アメリカ

その他スポーツ選手

ジャスティン・バーランダー 名言・格言 | 飛ぶボールを使わない方が、試合はよりよい製品になる。

意味 アメリカ合衆国出身のプロ野球選手。 数々の栄光をおさめてきた同氏だが、2019年のオールスターの会見で「飛ぶボールが使われている」と批判。 その年のオフ、大リーグ機構は調査を行い、飛ぶボールだったと認めたが、意図的ではなかったとした。 「陰謀論者扱いで、当時誰も自分の言うことを信じてくれなかった」と振り返るバーランダーは、今季シーズン序盤に使われていたボールを支持。 理由はより多彩な面白い野球をファンに提供できるからだ。 続けてこう述べています。
スポーツ選手

モハメド・アリ 名言 格言集|猪木と死闘を演じた伝説のボクサーが残した心に響く熱くなる名言

元WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオン。 長いボクシング業界においても、名実ともにトップクラス。 アフリカ系アメリカ人ということもあり、人種差別との闘い、反戦・平和、パーキンソン病、または日本に限って言えばアントニオ猪木さんとも戦われた事で話題になりました。 そんな伝説級のボクサー「モハメド・アリ」さんの、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
アウトロー・ギャング・マフィア

世界最強・凶悪なマフィアと呼ばれる人物たちが残した名言・格言集|心に響く言葉・セリフ・語録一覧

イタリアのシチリア島を起源とする組織犯罪集団「マフィア」と呼ばれる人物たちはかつて世界中で勢力を拡大した。 金銭を稼ぐ目的という意味では、様々な犯罪も厭わず、時には極悪な犯罪にも手を染める。 一方で、「ファミリー」という言葉を使うほど組織は義理堅く、結束力が非常に高い昔気質で古き良き人間味あふれる一面も持ち合わせている。 当ページでは、歴史上に存在した有名で伝説的な「マフィア」と呼ばれた人物の心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
スポーツ選手

MLB メジャーリーガーが残した名言・格言集|心に響く言葉・セリフ・語録一覧

1903年に創立したアメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポーツリーグの1つ。 日本では「メジャーリーグ」「大リーグ」と呼ばれ、現在では多くの日本人メジャーリーガーも誕生しています。 当ページでは、現役選手から既に引退された伝説的な選手まで、メジャーリーガーの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
スポーツ選手

トミー・ラソーダ 名言 格言集|ドジャー・ブルーの血が流れている名将が残した心に響く奥深い言葉一覧

野茂英雄氏がロサンゼルス・ドジャースに入団した時の監督で、1997年に米野球殿堂入りを果たしたトミー・ラソーダさん。 ドジャース一筋21年の監督生活で通算1599勝1439敗、地区優勝8回、リーグ優勝4回の実績を残した「トミー・ラソーダ」さんの、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
ウィリー・メイズ

ウィリー・メイズ 名言 格言集|MLB史上最高のコンプリート・プレーヤーが残した心に響く奥深い言葉一覧

MLB通算3283安打660本塁打338盗塁、首位打者1回本塁打王4回盗塁王4回MVP2回など数々の栄光をおさめてきた名選手。 メジャーリーグ史上最高の「コンプリート・プレーヤー」と称され、史上最高の中堅手と評価される「ウィリー・メイズ」さんの、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
その他スポーツ選手

バック・ショーウォルター 名言・格言 | (満塁時に敬遠を指示した事に対し)空いているベースは常にある。その夜はホームが空いていた。

意味 MLBを代表する名将「バック・ショーウォルター」の残した名言の一つ。 1998年5月28日SF・ジャイアンツ対AZ・ダイヤモンドバックスの一戦で、ダイヤモンドバックスが8対5でリードして迎えた9回裏に“事件”が起きた。 ジャイアンツは1アウト後、3つの四球などで1点を返し、2死ながら満塁のチャンスを作り出した。 続く打席には、後にシーズン歴代最多73本塁打を放つことになるバリー・ボンズ。 しかし、ダイヤモンドバックスはここで敬遠を選択。 野球を知っている人であればこれが異常な事だと分かると思うが、この衝撃的な場面にテレビ実況者も「信じられない!」と興奮混じりの声もあった。 当時の監督であるバック・ショーウォルターはこの采配について「空いているベースは常にある。その夜はホームが空いていた」と振り返っている。
マニー・マチャド

マニー・マチャド 名言・格言 | 個人の問題じゃないんだぞ。やるべきことは野球をプレーする事だ。

MLBのサンディエゴ・パドレス所属攻守ともに優れた世代を代表する強打者「マニー・マチャド」の残した名言の一つ。 この日は、パドレスのダルビッシュ有投手が7回無失点の好投を続ける裏で、チームの2大スター内野手、フェルナンド・タティスとマニー・マチャドが激しく口論する騒動があった。 5回の攻撃時、タティスが見逃し三振となり、ストライクの判定に明らかに不満な態度を見せた。 ティングラー監督がタティスをかばうため抗議、すると監督がたちまち退場処分となった。 タティスがベンチに戻ると、マチャドが怒りをあらわにし、激しく口論。 ワイルドカード獲得のため、負けられない試合で、タティスが退場になるのは避けなくてはいけないという想いから、マチャドは激しくゲキを飛ばしているものと思われます。
バリー・ボンズ

バリー・ボンズ 名言・格言 | この記録は全く汚れていない。全く。以上。

バリー・ボンズ 名言・格言 「この記録は全く汚れていない。全く。以上。」 –通産756本目の本塁打を記録した際 MLB歴代1位記録となる通算762本塁打のレコードをもつ「バリー・ボンズ」の残した名言の一つ。 当時から薬物使用を疑われていたボンズですが、ついには史上最多となる、通産756本目の本塁打を記録した時にこう言いました。 なお、「TIME誌の選ぶ 2007年の名言10」に選出された言葉の一つです。
デレク・ジーター

デレク・ジーター 名言・格言 | (松井氏らが)最優先にしていることが何かを心配する必要がなかった。それは『勝利』だ。

デレク・ジーター 名言・格言 | (松井氏らが)最優先にしていることが何かを心配する必要がなかった。それは『勝利』だ。 MLBの超名門ニューヨークヤンキースの第11代主将「デレク・ジーター」さんの残した名言の一つ。 2021年8日(日本時間9日)に行われた米国殿堂入り式典で語った言葉。 そこでは監督などへの感謝とともに、同僚たちに言及。
タイトルとURLをコピーしました