名言info

上杉謙信の名言38件

心に物なき時は心広く体泰(やすらか)なり。
心に孝行ある時は、忠節厚し。
心に曇(くもり)なき時は、心静かなり。
心に堪忍ある時は、事を調(ととの)ふ。
心に怒りなき時は、言葉和(やわ)らかなり。
心に貪(むさぼ)りなき時は、人に諂(へつら)ふことなし。
心に誤りなき時は人を畏(おそ)れず。
心に驕(おご)りなき時は、人を敬ふ。
心に私なき時は疑ふことなし。
勝つといえども驕(おご)るなかれ、敗れるといえども怖(おそ)るべからず。
宝在心(宝は心にあり)
昔時の名将は、暑日に扇をとらず、寒日に衣をかさねず、雨の日に笠を用いずして、士卒への礼とす。
心に迷ひなき時は、人を咎(とが)めず。
死なんと思えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり。家を出るより帰らじと思えば又(また)帰る。帰ると思えば亦(また)帰らぬものなり。
莫大の働きをしてその名隠れ埋(もむ)るとも、心を証(あかし)とすれば、則ち恨(うらみ)なし。
心に自慢なき時は、人の善を知る。
生を必(ひっ)するものは死し、死を必するものは生く。
戦場の働きばかりで知行を多く与え、人の長としてはならない。
争うべきは弓箭(ゆみや)にあり、米・塩にあらず。
我は兵を以(もっ)て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむる事をせじ。
心に孝行ある時は忠節厚し
争うべきは弓矢にあり。米、塩にあらず
人の上に立つ者の一言は、深き思慮を伴っていなければならない。軽率な発言などもってのほかである。
自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。
大事なのは義理の二字である。死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。
四十九年一睡の夢一期の栄華一盃の酒
心に気にかかる物のない時は、心は広く体も安らかである。心にわがままのない時は、相手への愛と敬いの心を失わない。心に欲のない時は、道理ある正しい道を進む。心に私がない時は、疑うことしない。心に驕りがない時は、人を尊ぶ。心に誤りがない時は、人を畏れない。心に邪見がない時は、人を育てる。心に貪りがない時は、人に諂うことがない。心に怒りのない時は、言葉は和やかである。心に堪忍がある時は、物事を調えられる。心に曇りがない時は、心は静かである。心に勇がある時は、悔やむことがない。心が賤しくない時は、無理な願いをしない。心に親への孝行心がある時は、主への忠節も厚い。心に自慢のない時は、人の善を知り。心に迷いのない時は、人を咎めない。
心に勇ある時は、悔やむことなし
生を必する者は死し、死を必する者は生く
上策は敵も察知す。われ下策をとり、死地に入って敵の後巻を断たん
38件中1-30件を表示
次のページ ▶
氏名 上杉謙信 時代 戦国時代 (日本) 戦国時代 生誕 享禄3年1月21日 (旧暦) 1月21日(1530年2月18日) 死没 天正6年3月13日 (旧暦) 3月13日(1578年4月19日) 改名 虎千代(幼名)→長尾景虎→上杉政虎 →輝虎→不識庵謙信(号) 別名 仮名 (通称) 通称:平三法名:宗心尊称:御実城様渾名:越後の虎、越後の龍、聖将、義将、軍神 戒名 不識院殿真光謙信 墓所 上杉家廟所、林泉寺 (上越市) 春日山林泉寺、高野山ほか 官位 従五位 従五位下、弾正台 弾正少弼、贈従二位 幕府 室町幕府:越後守護代→関東管領 主君 上杉定実→上杉憲政 憲政→足利義輝→足利義昭 氏族 長尾氏(桓武平氏 平姓)→上杉氏(藤原氏 藤原姓) 父母 父:長尾為景、母:青岩院 青岩院(虎御前)養父:”長尾晴景”、”上杉憲政”
ランダム
太田光の名言27件 マックス・ヴェーバーの名言7件 江田麻季子の名言6件 上條努の名言8件 大谷晋二郎の名言4件 ジミー・ウェールズの名言6件 中野重治の名言14件 ワイルドの名言77件 竹内弘高の名言7件 金谷宏の名言6件 飯田亮の名言3件 へレン・ガーリー・ブラウンの名言1件 ルイーズ・L・ヘイの名言1件 レーニンの名言1件 ボワンスロの名言2件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info