名言info

畑正憲の名言6件

私はね、“痛みを感じない”というように、自分をしつけてるんですよ
ライオンに指を喰いちぎられ、「ずいぶん痛かったでしょう?」の問いにテレビ朝日 『徹子の部屋』2003.10.22
このくらいはね、もう本当に私にとっては蚊に刺されたくらいのものかもしれませんね
ライオンに指を喰いちぎられテレビ朝日 『徹子の部屋』2003.10.22
これは殺されてもいいと思いましたね
アフリカでチーターに遭遇し、その美しさに感動してテレビ朝日 『徹子の部屋』2003.10.22
私は前のめりで死にたい
恋は一粒の種。気まぐれと偶然が、黒い土の上に置いた種子であろう。それを育てる太陽や風や雨は、ごくささいなつまらぬ行動である
一目惚れの段階を過ぎ、恋愛といわれるようになったら、維持するための不断の努力が必要である。絶えず肥料をほどこさない愛は枯れてしまう。恋は一粒の種子。気まぐれと偶然が、黒い土の上に置いた種子であろう。それを育てる太陽や風や雨は、ごくささいなつまらぬ行動である。互いにかわすささやきや、指の触れ合いや、視線の交差。生きていてほんのちょっとぶつかり合うだけで、続いてさえいるなら、いつかは大樹になる。
畑 正憲(はた まさのり、男性、1935年4月17日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、生物学者。愛称、「ムツゴロウ」。日本エッセイスト・クラブ賞(1968年第16回)、菊池寛賞(1977年第25回)受賞。 福岡県福岡市生まれ。その後父が満州国に医師として赴任したため、幼年時代を満蒙開拓団の村で育つ。太平洋戦争のさなかに兄の受験に同行して帰国、中学、高校時代を父親の郷里である大分県日田市で過ごす。この間、終戦を迎え、満蒙開拓団の幼馴染はほとんどソビエト連邦 ソ連軍の攻撃を受け集団自決で死亡、両親と弟だけが必死の逃避行の末帰国を果たす。このことにより、両親と生死を共にした弟と、日本で安全に暮らしていた自分との間に深い溝を感じるようになり、また幼馴染をほとんど全て集団自決で亡くしたことによる、根深い人間不信、人間嫌いの心情を抱くようになったことを、自分自身の随筆やインタビュー記事で告白している。これは、元来の自然史好きの傾向にくわえて、コンラート・ローレンツとの対談で自らを「クレイジー」と言わしめるほどの動物好きに傾斜していったことと無関係ではないかもしれない。
ランダム
野茂英雄の名言18件 樋口武男の名言80件 マリー・キュリーの名言13件 佐野元春の名言34件 草野顕之の名言5件 山崎亮の名言13件 サント・ブーヴの名言18件 香山誠の名言5件 竹中平蔵の名言40件 森本千賀子の名言6件 ヘルマン・ブロックの名言2件 オスカーレバントの名言1件 森本昌義の名言1件 エリック・シーガルの名言2件 キャロル・アドリエンヌの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info