上杉謙信 名言・格言 | 四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒

上杉謙信

参照 amazon | 歴史秘話ヒストリア 戦国武将編 上杉謙信 謙信、変身! 悩める若者ヒーローになる




上杉謙信 名言・格言

「四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒」

–戦国時代の越後国の大名.山内上杉家16代当主

 

意味

49年の生涯の終わりに残した辞世の句と伝わります。

自分の人生をふり返ってみれば、一時の夢を見ているようなものであった。栄耀栄華を極めたといっても、酒を飲んでいる間の戯れのようなもの。

 

例文

わしらも老いたねぇ。

もうやり残す事はないかねぇ。

四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒

あんた何言ってるんだい。

 

類語

人生は死ぬまでの暇つぶし
–みうらじゅん

 

関連記事

※準備中

コメント

タイトルとURLをコピーしました