名言info

弘兼憲史の名言89件

面白いことは、あちこちに転がっている。努力してそれを探すと、人生はもっとおもしろくなる。仕事についても似たようなことが言える。
結局、物を生み出そうと思えば、おたくになるしかない。みんな、おたくから生み出されていると思うんです。
まず走り出せ。問題は走りながら解決しろ
自分に勝つというたった一つの目標は、まず自分の弱さを認めるところから始まるはずだ。この作業が終わらない限り、いまの自分を乗り越えることはできない
あらゆる人間関係はその時その時を大切にすればいい。毎日顔を合わせている人間であっても、そういう気持ちさえ失わなければいいのだ
僕は人に仲よくしてあげる。でも人から仲よくしてもらわなくてもいっこうにかまわない。そういう生き方が好きだ
ぼくは、不愉快な印象を持った相手ほど気にかける。なぜ不愉快になったのか。相手のどんな言葉や行動が気に障ったのか。同じことを自分もしていないかと考えてみる
自分のなかのこだわりをなくしていくと、人を愛せるようになる。男でも女でも、子供でも老人でも、とにかく大勢の人を愛せるようになってくる。人を愛するということは、その人のなかの好きな部分に目がいくことだ
愛するということは、好きな部分に目がいくこと
ゲームだと思えば人生はもっと楽しめる
努力がなければ、どんな道も開けない。
負けたら次に勝てばいい。また負けたらその次に勝てばいい。どこまでいっても同じことで、最後に勝てばいいのだ。
余力を残すな。
当たって砕けても得るものはある。
本来、失敗で失ってしまうものなんて何もないのだ。
余裕のなさが人の器を小さくする。
世の中には杭となる人間より打つ人間のほうが圧倒的に多い。そういう大多数を気にかけてもしょうがない。
自分に勝つことだけを目標とする人間が、他人を感動させるのだ。
キミの人生の主役は、間違いなくキミ自身だ。
言うべきことがあるなら、キミ自身の言葉で語る。右へ倣えの発言など要らない。自分の言葉で語れないなら、あえて発言する必要はない。
自分への厳しさを失ったとき、人は人生の勝負に負ける。
いまの自分にできることから始めればいい。
目の前の闘いにこだわり過ぎると人生を楽しめない。
人生は自分で動かすものだ。これから死ぬまで、誰かに指図される人生で、君は幸せか?
人生の勝負は、自分というたった一人の相手に勝てばいい。
「オレはこうだから」と固い信念を持って生きていても、そのこだわりが間違っていたら一生、間違ってしまう。だから、いいとこ取りが出来る柔軟さが大事。
どんなことに直面しても現実をありのままに受け入れること。それがストレスをためない生き方。
まず走り出せ!問題は走りながら解決しろ!
いやな仕事で偉くなるより、好きな仕事で犬のように働きたい。
自分の鉱脈を見つけるには、違うメディアから学んだ方がいいと思います。
89件中1-30件を表示
次のページ ▶
弘兼 憲史(ひろかね けんし、1947年(昭和22年)9月9日 - )は。山口県岩国市出身の漫画家。早稲田大学法学部卒業で専攻は青年漫画。妻は、元アシスタントで漫画家の柴門ふみ。口髭を生やした風貌が特徴的。随想も数多く書いている。 現代社会に生きる様々な大人達の生活や葛藤をテーマとしたマンガを描く。代表作の『島耕作』シリーズは団塊の世代への熱烈な応援歌とのスタンスで描いているとされている。作品では頻繁にベッドシーンが描かれる。コンセプトは「美しく、色っぽく、尚且つ汚くならずに上品に描く」。 選考委員を務めた2001年の第25回講談社漫画賞では、少年部門受賞作『ラブひな』を「実に面白く、素晴らしい。非常に優れた漫画である」と激賞した。この他にも選考委員長として、1989年に青木雄二の『50億円の契約手形』をアフタヌーン四季賞に選考するなどした。後述でもあるが、松下に就職していたというサラリーマンとしての経歴があり、課長島耕作を描く際のベースになっている。社会経験がある漫画家は当時はまだ少なく、その先駆けとなった人物でもあった。弘兼が社会経験を重ね、苦節の末に中年で漫画家としてデビューした青木雄二を選考したのは、決して偶然ではないであろう。
ランダム
立川談志の名言7件 長島徹の名言37件 増田紀彦の名言9件 榎本博明の名言35件 熊谷正寿の名言73件 堺屋太一の名言62件 野路國夫の名言12件 有馬利男の名言20件 ガイウス・ユリウス・カエサルの名言7件 加瀬豊の名言20件 山田耕筰の名言1件 ジョン・ウェブスターの名言2件 横山謙三の名言1件 スペン・グロエネフェルトの名言1件 The New Classicsの名言1件
ランダム表示
世界の偉人・有名人の名言集・格言集まとめサイト!
仕事、恋愛、努力、スポーツ、アニメ等の心に残る有名なひとこと、英語名言、語録多数収録!
名言info