名言info

豊田喜一郎の名言37件

現場で考え研究せよ
千百の発明の中、実際に利得を勝ちうるのは二、三にすぎないであろう。しかし、その一つでも千百の犠牲よりも尊いであろう。それよりもっと尊いのは、ある目的に向って努力する努力心である。
現場で考え、研究せよ。
(株式会社豊田自動織機製作所が設立され、常務取締役に就任した頃に語った言葉)私たちはやがて自動織機をつくり、さらに紡機をつくります。紡機ができて軌道に乗ったら自動車をつくります
一旦トヨタから出した車は、何処が悪くても全責任を負わなければなりません。それを他の部分に罪を着せずに、自家製品の悪いところを言い逃れの出来ぬ様にさせると云う事は、自分自身の製品に自信をつける最も大事な事であります
一生懸命働けばわれわれも生活の安定ができましょう。こうした田園工場で愉快に働いて、その製品がお国のためになれば、われわわは満足であります
作ってやる、売ってやるではいけない。買ってもらう、作らしてもらっている、という気持ちでなくてはいけない
汽車に乗るのに一分のことで乗り遅れたというが、一分どころか一秒だって遅れたら汽車には乗れない。かといって、駅に行くのが早すぎれば、汽車が来るまでぼんやりと待っていなければならず、時間の無駄である。つまり、私のいう『ジャスト・イン・タイム』とは、間に合うというだけの意味ではない。余分なものを間に合わせても仕方がないんだ
一本のピンもその働きは国家につながる
エンジニアは一日にして出来るものではない。有無無象が集まって出来るものではない。数百人のエンジニアを保護し、生活の安定と研究の自由を与えることが必要であって、その経費も決して高いものではないと思う
同じ物を千個作ると、たいがいの職工は手がなれて間違いのない物を作るようになります。最初の数百個の中には良い物もできますが、手が定まるまではこれを捨てるくらいの覚悟は必要であります
現場で考え、現場で研究せよ
こうした片田舎を選んだのは質素な職工を養成して着実に仕事ができるようにして、安くてよい車を作りたいからであります。一生懸命働けば われわれも生活の安定ができましょう。こうした田園工場で愉快に働いて、その製品がお国のためになれば、われわわは満足であります。そうした考えからわれわれは田舎に引っ込んで孜々として働くつもりであります。たとえ田舎の地であっても、わが国の自動車界のトップを切ってゆくだけの斬新な工場を建設したいと思います
私が憂慮しているのは、諸先輩の努力で確立した「ゆるぎなき自信と自負」が「慢心」に転化していないか、これまで当然見えていたものが、当たり前として見えなくなっていないか、また、「安易な習慣化」により努力が適切に評価されなかったり、チャレンジ精神をむしばんでいないか、ということである
機械は人間と一体になって完全になる
今日の失敗は工夫を続けてさえいれば、必ず明日の成功に結びつく
私は素寒貧になってもやる。仲間になってくれ
(戦後まもなく、一面の焼け野原の中で抱いた思い)木や紙でつくった燃える家ではダメだ・・・人は誰でも皆、ある一定水準以上の住宅に住むべきだ
(工場視察に訪れた陸軍大臣の「将来自動車は幾らでも要るからドンドン作って貰いたい」という言葉への返答)現在私の工場でも幾らでも作りたいと思って居ますが、自動車を作る工作機械は大部分外国から輸入するものであって、自動車や飛行機等直接陸軍に必要なものに対しては、社会も政治家も保護奨励をされるけれども、自動車や飛行機を製作する根本のものは工作機械であるのに、その方面に力を入れられないと云う事は、日本の政治家が真に工業というものを理解されて居ないからではないでせう か 〜以下略
現地現物
自分で手を汚す
今日の失敗は、工夫を続けてさえいれば、必ず明日の成功に結びつく
技術は金で買えない。個別の技術ですぐれたモノは海外から導入してもいいが、大きな技術の体系、産業としてのシステムは、自前で組み上げないと決して定着しない
どうせやるなら、世人の一番難しいという、大衆乗用車を作ってみようという立場からやりたかったのです
勿論、人のやったものをそのまま輸入する必要もありますが、何と云っても、苦心してそこまでもって行った者には尚それをよりよく進歩させる力があります。人のものをそのまま受け継いだものには、楽をしてそれだけの知識を得ただけに、さらに進んで進歩させる力や迫力には欠けるものであります。日本の真の工業の独立をはからんとすれば、この迫力を養わなければなりません
誰もあまりやらない、またやり難い事業をものにするところに人生の面白味がある
(工場で部下とかわした言葉、佐吉の発したものを受け継いでのもの)できないという前に、まずやってみろ
言った通りにやれ、それでできなくても文句はいわぬ
(佐吉翁の「余り深入りするな、早く本業の紡績に移れ」に対してのの返答)しかし技術者には一つの意地がある。やりかかったらそれを完成して見たいという意地である
我々日本人の誰かが自動車工業を確立しなければ、日本 のあらゆる民族産業が育ちません。それは別にトヨタでなくともいい。けれども現状のままでは、カナダがフォードのノックダウン生産(部品を輸入し組立だけを国内で行 う)に占領されて自動車工業など芽もないように....日本も同じ道をたどります。引いては日本の工業が全部アメリカの隷属下に入り、日本は永久にアメリカの経済的植民地になってしまいます
37件中1-30件を表示
次のページ ▶
豊田 喜一郎(とよだ きいちろう、1894年6月11日 - 1952年3月27日)は、実業家で、トヨタ自動車の創業者。 父は、豊田自動織機創業者の豊田佐吉。旧制明倫中学(現愛知県立明和高等学校)、第二高等学校を経て、東京帝国大学工学部機械工学科卒業。長男はトヨタ自動車名誉会長(第6代社長)の豊田章一郎。次男は相談役(第7代社長)の豊田達郎。従兄弟は最高顧問(第5代社長)の豊田英二。 愛知県豊田市(挙母市)の発展に大きく貢献した実績から、豊田市役所の広場には銅像が立てられている。 豊田喜一郎伝(和田一夫 由井常彦 トヨタ自動車歴史文化部 名古屋大学出版会) 「G型無停止杼換式豊田自動織機は、実は豊田佐吉ではなく豊田喜一郎が開発を手掛けていた」など、これまでの“通説”を覆す記載がある。ISBN 4815804303
ランダム
ピタゴラスの名言40件 カール・ルイスの名言11件 マシュー・アーノルドの名言6件 北島康介の名言23件 井植歳男の名言36件 山根多恵の名言7件 近藤大輔の名言6件 マキャベリの名言86件 ヴィニィの名言10件 千葉智之の名言12件 江島其磧の名言2件 シバの名言1件 アルバートシュヴァイツァーの名言2件 Charの名言1件 マリー・テレーズの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info