名言info

荀子の名言33件

富を欲するか、恥を忍べ、傾絶せよ。故旧を絶ちて義に背け。
我に諂諛(てんゆ)する者は吾が賊なり。
君子は物を役(えき)し、小人は物に役せらる。
吾の短なる所を用いて、人の長ぜる所に遇(あた)ること無かれ
上学は神で聴き、中学は心で聴き、下学は耳で聴く。
公(こう)は明(めい)を生ず、偏りは闇を生ず
迷う者は路(みち)を問わず、溺るる者は遂(あさせ)を問わず
死を軽んじて暴なるは、これ小人の勇なり。死を重んじ、義を持たしてたゆまざるは、これ君子の勇なり。
小人の学は耳より入りて口より出ず。
学問は飛耳長目の道
源(みなもと)清ければ流れ清し
道は爾(ちか)しと雖(いえど)も行(ゆ)かざれば至らず
人の性は悪にして、その善なるは偽なり。
勝に急にして敗を忘るるなかれ
自ら知る者は人を怨まず
治人有れども、治法無し。
流言は智者に止まる。
是是非非(ぜぜひひ)
青は藍より出でて藍より青し
我を非として当(むか)う者は吾が師なり。
終身の楽しみありて一日の憂いなし。
是を是とし、非を非とする、これを智といい
その人を知りたければ、その友人を見なさい。(原文:その子を知らざればその友を視みよ。その君を知らざればその左右を視よ。)
一生の目標があれば、日々の小さな失敗など気にならなくなる。(原文:終身の楽しみありて、一日の憂いなし。)
達成するまでの道がどんなに近くても、まず足を踏み出さなければ、行き着くことは出来ない。その物事がどんなに小さなことであっても、はじめなければ完成しない。(原文…道は近しといえども行かざれば至らず。事は小なりといえども、為さざれば成らず。)
素晴らしい人間性というのは、その人間が後天的に、努力によって身に付けていくものである。
精神を込めて学ぶ。これが最上である。学んだことを心に留める。これはあたりまえのことである。読むだけ、見るだけ、聞くだけというのは、学びではない。(原文…上学は神で聴き、中学は心で聴き、下学は耳で聴く。)
迷いながら物事を行えば必ず失敗する。物事を行う時は、決断してから行うこと。(原文…疑を以て疑を決すれば、決必ず当たらず。)
君子は物を役し、小人は物に役せらる
人の本性は不定なり。一つの所を渦まく水のごとし。東の方へ切り開けば水は東方へ流れ、西片に切り開けば西片に流れる
33件中1-30件を表示
次のページ ▶
荀子(じゅんし)は、中国の戦国時代 (中国) 戦国時代末の思想家・儒学者。名は況、字は卿。紀元前四世紀末、趙 (戦国) 趙に生まれる斉 (春秋) 斉の襄王 (斉) 襄王に仕え、その稷下の学の祭酒(学長職)に任ぜられる。後に、讒言のため斉をさり、楚 (春秋) 楚の宰相春申君に用いられて、蘭陵の令となり、任を辞した後もその地に滞まった。後漢の荀イク 荀彧・荀攸はその末裔に当たると言う。 『荀子』 - 「藍より出でし青は藍より青し・・」の書き出しで有名である。当初は「孫卿新書」という名の12巻の書物だったが、唐の楊倞により篇され、注釈を加えた20巻となり、「荀子」と改められた。人間の性は悪だが、後天的努力(すなわち学問を修める)ことにより矯正することができるとする性悪説を説き、孟子の云う性善説を批判した。また儒家の云う「天」を自然現象であるとして、それまでの儒家の思想に変化を齎した。礼・義による人間規制を重く見た思想が弟子の韓非や李斯へと受け継がれ法家思想を生み出す契機となった。
ランダム
カトーの名言7件 山名昌衛の名言6件 デットマール・クラマーの名言8件 進藤貞和の名言9件 エドワード・ヴァン・ヘイレンの名言5件 辰吉丈一郎の名言37件 斉須政雄の名言6件 ロマン・ロランの名言111件 吉原知子の名言6件 ジュベールの名言12件 朴セリの名言1件 アンティステヌスの名言1件 サミュエル・ピープスの名言1件 マッコーレーの名言2件 E・L・ドクトロウの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info