言37件 藤冨雅則の名言12件 ヘンリー・ジョージの名言5件 山田敏夫の名言11件 加藤シヅエの名言4件 山海嘉之の名言10件 井上靖の名言2件 小栗上野介の名言2件 山田かまちの名言1件 ゼインの名言1件 兵藤和也の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info