名言info

諸葛亮の名言30件

立派な人間の友情は、温かいからといって花を増やすこともなければ、寒いからといって葉を落とすこともない。どんな時でも衰えず、順境と逆境を経験して、友情はいよいよ堅固なものになっていく。
好機を捉える方法は、不意打ちが一番良い
危急存亡の秋(危険が迫り、生きるか死ぬかの瀬戸際)
相勧むるに刑賞を以ってす、此れ必勝の徴なり(お互いに勇気を競いお互いに励ましあい、信賞必罰が行なわれそれを励みとしているのは、必ず勝つという徴候である)
夫れ将は、人命の懸かる所なり(将とは、部下の命・勝敗の行方・軍の運命をその手に握っているものである)
古の善き将は、人を養うこと己が子を養うが如し(昔のよき将は、部下に接することまるで自分の子供に接するが如しであった)
夫れ三軍の行は、必ず賓客有り(軍の編成においては必ず幕僚を用いて、得失を議論させ、将の参考として用いるべきである)
先ず動きて後に用い、無刑に刑するは、此れ用兵の智なるものなり(もし難を易に変え、大事を小事にとどめ、常に機先を制し、厳刑によってよく治め実際に刑が用いられることがないようにできれば、これらは用兵の智といえるだろう)
北狄は城郭無きに居り、水草を随逐す(北狄は城郭のないところに住み、水草のあるところを求めて移住する)
西戎の性、勇悍にして利を好む(西戎の性質は、勇敢で利を好み、あるときは城内にこもり、あるときは野外に出て戦い、兵糧は少ないが財貨は多く、従って人々は勇ましく戦うので、なかなか負けない)
南蛮は多種、性は教ふるあたわず(南蛮は種類が多く、性質は教化に従わず、朋党を組むが、意見が合わなければ攻めあう)
東夷の性、礼薄く義少なく、捍急にしてよく闘う(東夷の民族性は、礼が疎かで義を守らず、強壮で戦闘に優れている)
少を以って衆を撃つは、日の暮るるを以って利とす(寡兵で多くの兵を撃つ場合には、日暮れ時に利がある)
此れに由りて之を観れば、強弱の形、以って決するべし(これらによって両者の力を比較すれば、強弱の情勢について、明確に結論を出すことができる)
戦士の能く勇なるは、其の備えを恃めばなり(戦士が勇敢に戦えるのは、その備えが十分だからである)
天に二日無く、地に二王無し(空に太陽が二つ無いのと同じで、地(民)に二人の王はいらない)
天の与うるに取らずんば、反ってその咎を受く(天の恩恵を受けなければ天の不興をかう ー 好機を逃せば、好機は二度と巡って来ないばかりか同じ重さの罰を受ける)
夫れ地勢は、兵の助なり(地勢というものは、軍の助けとなるものであり、戦場を知らずに勝ちを得たものなど、未だにいないのである)
夫将には勇にして死を軽んずる者有り(将には、勇んで死を軽んじる者がいる)
古の善く闘う者は、必ず先ず敵情を探り而して後に之を図る(昔の戦闘に優れた者は、必ず前もって敵情を探ってから計略をかける)
夫れ師を出し軍を行なうは、整を以って勝ちと為す(そもそも軍を出す場合には、統制を重視するべきである)
小善を必ず録し、小功を必ず賞せば、則ち士勧まざる無し(小さな善行でも必ず記録し、小さな功でも必ず賞すれば、部下はすすんで働かないことがない)
聖人は天に則り、賢者は地に法り、智者は古に則る(聖人は天の法則に従い、賢者は地の理に従い、智者は古の教訓に従う)
夫れ林戦の道は、昼は旌旗を広げ、夜は金鼓を多くす(山林地帯での戦の心得は、昼は旌旗をたくさん掲げ、夜は金鼓の合図を多くしなくてはならない)
夫れ用兵の道は、人の和に在り(兵を統率する心得は、人の和を得ることにあり、人の和があれば命令されなくても人々は自ら戦おうとするようになる)
夫れ兵起ちて静かなるものは、其の険を恃むるなり(軍を出したのに目立った動きを見せないのは、天険を恃んでいるのである)
夏に扇を操らず、雨に蓋を張らず、衆と同じくするなり(夏でも扇子で扇いだりせず、雨でも傘を張らず、全て部下たちと同じようにしなくてはならない)
臣、敢えて股肱の力を竭し、忠貞の節を効し、これに継ぐに死をもってせん(私はあくまでも手足(臣下)として力を尽くし、忠誠の操を捧げ、命に代えてもお守りする所存です)
志は当に高遠に存すべし(志はどこまでも高く掲げねばならない)
勤めて我が欠点を攻めよ(私の欠点を見つけたらすぐに指摘してください)
諸葛 亮(しょかつ りょう、181年 - 234年)は、中国後漢末期から三国時代 (中国) 三国時代の蜀 蜀漢の政治家・武将・軍師 軍略家・発明家。字は孔明(こうめい)。 司隷校尉諸葛豊の子孫。泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。蜀漢の建国者である劉備の創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。伏龍、臥龍とも呼ばれる。今も成都には諸葛亮を祀る武侯祠があり、多くの観光客が訪れている。 妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹(成都付近)で戦死した諸葛瞻。孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。親族として従父(叔父)の豫章太守諸葛玄、兄で呉 (三国) 呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。一族には、魏 (三国) 魏に仕えた諸葛誕・諸葛緒・諸葛璋・諸葛虔・諸葛原(景春)らがいる。
ランダム
グロリア・スタイネムの名言4件 沼田昭二の名言4件 村尾信尚の名言13件 ジョセフ・ジュベールの名言56件 大竹一樹の名言6件 石田孝の名言15件 松田憲幸の名言22件 根本次郎の名言5件 リットンの名言11件 綾戸智恵の名言44件 ウィリアム・フォードの名言1件 吉川ひなのの名言1件 杉元崇将の名言1件 和田豊の名言1件 柴田勝家の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info