名言info

ハワード・シュルツの名言73件

とにかくひとつだけでも障害を乗り越えろ。
偉大な企業には夢を描くリーダーと有能な経営者が必要だ。前者は売上を伸ばし、後者は利益を上げる
偉大なブランドは広告や販促に頼っていない。
最初は失敗への不安に駆り立てられたこともあった。しかし、一つ一つ挑戦しているうちに次第に物事を楽観的に見られるようになった。解決不可能と思われた障害を一つ乗り越えると、他の障害がそれほど苦にならなくなる。くじけることなく挑戦し続ければ、たいていの人は自分の夢よりも大きなことを達成できる。大きな夢を持つことが大事なのだ。
不運があきらめから生じる事は間違いないが、幸運はそれを目指した者がつかむのだ。
成功した起業家ほど、自己改革が必要な者はいない。
幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことに他ならない。他の人たちには見えない目をこらし、誰がなんと言おうと自分の夢を追い続けることなのである。
小売店やレストランでは、顧客がどのような体験をするかですべてが決まる。たった一度悪印象を与えただけで、永久にその顧客を失うことになるのだ。パートタイマーとして働く20歳の学生や俳優志願者の手に、会社の命運が託されているのであれば、彼らを消耗品のように扱ってよいはずがない。
私たちは毎日何かを、学ばなくてはいけない。
私たちは空腹を満たす仕事をしているのではない。魂を満たす仕事をしているのだ。
他の人が賢明だと思う以上に注意しろ。他の人が安全だと思う以上にリスクを冒せ。他の人が現実的だと思う以上に夢を見ろ。他の人が可能だと思う以上に期待しろ。
物事がうまく運び、周囲の称賛を浴びているときに、なぜ勝利の方程式を書き換えなければならないのか?答えは簡単だ。世の中は常に変化しているからである。顧客のニーズや好みは毎年変化し、競争も激化する。ビジネスでも人生でも、変化を免れるものは一つもない。現状に寄りかかっていると不幸な結果を招くことになるんだ。
他人が賢明だとおもう以上に、注意しろ。他人が安全だとおもう以上に、リスクを冒せ。他人が現実的だとおもう以上に、夢を見ろ。他人が可能だとおもう以上に、期待しろ
どんな企業でも、たくさんの人が成功に貢献しているにも関わらず、一握りの人がその恩恵を独占すれば、そこに生じるのは亀裂や妬み、嫉妬です
リーダーは外側にいてはいけない
人の気付かない所に気を配り、どんなリスクも恐れず、誰よりも大きな夢を抱き、不可能に挑戦する
不平不満のない幸福な状態の人間だけが価値を創造できる
他人が賢明だと思う以上に、注意しろ。 他人が安全だと思う以上に。リスクを冒せ。 他人が現実的だと思う以上に、夢を見ろ。 他人が可能だと思う以上に、期待しろ。
父は1988年1月に肺がんで亡くなったが、このときほど悲しかったことはない。父には貯金も年金もなかった。何よりも胸が痛んだのは、父が自分の仕事に生きがいも誇りも持てなかったことである。少年時代の私は、いつの日か自分が会社の経営者になろうとは夢にも思わなかった。しかし、何かできる立場になった時には、決して人々を見捨てるようなことはしないと固く心に誓っていた。
私がスターバックスで成し遂げた最も誇れることを一つ挙げるとすれば、会社で働いている人たちとの間に築いた信頼関係である。それは多くの企業に見られるような口先だけのスローガンではない。我々はパートタイマーを含む総合的な健康保険制度や、全社員を対象とするストックオプションなど画期的な制度を導入してきた。倉庫係も入社したばかりの小売店員も人間として敬意を持って待遇されているのだ。
自分が働いている会社が好きになり、会社の方針や目標に共感した社員は、会社の発展のために努力するようになる。社員が自尊心と誇りを持てば、さらに会社や家庭、社会に貢献するに違いない。経営者の立場にある者には、会社を支えるために毎日働いている人たちに対しる責任がある。それは事業を適切に推進するだけでなく、すべての社員を守るということなのだ。
夢想家には、他の人たちと違うところが一つある。夢を追う人は単調な日常生活とは全く異なる魅力的な世界を創造しようとする。私の個人的な体験からすれば、生い立ちが貧しければ貧しいほど想像力を働かせて、あらゆることが可能な世界を夢想するようになるのだと思う。私の場合は、確かにそうだった。
母自身は高校を卒業できなかったが、おおざっぱな頑固なやり方で私に自信を植え付けようとした。何かに成功した偉大な人物の例をいくつも挙げて、同じようにやればどんな目標も達成できることを強調し、自ら求めて困難に挑戦することを推奨した。おかげで私は苦境を克服する術を学ぶことができた。
解決不可能と思われた障害を一つ乗り越えると、他の障害がそれほど苦にならなくなる。くじけることなく挑戦し続ければ、たいていの人は自分の夢よりも大きなことを達成できる。大きな夢を持つことが大事なのだ。基礎をしっかり固めて、貪欲に知識を吸収し、従来の考え方を大胆に切り換える。これまで誰もやらなかったことに挑戦するのだ。
どんな経験も次の経験のための準備に他ならない。次の経験がどのようなものか予測できないだけなのだ。
スターバックスの創立者は、普通の経営者とは全く違っていた。大学で文学を専攻したジェリーは英語の教師をしたことがあり、ゴードンは作家だ。三人目の共同経営者ゼブ・シーゲルは歴史を教えていた。三人ともビジネス王国を築く野心など持たなかった。スターバックスを創立した理由はただ一つ。コーヒーや紅茶を愛し、シアトルの人々に最高のものを味わってもらいたかったのだ。
どんな企業も、第一に何を基盤にするかが問われる。スターバックスは単なる良質のコーヒーではなく、創立者が魅せられた深入りコーヒーの風味を基盤にしたおかげで、他のコーヒー店とは一味違う本物になれたのである。
人生はニアミスの連続だと言ってもいい。我々が幸運とみなしていることは実は単なる幸運ではないのだ。幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことに他ならない。他の人たちには見えないことに目を凝らし、誰が何と言おうと自分の夢を追い続けることなのである。
銀行から借金して資金を作るのは最善策ではない。銀行から借金する企業家が多いのは、そうすれば資金を自由に動かせると思っているからだ。株式を発行して資金を集めた場合、自分の思い通りの経営ができなくなる危険性がある。彼らはそのことを恐れているのだ。しかし、企業家として事業に対する支配権を確保する最善の方法は、たとえ自分の持ち株が50%以下になっても、実績を上げて株主を喜ばせることだ。将来の成長と改革の足かせとなる膨大な借金をするより、その方がはるかにリスクが小さいのである。
自分のアイデアを話しているうちに、いま何をなすべきかがわかってきた。いまが絶好のチャンスなのだ。このチャンスをつかまずに、現状に甘えてリスクを避け、いたずらに時を過ごしていたらチャンスは二度と戻ってこないだろう。このチャンスをつかまなかったら一生後悔することになると私は思った。結果がどうなろうとやらなければならない。
当時コーヒー豆販売だけだったスターバックスを退社し、上質の豆を使ったコーヒースタンドを開業しようと決意した時を振り返っての発言
73件中1-30件を表示
次のページ ▶
ハワード・シュルツ(Howard Schultz、1953年7月19日 - )は、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションの会長兼チーフ・グローバル・ストラテジスト(最高国際戦略責任者)。 1953年ニューヨーク・ブルックリン地区 ブルックリン生まれのユダヤ系アメリカ人。 シアトルのいちコーヒーショップに過ぎなかったスターバックスを、世界的な規模に成長させた中興の祖。 シアトル・スーパーソニックスのオーナーでもある。 アメリカ合衆国の実業家 しゆるつ はわあと Howard Schultz Howard Schultz
ランダム
杉田敏の名言18件 白取春彦の名言16件 ケムピスの名言11件 奥村政雄の名言6件 安蘭けいの名言5件 火浦俊彦の名言9件 出井伸之の名言99件 ダグラス・マロックの名言4件 フラーの名言31件 柴沼俊一の名言5件 アンリ・フレデリック・アミエルの名言1件 ボビーの名言2件 サント・ブ―ヴの名言1件 ハービー・山口の名言1件 益田ミリの名言2件
ランダム表示
日本人と世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
人生、仕事、恋愛、努力、勉強、スポーツ、アニメ、本、生きる意味...心に残る・響く有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info