名言info

エリック・シュミットの名言35件

技術的な転位(大変化)は、常に勝者と敗者を生む。勝者とは、より早くその技術を導入できる企業であり、敗者は、立ち往生し、転換をはかれず、新たな技術をうまく使いこなせない企業だ。
会社は答えによってではなく、質問によって運営している。(中略)ずばりその通りの答えを提示するのではなく、質問をすることによって会話が刺激される。会話からイノベーションが生まれる。
イノベーションというものは、ある日朝起きて「私はイノベートしたい」と言って生まれるようなものじゃない。質問として問うことで、よりイノベーティブなカルチャーが生まれるのだ。
大事なのは間違いを認めすぐに修正することだ。修正すると、2回目は1回目より格段に優れたものになることはよくある。通常の会社では、最初は駄目だとやめろということになるが、私達は逆に駄目だったことを喜ぶ。
インターネットは、人間の最も基本的な要求、つまり知識欲と、コミュニケーションをはかること、そして帰属意識を満たすことを助けるものである。
集団は個人より賢い
『クリエイティブになれ!』と部下を叱咤しても、クリエイティブにはならない
リーダーにとって最も重要な資質は、人の意見を聞いて学ぶ能力だ。誰もすべてを知ることはできないからだ。世界はとても速く変わっている。同僚の話を聞くことがチャンスを得ることにつながるのだ
仕事を決めるときの基準は一つしかない。それは成長、それも急成長だ。会社がハイペースで成長していれば、いまいる人間がこなせる以上の仕事がどんどん湧いてくる。反対に会社が伸び悩んだり横這いになっていたりしたら、仕事は減り、人間のほうが仕事より多くなる。そうなると社内の空気は淀み、ごますりや駆け引きが横行し、士気は低下する。もしロケットの一席をオファーされたら、どの席かなんて訊かないだろ。すぐ乗り込むはずだ
皆さんの世代を、コンピュータスクリーンの前で1日のほとんどを過ごし、常に何か、または誰かと繋がっている、と嘆く人もいます。彼らは間違っています。繋がっていられるのは、嘆くことではなく、感謝すべきことなのです
人は、「クリエイティブになれ」と命令されても駄目なんです。私達は、「こんなアイデアがあるんだけどどう思う?」と言います
クリエイティブなアイデアを得るためには、間違いを許すことが大切だ
モバイルについて危機感を覚え、「アンドロイド」を開発した。私がCEO(最高経営責任者)だった時代はまだ収益を上げることができなかったが、グーグルにとって戦略的でコアになるプロダクトだと考え、重点的に投資を続けてきた。「グーグルX」で自運転車のプロジェクトを立ち上げたのも危機感からだ。
近い将来、何かを忘れるということがなくなります。なぜならコンピューターが覚えているからです。もうわからなくなることはありません。
今日のGoogleは人々をインターネットに繋ぎ、80年前にラジオがそうしたのと同じように、世界を開きました。今回の私の講演は1930年のアルバート・アインシュタインの基調講演と共鳴するものです。アインシュタインは、当時の新技術であったラジオについてこう言いました、「技術がコミュニケーションを可能にし、コミュニケーションが人々を繋ぐ」と。
戦略や新製品を展開する主導権を握っているのは、2人のGoogle創設者か、もしくはごく少数のメンバーで構成している技術チームだ。おかげでGoogleはきわめてスピーディーに改革を進めることができるし、これがわが社の最大の強みになっている。
ブログのようなセルフパブリッシング(個人の情報発信)は「ヒューマン・コミュニケーションの次の大きな潮流になる」とわたしは信じている。
われわれはみんなテクノロジーについて楽観主義者であること。人々はテクノロジの未来は偉大だと信じていて、それに疑問を差し挟む者はいない。
IT産業は供給によって制限されているのではなく、需要によって制限されていること。われわれの製造能力とすばらしい技術革新があれば、人々の望むだけの量を生産することが可能だからだ。受注残が出ることはない。
マーケティング予算は企業国家アメリカで、最後まで説明のつかない支出である。
アイデアがあるのならやってみなよ、10人に聞いてみて駄目だったら又やり直せばいい。
集団は個人より賢い。リーダーにとって最も重要な資質は聞いて学ぶ能力です。なぜならば誰も全てを知る事は出来ないからです。
重要なのは、グーグルの文化を維持することです。グーグルの文化とは、ユーザーを最優先し、製品の質と操作性を絶えず向上させることです。
最終的に目指すのは情報集めの検索ではなく、情報の意味を本当に理解できるようなサービスです。
クリエイティブになれ!と部下に叱咤してクリエイティブにはならない。
Googleは、常に変わっていき、新しいモデルに適応していく会社だ。広告モデルに関しても、どれだけクリックされたのかをベースに価格設定するというユニークな方法を採っている。
大事なのはアイディアの間違いを認めすぐに修正すること。
効率的な会議をする4ステップ


まず会議では「何が起きているのか?」とみんなに尋ねる。

それから「私はこう思うけど?」といって反論や意見をしばらく待つ。

結果的に参加している人みんなを巻き込んだ議論に導く。

最後に彼の意見が正しいと思うか、否かを聞いて、その全体の意見に従う。
部下が企画を持ち込んできた時の対処法


提案されたらすぐに「すばらしい、やってみたら」と言う。

しばらく経ってから「あの件はどうなっているの?」と聞いたり、メールを送る。

このように、社員からのアイディアを聞いて覚えておく。

聞いたアイディアを結びつける。
Googleには大きな秘密がある。当社は世の中で思われているほど型破りな企業ではない。われわれのやリ方には独特なものも多いが、そのほかの 点については事業は全く伝統的な方法で進められている。ごく一般的な財務システムとITシステムを備え、独立した取締役会を持っている。
35件中1-30件を表示
次のページ ▶
エリック・シュミット(Eric Emerson Schmidt、1955年 - )は、アメリカ合衆国の実業家。 プリンストン大学で電気工学の理学士号を、カリフォルニア大学バークレー校で情報工学の修士 (学位) 修士号および博士 (学術) 博士号を取得した。シュミットはlexの開発者の一人だった。 元米パロアルト研究所の情報工学研究所の研究員で、米ベル研究所と米ザイログ社に在籍していたこともある。1983年にソフトウェアマネージャーとして米サン・マイクロシステムズ社に入社。Java言語の開発を導き、後に最高技術責任者と執行役員を兼任した。 1997年から2001年まで米ノベル (企業) ノベル社の最高経営責任者を務め、米ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ社を買収した後退社。Googleの創設者であるラリー・ページとセルゲイ・ブリンは2001年、ベンチャーキャピタリストのジョン・ドーア、マイケル・モリッツらの勧めでシュミットを採用した。
ランダム
野田稔の名言7件 松本南海雄の名言7件 ワーズワースの名言12件 徳富蘇峰の名言6件 大西鐵之祐の名言4件 尾原蓉子の名言6件 ナナリー・ジョンソンの名言4件 ポール・ビソネットの名言4件 己之上潤二の名言4件 アウレリウスの名言112件 ビリー・ブランクスの名言3件 佐藤伸治の名言1件 チャーリー・シーンの名言1件 南幸治の名言1件 上山保彦の名言2件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info