アーティスト

アンディ・ウォーホル

アンディ・ウォーホル 名言 格言集| ポップアートの巨匠が残した心に響く言葉一覧

カラフルなマリリン・モンローやキャンベルのスープ缶、ドル紙幣をモチーフにした作品を手掛けたポップアートの巨匠アンディ・ウォーホル。 他にもロックバンドのプロデュースや映画制作などをマルチに活躍した芸術家。 バスキアとも親交がありお互い刺激し合う関係性だった。 そんなポップアートの旗手であるアンディ・ウォーホルの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
アーティスト

キース・へリング 名言 格言集| ストリートアートのパイオニアが残した心に響く言葉一覧

キース・へリングはバスキアやアンディ・ウォホールと共に80年代を代表するアーティスト。 1980年にニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くというサブウェイ・ドローイングと呼ばれるグラフィティアートを始め、通勤客の間で話題になりました。 その後、国際的にも高く評価され、展覧会やアニメーション・舞台デザインやショップなど多岐に渡って活躍します。 1990年に31歳という若さでAIDSにより亡くなってしまいますが、亡くなる直前までアートを通してHIV・エイズ予防啓発運動に積極的に取り組んでいました。 彼のデザインはその後もUNIQLOやラコステなど多くのブランドとコラボレーションし現代にも多くのファンを生んでいます。 そんなストリートアートのパイオニアであるキース・へリングの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
アーティスト

リッキー・パウエル 名言 格言集| 4人目のビースティ・ボーイズと呼ばれた男の心に響く言葉一覧

ヒップホップ、パンクロック、グラフィティ、ポップアートなどのストリートカルチャーを撮り続けたアメリカの写真家。 アメリカのヒップホップグループBeastieBoysと一緒にツアーを行い、その際彼らを撮影した写真が高く評価され、4人目のビースティ・ボーイズと呼ばれるようになった。 またRUN-DMC、アンディ・ウォーホル、バスキア、マドンナなど様々な人物を被写体に作品を発表しニューヨークのストリートを中心に人気を集めた。 2021年2月1日に59歳という若さで心不全の為この世を去った。 そんなストリートカルチャーを撮り続け、4人目のビースティ・ボーイズと呼ばれた彼の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
アーティスト

バスキア 名言 格言集| 20世紀最高の画家が残した心に響く言葉一覧

本名ジャン=ミシェル・バスキア。 グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られているアメリカ・ブルックリン出身の画家。 17歳の頃から地下鉄、スラム街地区の壁などにグラフィティアートを描き始め、その後彼の描いたユニークな絵は徐々に評価されニューヨークで個展が開かれるまでになった。 1988年8月12日にオーバードーズにより27才という若さでこの世を去る。 世界各国にバスキアファンが多く、彼が描いた絵画は高額で売買されており、元ZOZOTOWN社長の前澤友作氏も123億円でバスキアの絵画を購入し話題となった。 その後日本でも2019年バスキア展が開催された。 そんな若くしてこのを世去った20世紀における最も重要なアメリカ人アーティスト、バスキアの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
アンディ・ウォーホル

アンディ・ウォーホル 名言・格言| それはあまりたいした問題じゃない。私はいつもこの「それはたいした問題じゃない」という哲学を持ってきた。

アンディ・ウォーホル 名言・格言 「 それはあまりたいした問題じゃない。私はいつもこの「それはたいした問題じゃない」という哲学を持ってきた。」 –アンディ・ウォーホル(画家・版画家・芸術家) 英文 That's not a big deal. I have always brought this philosophy of "it's not a big deal". 意味 カラフルな マリリン・モンローやキャンベルのスープ缶など一度は目にした事のあるイラストを手掛けたポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルの名言。 人は何かに囚われすぎたり、大きな問題・悩みを抱えているように感じるが実際には自分が思うほど問題はたいしたことはなく、解決策は簡単にあったりやってみたら意外と問題なくいったりするもの。 問題や悩みの解決方法は悩みすぎない・考えすぎないという事。
タイトルとURLをコピーしました