戦国武将

名言

織田信長 名言・格言 | いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である。

織田信長 名言・格言 「いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である。」 –戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。三英傑の一人。 世間から見たら、一風変わった人と思われる人が成功者となる。 織田信長自身も「うつけもの」「異端者」と呼ばれ続けた経緯がある。
上杉謙信

上杉謙信 名言・格言 | 四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒

上杉謙信 名言・格言 「四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒」 –戦国時代の越後国の大名.山内上杉家16代当主 意味 49年の生涯の終わりに残した辞世の句と伝わります。 自分の人生をふり返ってみれば、一時の夢を見ているようなものであった。栄耀栄華を極めたといっても、酒を飲んでいる間の戯れのようなもの。
タイトルとURLをコピーしました