名言info

アダム・スミスの名言29件

1人の金持ちが存在するためには、少なくとも500人の貧乏人がいなければならない。
最小の労力をもって最大の欲望を満たすことが、人間の経済行為の基礎原理である。
利己心に勝る鞭はない。
社会の利益を追求するより、自分の利益を追求する方が、社会の利益につながることが少なくない。
もともと荷物かつぎの人と哲学者とは、番犬と猟犬ほどにも違わない。両者の間に深淵を開いたのは「分業」である。
どんな種類の変更も改良も何も望まないほど完全に自分の境遇に満足しきっていることは、おそらくただの一例もないだろう。
あらゆるものの真価は、それを獲得するための苦労と困難である。
人間は仕事がないと、健康を損なうばかりでなく精神的にも頽廃する。
いやしくても大財産があれば、必ず大不幸がある。ひとりの富者があるためには、五百名の貧者がなくてはならない。
慈善は婦人の徳、寛大は男子の徳。
世の中のために働いていると言っている人間で、本当に世の中のために働いている人間を見たことはない。
貧しさの真の悲劇は、希望を持つことが出来ないことだ。
構成する人の非常に多くが、貧しく惨めであるような社会は、決して繁栄し、幸せであることは出来ない。
競合社会では、個の野心が公の利益。
群衆の一員でいることは、まったく気楽なことだ。
人間とは取り引きをする動物なり。犬は骨を交換せず。
科学は熱狂や迷信の毒に対する素晴らしい解毒剤である。
国富の原因たるものは労働一般である。
国富論
人の財貨のうち、自己の収入を支えうると考えられる部分は、彼の資本と呼ばれる。
国家論
科学は熱狂と狂言に対するすぐれた解毒剤である。
国富論
大道のそばでひなたぼっこをしている乞食の持っている安心感は、もろもろの王様の欲してえられないものである。
感情論
人間とは取引をする動物なり。犬は骨を交換せず。
国富論
利己心の発揮は見えざる手を通じて社会の利益を増大させる。
国富論
健康で、借金がなくて、しっかりした意識があるという幸福以外に、いったい何が必要だというのだ
国家を最下級の野蛮状態から最高度の富裕に達せしめるには、平和と軽い税金と、正義の寛大な執行の他に不可欠なものはほとんどない
労働の賃金は勤勉への奨励であって、勤勉とは他のすべての人間の資質のように、それが受ける奨励に比例して進歩するのである
我々が食事をできるのは、肉屋や酒屋やパン屋の主人が博愛心を発揮するからではなく、自分の利益を追求するからである。
社会の利益を増進しようと思い込んでいる場合よりも、自分自身の利益を追求する方が、はるかに有効に社会の利益を増進することがしばしばある。
最小の努力をもって最大の欲望を満たすことが人間の経済行為の基礎原理である。
地域 イギリスの経済学者 時代 color B0C4DE 名前 アダム・スミス 生年月日 1723年6月5日(洗礼日) 没年月日 1790年7月17日 学派 古典派経済学 研究分野 影響を受けた人物 影響を与えた人物 デヴィッド・リカード、カール・マルクス 特記すべき概念 『国富論』を著し労働価値説の基礎を築いた アダム・スミス(Adam Smith、1723年6月5日(洗礼日) - 1790年7月17日)は、スコットランド生まれのイギリス(グレートブリテン王国)の経済学者・哲学者である。主著は『国富論』(または『諸国民の富』とも。原題『諸国民の富の性質と原因の研究』”An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations”)。「経済学の父」と呼ばれる。 アダム・スミスは税関吏を父としてスコットランドの海沿いの町カコーディーに生まれたが、父は生まれる半年前に死亡した。生年月日は不詳であるが、1723年6月5日に洗礼を受けたことは明らかになっている。未亡人となった母は、亡夫と同じアダムという名前を一人息子につけ、生涯愛情を注いだ。スミスは4歳の時にスリに仕立て上げることを目的とした誘拐に遭うものの、誘拐犯からスリには向かないという烙印を押され、解放されてしまうほど内向的性格を持ち、吃りがあった。
ランダム
荘司雅彦の名言16件 藤井實の名言4件 ソクラテスの名言155件 前田勝之助の名言7件 大西賢の名言31件 武井保雄の名言5件 サルスティウスの名言4件 イギリスのことわざの名言15件 ソフィア・ローレンの名言9件 ウェイン・ダイアーの名言12件 上林暁の名言1件 滝沢修の名言1件 パスカル・バルボの名言1件 チャールズ・スウィンバーンの名言1件 高野鎮雄の名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info