名言info

伊坂幸太郎の名言99件

人間というのはどうしてこうもつまらないことに差異を見出して、優越感を覚えようとするのだ。
人間は、幻滅を感じるのが、つらい
未来は神様のレシピで決まる
小山内さんの陳腐な言葉を借りれば、調査官とは、「法律に通じながらも、それを度外視したところで少年と対話をする人」らしい。陣内さんの言葉によれば、調査官とは、「拳銃を隠し持った牧師」だそうだ
二十八歳が、「中年」の仲間かどうかなんて、「シロアリは蟻の一種ではなくて、むしろゴキブリの仲間である」というのと同じくらいに、日常生活にはあまり影響のない話だ
そういうのはさ、スランプ中のバッターに、キャッチャーのサインを盗んで教えるのと一緒なんだよ。その場しのぎなんだ。選手に本当に必要なのは、狂ったバッティングフォームを直してあげることなのに
黄金時代が現代であったためしはない。いつだって黄金時代は、その時代には気がつかず、後になってはじめて、「あの時は良かったな」と分かるもの、そういう意味なのだろう。もしくは、まだ見ぬ未来にだけ存在している、ということか
あれだけ俺に痛い思いをさせられて、まだ、白を切っていたなら、たぶん、来年あたり、あいつらの本が出るよ。偉人伝が
国家が望めば、国家が生き長らえるためなら、殺人も合法となるんだよ。国民のためにそうなってるわけじゃない。全部、国家のためだ
子供が寝ている間に、両親が話し合いを続けて、で、離婚が決まってから発表されるってのと一緒だ。国ってのは必要最低限のことしか、国民には教えようとしない
けどな、教師たちは何もできないんだよ。『やめなさい』『暴力は駄目です』なんて口で言うだけなんだ。あれで教育できるって言うんだったら、あの教師たちは今すぐ紛争地域に行って、マイクで、『やめなさい』って叫ぶべきだったな
だってさ、人間は情報ではできていないのよ。その人の情報がどれだけ集まっても、その人間はできあがらない。逆に考えれば、情報がいくら漏れても、実はその人間が死ぬようなことにはならないはずなんだって
痛みってのは脳への危険信号だ。非常ベルだな。そいつに慣れて、麻痺すれば、あんまり関係ねえよ。ああ痛いな、って思うだけだ。ああ鳴ってるな、ってな。小学校の非常ベルだ
昔は良かった、とかよく言うけど、昔も良くはねえんだよ。いつだって、現代ってのは良くなくて、だからな、俺たちは自分の生きているその時と向き合わないといけねえんだ。音楽も映画も、その時の自分たちの時代と立ち向かうために作られたものなんだよ。チャップリンの、『独裁者』にしたって、今見たら、ただの説教臭いコントだけどな、当時は命がけだ。ジョン・レノンの『イマジン』だって、当時の社会に向かって投げられただけだ
コップ半分の水を見て、「まだ半分もある」と述べることも、「もう半分しかない」と述べることも可能なように、情報や統計は見せ方により、どんなものの根拠にも使える
ねえ、蛙が爬虫類館にいるなんて、おかしいよね」千穂は何事にも規則や秩序を求める性格で、たとえば、緑黄色野菜の仲間に、人参が含まれること自体、あれは緑でも黄色でもないよね、と苛立つくらいだったので、承知しかねるという顔で、僕の脇腹を突いた
ふいに有名な言葉を思い出した。「愛するとは、お互いに見つめ合うのではなくて、同じ方向を見つめることである」という、あれだ。何だか、今こうやって、僕たちが並んで花火を見ている状況に相応しいと思った
“不倫は道徳的に良くないよね” と言われるよりは、“ティッシュはお一人様一つでしょ” って言われるほうが、理屈じゃないけど笑えていいじゃないですか
誰のために小説を書くのかっていうと、一番は、自分のために書くわけじゃないですか。読者のために、というのも考えますけど、それを優先させると、ただの仕事になっちゃいそうですし、やっぱり僕は自分がわくわくすることを第一に考えちゃうんですよね
私は、人間の死についてさほど興味がない。若い大統領が時速11マイルのパレード用専用車の上で狙撃されようと、どこかの少年がルーベンスの絵の前で愛犬とともに凍死しようと、関心は無い
「世の中って理不尽ですよね」気が利いているようでいて、実のところ何も言い表していない、という台詞を私は言ってみる。こういう空虚な言葉が、間を埋めることはよくある。人間が好んで使う手法だ
既婚者の男がね、まずいな、って顔をしている時の大半は奥さんが関係してるんだって
「据え膳食わずにはいられない男の弱さ」とでも言い換えたほうがまだ、潔く感じる
もっと大変な人がいるから、なんて思ったら駄目だよ。そんなこと言ったら、どんな人だって、「海外で飢餓に苦しむ人に比べたら、まだまだ」なんてなっちゃうんだから
誰だってそうだ。みんな自分の命が、人生が心配で、一番大事に決まっている。どんな事故や事件が起きても、人が真っ先に思うのは「それって私に関係するかしら」だ。むしろ正しい生き方だよ
仕事を間違いなく遂行する、というのはプロの基本です。時にはいい加減なプロもいますが、それは仕事というよりは、趣味のようなものですよ
人間というのは前向きだ。かと思えば、めちゃくちゃ悲観的になるしな。ちょうどいい、ってのがないんだよ
まずは押してみるべきだ。...押せば石は動くかもしれない。もしくは、地面に食い込む山のようにびくともしないかもしれない。けれど、押してはみるべきだ
痛めつける相手の、性格やら体格だとかを考慮して、一番、効果がある痛めつけ方を考える。拷問なんて特にそうだな。俺くらいの熟練者になると、こいつらみたいに定型をなぞるんじゃなくて、そいつに合った、拷問をやるわけだ。人はそれぞれ弱点が違うからな
私は、今まで信頼して寄りかかっていた柱が実は柱ではなくただの弱々しいタンポポの茎であった、と知ったかのような不安に襲われた
99件中1-30件を表示
次のページ ▶
name 伊坂 幸太郎 birth_place 千葉県松戸市 death_date death_place occupation 小説家 period 2000年 - genre 推理小説 subject movement notable_works 死神の精度アヒルと鴨のコインロッカー awards 第57回日本推理作家協会賞第21回山本周五郎賞 debut_works オーデュボンの祈り 伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。宮城県仙台市在住。既婚。 千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。 2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。
ランダム
ビヨンセの名言5件 林修の名言26件 飯島英胤の名言4件 竹下登の名言4件 崔洋一の名言6件 アダム・スミスの名言29件 島田精一の名言4件 田中健一の名言9件 ジャック・ニクラウスの名言17件 塚原光男の名言4件 ローランド・ジーモン・シェーファーの名言1件 中条静夫の名言1件 ケタリングの名言2件 藤井輝明の名言2件 平尾昌晃の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info