名言info - 偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト

倉田百三の名言集・格言集 43件

42件中 1 - 30 件を表示

倉田 百三(くらた ひゃくぞう、男性、1891年2月23日 - 1943年2月12日)は、大正、昭和初期に活躍した日本の劇作家、評論家。超国家主義者。広島県庄原市出身。西田天香の一灯園で深い信仰生活を送る。広島県立三次中学校(現広島県立三次高等学校)から第一高等学校 (旧制) 第一高等学校へ進むが21歳で肺結核を患いを中退。以後40余歳まで闘病生活が続く。病床で執筆活動を続け、『出家とその弟子』や『愛と認識との出発』など生命力みなぎる青春文学を世に送り出した。 『出家とその弟子』 :鎌倉時代に浄土真宗を創始した親鸞とその弟子唯円との物語を描いた戯曲。明治時代以降の最大の宗教文学と評価されている。歎異抄を下敷きにしているがキリスト教の影響を強く受けており、単に宗教文学の枠に収まらず、自己の内面を深くえぐり出して矛盾や弱さを赤裸々に描いた。1916年(大正5年)、犬養健らとともに創刊した同人誌『生命の川』にて発表。翌年岩波書店より出版。発表とともに当時の青年たちに熱狂的に支持され、大ベストセラーとなった。世界各国で翻訳され、フランスの文豪ロマン・ロランが絶賛したことでも有名である。

偉人・有名人の名言集・格言集

もっと見る

日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!